プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 昨日、会社が休みでらーめんを食べに行ったり(レポは後日)午後から先輩が遊びに来たり。

 まったり過ごして、本日出勤したときの事。

 上司や同僚達に、

「CM見たか?」

「造るのか?」

「もちろん造るよな?」

っと矢継ぎ早に質問攻撃。

 何のことかと思えば、あの増刊号は5百幾らでいつもCMしているデアゴスティーニのことを言っているよう。

 普段からテレビはあまり見ない私としては、何のことだかわからなかったのですが、今度は安土城をやるとのこと。

 ふ~んと軽くながしたのですが、まったく興味の無いはずの連中が興奮気味に話す様を見て、ちょっと興味が湧いて会社のPCでサクッと検索。

 ささっと概要をチェックw

 ってこれ、安土城郭資料館にあった1/20スケールの模型じゃないの?
P1290186.jpg

 そういえば中央の吹き抜けがない。
P1290190.jpg

 これ、まさか造れるの?
P1290189.jpg

 マヂで??

 てなわけで家に帰ってから速攻でバックナンバーである創刊号と第2号からの定期購読の申し込みをしてしまいました。

 全部で110回。

 二年以上になるのかな?

 1490円という事なので合計は16万円からなりますね^^;

 さすがに躊躇したのですが、ただの模型とは違うようです。

 この安土が実際に本物かどうかはどうでもいいことです。

 これも一案と言うことで私は割り切れますので。

 それよりも発掘調査の結果、時代考察、当時の建築技術などを考慮した上で復元した設計図を元に模型化されたこの安土城。
P1290275.jpg

 そのまま実物大の復元をすることも可能な設計になっているとのことです。
P1290394.jpg

 つまりですよ、

 よく資料館で見る木で組まれたひな形、あれを自分で造るのと同じような物という訳ですよ。
P1290440.jpg

 安土桃山時代の古建築、日本建築、そして天守閣でも初期中の初期に分類されるであろう望楼型の安土城の再現となれば・・・
P1290078.jpg

 これほど、建物に関する知識を身につけるのにもってこいな物もないであろうと。
P1290080.jpg

 多分、これを完成させた後現存天守閣、たとえば犬山城や松江城に行けば前回行ったのとは絶対違う視点で見ることができるでしょう。
P1290099.jpg

 これまた去年行った松本城も元は望楼型を層塔型に改造したのが今の天守ですが、至る所に望楼型の名残があるそうです。

 実際に行ってみてもさっぱりわからなかったのですが、ひょっとしたらそういった理解も深くなるかもしれませんし。

 時代も建物も違うとはいえ、唐招提寺金堂の再建ドキュメントを見ても、多分見方が変わってくるでしょう。

 つまり、私がこの模型に心惹かれたのはそういう部分な訳です。

 永徳を中心とする狩野派の壁画や天井絵、襖絵やきらびやかな最上階の再現も魅力的ですが、私とすれば屋根や各階層の骨組みやら、そういった見えにくい、見えない部分にすごく興味があります。

 建築に関してはまったく縁のない、知識のない、ただ文化財や古建築には少しずつ興味も持ち始めている今の私にとっては、これほどわかりやすい教材はありません。

 習うより慣れろ。

 専門書を読みあさるより実際に自分で造ってみよう。

 そんな感じです。

 もう一つ、魅力的なことがあります。

 それは多くの人が不満に思っていること。

 週刊にして毎週少しずつパーツを販売して焦らすやり方です。

 私にとってはこれは大いに助かります。

 なぜ?

 いや、ブログを連載するのにこれほど便利なことはないですからw

 最近、たびたび旅でマンネリ化している我がブログ。

 変化を付けるためにご当地グルメを始めたわけですが、もう一つアクセントを付けようと思います。

 ですのでやりますよ。

 安土城、つくります!

 そしてその模様を連載します。

 週に一回のペースで連載します。

 とはいえ、発売週にリアルタイムの更新は不可能です。

 なぜなら公式で定期購読を申し込んでしまったから。

 ここは奇数号発売週に二冊まとめて送ってくるとのことで、どうやっても一週間遅れの連載となってしまいます。

 のでこの辺はご勘弁を。

 後、創刊号は本屋で買わずに同じく公式でバックナンバーとして注文してしまったのでこれもまた、一週間以上の納期のようなので第一回のスタートも遅れてしまいます;;

 あと、専用色もあるため、公式から塗料セットを注文したのですがこれも納期が2週間とのことですしね。

 おそらく連載スタートはちょっと先になると思います。

 とはいえ、第2号の発売が10日。

 奇数週に二冊まとめてくると言うことはその2号が届くのは17日に3号と共にということになるわけで、始めるのは本当に先になりそうです。

 こんな感じですが、なにせ週刊で110回の予定ですので気長にのんびりやっていきます。

 そして何より私は不器用です。

 とても美しい安土城が完成するとは思えません。

 あくまでも習作としての古建築ひな形の制作ということで、完成度は言わないでやってください^^;

 生ぬる~い目で見守ってもらえれば幸いです。

 てなわけで創刊号をお楽しみに!



 ちなみに写真は去年のGW、上洛の旅で安土を訪れたときの写真で上から安土城郭資料館、安土城址、そして信長の館です。
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 いよいよスタートしました安土城をつくる。

 創刊号と言うことで増量バージョンにてお送りします~。

 さて、先日宅急便にて創刊号が到着。
P1520767.jpg

 中身を見てみると・・・
P1520769.jpg

 パーツ点数多いし結構本格的ですね^^;
P1520076.jpg

 増刊号付録のDVDを見てみると模型の紹介や序盤の組み立ての様子なんかの動画を見ることができます。
P1520079.jpg

 写真入りの組み立て案内を見ながら造れば誰にでも簡単に造れるとのことですが^^;

 とりあえず道具を揃えていかないと。

 まずは私の部屋はけっこう暗い上に蛍光灯を背にするような位置で作業することになるので明るさの確保。

 そして両眼2.0を誇っていた野生児の私も、最近急激に視力が低下してきた上に細かい作業が沢山ある今回の模型、てなわけで二つのアイテムをAmazonにてゲッツ。

 これです。
P1520118.jpg

 卓上ルーペ。
P1520120.jpg

 そして電気スタンド。
P1520124.jpg

 作業はこんな感じかな?
P1520127.jpg

 さらにデアゴスティーニセレクトへ注文していた安土城をつくるためのスターターキットもやってきました。
P1520134.jpg

 こちら11点セットの塗料類の中身。
P1520135.jpg

 てなわけで我が家にあった物、無くてホームセンターで買ってきた物、通販でゲットした物等など、今回の模型で前半使うであろう道具を全部並べてみました。
P1520763.jpg

 あの・・・すごい大事になってきているんですけど^^;

 ついでに段ボールハウス・・・ではなく自家製簡易塗装ブースも完成。
P1520766.jpg

 さあ、いよいよ作業開始です!

本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 安土城をつくる第2号、間が空いてしまいましたが届きましたのでさっそく始めたいと思います。

 まずは前回のおさらいです。

 前回、創刊号では天主六階の屋根をつくるということで小屋組と破風を製作しました。
P1520782.jpg

 そして今回は6階の屋根周り、野地板と化粧垂木を組むと言うことで始まり始まり~
P1520806.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 安土城をつくる第3号です。

 2号では野地板と化粧垂木を組むと言うことでしたが、半分まででした。
P1520834.jpg

 本日は残り半分。

 てか屋根を完成させるそうです。

 瓦葺きはしないみたいですが・・・

 それでは6階の野地板と化粧垂木を組む2、スタートです!
P1520807.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 毎度、まいどの安土城をつくる第4号です。

 前回は6階の野地板と化粧垂木を組む2と言うことでとりあえず6階屋根が完成しました。
P1520854.jpg

 そして今回は6階フロアー、いよいよ金色と壁画で飾れた最上階の間を製作開始。

 てなわけで六階床板と壁をつくる、スタートです!
P1520856.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
旅日記の小休止、毎週日曜日恒例となり始めた安土城をつくる第5号です。

 前回は六階床板と壁をつくる、組み立てている途中はキチンとまっすぐだったコーナーがだんだんずれていき、壁になる頃には大きくずれていました^^;
P1520885.jpg

 これが後に響いていくことに、私はまだ知らない・・・^^;

 てなわけで六階天井と壁をつくる、スタートです!
P1520855.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 安土城をつくる6号です。

 前回は六階の床と壁を完成させました。
P1520907.jpg

 しかし床板にねじれが生じてしまったために壁全体にひずみが発生し、屋根を乗せてもぐらつくような状態になってしまいました^^;

 まあ、姫路城も完成したときには傾いていましたし、その傾きは昭和の解体修理で直されたわけですし、解体組み立てが出来るところが木造建築のいいところいうことで。

 ・・・完成前に解体修理ってどうなん?

 てなわけで一階南側の柱を立てる、始まり始まり~。
P1520909.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 月末の年度末、こんな事をしている場合かというツッコミはおいといて・・・

 安土城をつくる第7号です。

 前回は6階の製作を終了し、いよいよ1階の組み立ての開始でした。
P1520931.jpg

 ちなみに6階は解体修理を行いズレを修正して、現在はクリアケース(180mmx180mmx188mmのサイズ)を通販で購入してその中に入れて飾っています。
P1530023.jpg

 今後、一階から順番に作っていくので、これから2年間6階はさわることがありませんので。

 さあ、それでは一階の心柱を立てる、スタートです。
P1520950.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 前回は年度末といいつつ、書いていたのは一週間前だったりしますが、今回は正真正銘年度末、明日は恐怖の棚卸しです・・・

 そんな中、安土城をつくる第8号です。

 前回は心柱を立てると言うことでしたが、その他にもたくさんの柱を立ててずいぶん賑やかになってきました。
P1520986.jpg

 しかし、ここからどのようになっていくんでしょうね。

 それでは今回、一階の窓をつくる1ということでスタート!
P1520988.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 だんだんとそれらしく形になってきた一階南。

 ちょっとやる気もわいてきましたw

 てなわけで安土城をつくる第9号です。

 前回は一階窓を作ると言うことで細かいパーツを何度も破壊しながら何とか完成させました。
P1530019.jpg

 柱も一杯立ってきましたね。

 それでは一階の窓をつくる2、スタート!
P1530024.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ