プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:旅先の駐車場
 車で旅をしていて一番困るのが駐車場の確保。
 旅先で駐車場が見つからず時間がかかったりした経験がありませんか?
 旅の計画段階でも駐車場探しが悩みの種。
 こればっかりは現地に行ってみないとわかりません。

 そんなわけで私が訪れた旅先の駐車場を紹介します。


 第66弾  梅小路蒸気機関車館

 梅小路の駐車場です。
P1100246_20130106200056.jpg

 が・・・

 悲しいお知らせです。

 以前、訪れていたときに駐車した梅小路公園駐車場。
P1100245_20130106200056.jpg

 現在はおもいやり駐車場と名前を変えています。

 で、障害者や高齢者専用の駐車場に変更してしまいました。

 ので、普通の観光客は駐車する事ができません。

 まあ、今は一日700円ですが、当時は3時間で千円以上取られてましたから実用的ではありませんでしたね。

 とはいえ、周辺に大きな駐車場がないみたいですね。
P1100274_20130106200057.jpg

 京都の旅を自家用車で行くにはますます難しくなってきました。
P1100459_20130106200057.jpg

 てか、京都水族館もすぐ側にあるんですね。
P1100258_20130106200056.jpg

 パーク&ライドが一番実用的ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 旅先の駐車場 - ジャンル : 旅行

タグ : 梅小路蒸気機関車館 駐車場

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:京都・梅小路SL館の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 静かにたたずむC62。
P1100398.jpg

 戦後の復興を陰で支え多くの人を運んだ日本最大の旅客用蒸気機関車。
P1100397.jpg

 ほんの一時でしたが、まさかC62の牽引している列車に乗れるとは思っていませんでしたのですごく感動しました。
P1100411.jpg

 まあ、営業運転だった山口号のC57に比べ、敷地内の展示運転と言うことで迫力は今一つでしたが・・・
P1100425.jpg

 来年か再来年、山口号C57とC56の重連運転をぜひ見に行きたいですね。
P1100402.jpg

 そして乗ってみたい!
P1100409.jpg



本編はこちらです »

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 梅小路蒸気機関車館

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:京都・梅小路SL館の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 史跡巡り!
P1100368.jpg

 そう、梅小路蒸気機関車館の扇形車庫、回転台や引き込み線は国の重要文化財なのです!
P1100372.jpg

 そしてその車庫の中には大正から昭和。
P1100377.jpg

 激動の20世紀、日本を駆け抜けた蒸気機関車達が静かに眠っています。
P1100373.jpg

 とは言っても保存車両18両中7両は動態保存。
P1100381.jpg

 さらに5両は車籍が現在もあるそうで、法律上は鉄道本線を走行することが出来ます。
P1100380.jpg

 とはいっても法令点検(車で言うところの車検)をほとんどの車両が受けていないので、実際に本線走行できるのは山口号のC57とSL北びわこ号のC56くらいではないでしょうか。
P1100386.jpg

 運良く、B2010が転車台の上で回る姿を見ることが出来ました。
P1100388.jpg

 さて、ぼちぼちスチーム号発車間近です。
P1100391.jpg

 C62の方へ向かいましょう。
P1100392.jpg



本編はこちらです »

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 梅小路蒸気機関車館

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:京都・梅小路SL館の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 タイトルにはあまりに長い、梅小路蒸気機関車館。
P1100260.jpg

 そんなわけでタイトルでは梅小路SL館と省略させて頂いております。
P1100278.jpg

 戦時中、285両が生産された最強馬力を誇る貨物用SL、D52。
P1100271.jpg

 終戦を迎え、物資輸送から旅客輸送へと需要が変化する中、動輪4軸からC59と同等の同軸直径を保つ4軸に改造されたのがC62です。
P1100291_1.jpg

 そして、この梅小路にあるC62はツバメのマークの入った2号機、スワローエンゼル。
P1100294.jpg

 本日、乗車予定のスチーム号。
P1100286.jpg

 発車時間は3時半という事でまだ1時間あります。
P1100292.jpg

 のんびり展示車両を見ていきましょう・・・
P1100293.jpg



本編はこちらです »

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 梅小路蒸気機関車館

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:京都・梅小路SL館の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 京都霊山護国神社。
P1100226.jpg

 ここは幕末、新時代誕生に尽くした1356名の志士を祀っている史跡「旧霊山官修墳墓」です。
P1100155.jpg

 坂本龍馬と中岡慎太郎。
P1100180.jpg

 桂小五郎と幾松。
P1100197.jpg

P1100199.jpg

 天誅組総裁、吉村寅太郎。
P1100172.jpg

 高木晋作。
P1100190.jpg

 池田屋事変や禁門の変の犠牲者達。
P1100192.jpg

 ここに訪れたことがきっかけでこの年の6月、萩・下関の旅が実現しました。
P1100150.jpg

 高杉晋作のお墓がある下関の東行庵や萩の松蔭神社など・・・。
P1100156.jpg

 それはまた別のお話で。
P1100157.jpg

 てなわけで時間は1時半。
P1100174.jpg

 本日のメインの訪問先!
P1100219.jpg

 梅小路蒸気機関車館へ向かいましょう!

本編はこちらです »

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 梅小路蒸気機関車館

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ