プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
 こんばんは。

 毎度の如く、現地更新です。

 現在、私は新宮にある中華料理屋にいます。

 お目当てのお店が祭りか何かでお休みだったので、急遽ホテルで聞いて訪れました。

 事前に調べた段階でも評判よかったので。

 ちなみに今日は予定通り、熊野古道を歩きました。
1009180604_DSC_9667.jpg

 本当は往復歩く予定だったのですが、怪我のため、半分の片道だけ歩く事にしました。
1009180610_DSC_9695.jpg

 最初は痛みで足を引きずりながらでしたが、ショック療法が効いたのでしょうか?
1009180857_DSC_0138.jpg

 直ぐに痛みからしびれに変わり、途中から何も感じなくなりましたw

 怪我で遅めのペースを想定していたのですが、実際にはいつもと変わらぬペースで進める事ができました。
1009180911_DSC_0165.jpg

 あまった時間は湯の峰温泉へ。

 待ち時間、三十分とのことでなぜか世界遺産にも登録されている貸しきりのつぼ湯に入ってきました。
1009180748_DSC_9887.jpg

 さすがに気温三十度を越えてるなかでの温泉はすっかりのぼせてしまいましたが、しっかり歩いて汗だくになったあとだけに、気持よかったです。

 結局 熊野市にる鬼ケ城で汗だくになってしまったので一緒なんですけどね。

 さて、ホテルに戻ってきました。

 中華料理屋なのになぜか晩酌セットなるものがあったので思わず注文してしまいました。

 衝撃の中身については後日旅日記で紹介させてもらうとして、ビールです。

 GW以来となるアルコールだったのでフラフラになってしまいました。

 中ジョッキ一杯だったんですけどね。

 今日は早く寝ます。

 と言いたい所なんですが、PCへの写真の転送、二時間で半分終わってないんですが・・・

 私はいつ眠れるんでしょうか?

 なんにしても明日は那智です!

 那智勝浦です!

 明日も気合いを入れて行きましょう!
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
 お疲れ様です。

 旅も二日目終了です。

 現在、私はめはりずしの有名店にいます。

 昨日は朝昼とめはりずしだったので今日に変更です。

 一個ずつ、注文を聞いてから握っているので時間がかかりそうです。

 さて本日は予定通り那智勝浦へ行ってきました。

 朝一に大門坂からスタートしたのですが、予定より早く上まで上がってしまい、時間を持て余してしまいませた。
1009190831_DSC_1146.jpg

 おかげでゆっくりする事ができ、なかでも那智の滝は素晴らしく、文句のつけようも無し。
1009190947_DSC_1375.jpg

 足の調子もよく、帰りはバスの予定を結局往復歩いてしまいました。
1009190856_DSC_1225.jpg

 11時に離脱。

 その後は勝浦へと移動です。

 予定が狂うとしたらここだと思っていたのですがほぼ予定通り。

 無事美味しいマグロ料理を食べる事ができたのですが、遊覧船が昼休憩で一時間の空きができてしまいました。

 ここでなんと足湯を発見。

 湯もぬるく浜風も気持ちよく、本当にゆっくりとした時間を過ごす事が出来ました。

 足の怪我の件ではご心配かけました。

 そして見苦しい写真をすいません。
1009191200_DSC_1566.jpg

 カットバンはホテルに置いてきたので張りっぱなしですが、血も完全に止まりましたし、歩くにはまったく問題なくなりました。

 しかし、しっかり歩いて汗だくになり体力のいる旅になっていますが、その割には今までにないくらいのんびり
旅になっています。

 旅日記には大変ですが、本来旅とはこんなものですし、できればこんな旅がいいですねぇ。

で、本日のびっくりどっきりメカ!

 ではなく、衝撃の事実。

 クジラって空飛ぶんだ・・・
1009191417_DSC_1975.jpg

 明日は現地からの更新になります。

 それではおやすみなさい~。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
 お疲れ様です。

 ただいま阪和道の渋滞まっただ中です。

 さっぱり動きません^^;

 本日は熊野古道の旅、最終日です。

 宿泊先の新宮から海岸線を串本、白浜と抜けていきました。

 最初に訪れたのは串本海中公園。

 水族館や海中展望台、遊覧船もあり楽しみにしていた場所です。

 しかし!

 なんと昨日から台風の影響で海がしけ遊覧船が欠航との事。

 てか、台風はどこだー!

 それでもまあ、午前いっぱい考えていたのを、ニ、三時間くらいに短くなるのは想定内です。

 一時間で見るとこ無くなった><
1009200907DSC_2492.jpg

 これは想定外。

 あわてて時間がないからとボツになっていた予定を引っ張り出す騒ぎ。

 それでもなんとかフォローする事ができ、後は予定通り。

 最後、渋滞で闘鶏神社の宝物殿に間に合いませんでしたが・・・

 それにしても阪和道の渋滞、半端ではありませんね。

 もう疲れました・・・

 さあ、気合いを入れて帰りましょう!

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
 こんばんは。

 本日午前0時10分、無事自宅に到着しました。

 久々の二泊の旅。

 トド君と行った2009年薩摩の旅以来ですかね。

 最近、3泊の旅が当たり前となっているので、前回の高野山の1泊といい、やっぱり短く感じますね。

 もう少し旅をしていたかったです。

 さて、その最終日ですがいろいろありました^^;

 昨日更新の際にふれた高速の渋滞。

 田辺から乗った阪和道。

 なんと20kmほどの道のりを4時間かけて通過しました。

 最近、高速の渋滞慣れをして来た私ですが、久々に気合いが入りました。

 ここの渋滞、事故じゃないかと思うくらい全く動かなくなるんですよね^^;

 おかげで車内で旅日記を書く事が出来ました・・・

 ん?

 しかし、その割には他の所では全く渋滞や混雑にあいませんでした。

 特に前日、もっとも警戒していた勝浦であっさり駐車できたのは本当に驚きでしたw

 那智の駐車場は離脱する頃にはどこも満車になっていたんですけどね。

 本日もそれは変わらず。

 朝早いという事もあるのですが、ガラガラの串本海中公園。

 午前中いっぱい、海中公園を楽しんだ後お昼をとって2時頃白浜入りすればなんて考えていたのですが、実際に海中公園を出たのは10時。

 ざっと見た後、水族館の外に出てしまいそこから海中展望台へ。

 一方通行に気がついた時には元の水族館に戻れなくなってました><

 そう、すべてを理解したときにはすでに施設の外に出てしまい、時間をつぶすとか改めて見直すとか、出来ない状態になってたんですよね。

 しかも規模としてはけっこう小さめな水族館でしたし。

 その後はひたすらネイチャー系です。
1009201038_DSC_2744.jpg

 どうせ現場についてもせいぜい10分ほど写真を撮ったら離脱だろうといった感じでパスしていた予定を急遽並べてみたのですが・・・

 やっぱり10分は10分、腹の足しにもなりませんでした。

 それでも移動距離が長くけっこう時間は稼ぐ事が出来ました。

 何せ白浜入りした時点で200km走ってましたからw

 その後は再び串本海中公園に戻って昼食にトビウオ丼をゲット。

 やっと白浜移動で到着は2時過ぎ。

 こちらも思っていたより空いていて問題なく駐車場もゲット。

 混雑を予想していたのですが、ちょっと拍子抜け。

 で、三段壁に到着です。
1009201416_DSC_2930.jpg

 鵜ノ巣絶壁の超ミニチュアバージョンですね。

 もうちょっとスケールの大きな物を想像していたのですが、東尋坊くらいの規模でした。

 でも目的は熊野水軍の伝説の残る三段壁洞窟という事で、これを楽しみにしていたのですよ!
1009201445_DSC_3062.jpg

 値段の割にはしょぼかった^^;

 そして今回の旅、三日連続で夕日のゲット失敗;;
1009201609_DSC_3234.jpg

 どうも今回はダメのようです。

 さっさと移動して最後は闘鶏神社へ。
1009201700_DSC_3287.jpg

 ここで神社の方に声をかけられしばらく談笑。

 別れを告げて駐車場で飲み物をゲットしたり荷物を片付け帰る準備をしていたのですが・・・

 これから乗る高速は大渋滞のメッカですし、とりあえずおトイレもすませておきましょう。

 てな訳で神社に戻ったのですがトイレ、社務所の中にしかないようです。

 すでに5時を過ぎてきました。

 かなり立派な建物ですが閉まる直前、電気も落ちて薄暗い中です。

 ちょっと、気味が悪いです・・・

 その社務所ってのがこれ。
1009201657_DSC_3267.jpg

 トイレを探して中に入るも結構奥の方・・・なんでやねん。

 仕方がない、おトイレお借りしま~すってことで中に入っていったのですが・・・

 バタバタと人が走ってくる音が聞こえて振り返ると先ほどお話しをしていた神社の方。

「あれ、どうしたんですか?」

 と帰ったはずの私がいるので向こうも驚いています。

「ちょっとカクカクジカジカ・・・」

「ああ、トイレはこの奥です。それよりも先ほど、白い犬が入ってきませんでした?」

「いえ? 私ひとりですよ」

「あれ、おかしいな・・・ 犬が社務所の中に入ってきたのが見えたので慌てて飛び出してきたんですが・・・おかしいな確かに見たのに・・・」

首をかしげながら、それでも納得いかないようすであちらこちら探してます。

「・・・・・・・・・」

 まいったな^^;

 GWには若い女の人を連れて帰ってきたなんて言われたんですが、今度は白い犬ですか^^;

 どこで拾ってきたんでしょうか、さっぱり心当たりがありませんね~^^;

 てか白い犬ってまさか、おとうさん?

 とまあ、ボケは置いといてさすが闘鶏神社。

 鶏にまつわる神社だけに私に着いてくるよりも鶏がたくさんいるここの方がいいのでしょうね。

 ・・・あれ、鶏好きは猫?

 

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
 怒濤の紀伊半島巡り、第二弾!

 熊野古道の旅です。

 今回の三連ちゃんの中核をなす旅になります。

 元々このブログを始めた時に宣言したのが、行きたい場所三ヶ所制覇。

 高千穂、日光、そして熊野古道でした。

 高千穂は2007年お正月の旅で実現。

 日光の旅は翌2008年10月に一人旅で実現しました。

 残るは熊野古道。

 一番近い場所が残ってしまうと言うのも我がブログらしくていいですね~^^;

 当初の計画では盆の4連休で熊野三山とお伊勢参りをセットで行くつもりでした。

 初日の宿泊先は新宮、2日目は松坂、3日目の予定は伊賀上野でした。

 しかしご存じのようにその盆の計画は仕事により頓挫。

 結局8月に一泊二日の後、今回は2泊3日の旅になってしまいました。

 伊勢は11月に行くことにします。

 今回は熊野古道オンリーと言うことで。

 宿泊先は新宮で連泊にしました。

 三山を巡るのに拠点としてはちょうど良いだろうと。

 あとは最終日、帰るついでに海岸沿いを走り白浜へ抜けていきましょう。

 串本や勝浦も予定に組み込んでみることにしました。

 遊覧船は私の旅日記ではお約束ですし。

 それに串本の遊覧船は水族館もセットです。

 のであまり行ったことのない水族館も楽しもうと思っています。

 こんな感じで計画した今回の旅。

 とにかく、熊野古道をとことん歩こう!

 が!

 なんと出発の2日前、出勤準備中に右足小指を強打。

 大きく切ってしまい仕事中に血まみれになっているのに気づいてあわてて治療したなんてハプニングがありました。

 怪我自体はただの切り傷なのですが、足の小指って歩いていると靴にすれて痛いのなんの^^;

 骨折が無いのは何よりなのですが、不安いっぱいなスタートとなりました。

 とりあえず、カットバンを二重巻きにして挑みましょう!

 それではとことん紀伊半島第二弾、熊野詣での旅。

 
 はじまりはじまり~

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
 2010年9月17日、夜11時。
1009172259_P1680769

 今回は無事、休みが取れました。
1009172313_P1680772

 18日から20日までの三連休。
1009172318_P1680774

 とことん紀伊半島の旅、第三弾。

 今回は熊野古道です。
1009180008_P1680786

 それでは行ってみましょう!
1009180020_P1680792


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 紀ノ川下 三木上

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 さて始まりました、とことん紀伊半島第二弾です。
1009180043_P1680799

 出発2日前に足を怪我して不安な出だし。
1009180055_P1680818

 とりあえず、カットバンを二重巻きにして万全の体制で挑みます?

 熊野古道だけに、とにかく歩く距離が非常に長くなる今回の旅。
1009180143_P1680844

 サービスエリアでも、足を引きずるように歩いているのですが・・・
1009180151_P1680846

 大丈夫か?
1009180318_P1680898


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 道の駅「熊野古道中辺路」 箸折峠 近露王子 牛馬童子像

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 熊野古道を歩く旅。
1009180544_DSC_9593

 いよいよスタートしました。
1009180547_DSC_9604

 まずは箸折峠から近露王子まで歩きます。
1009180600_DSC_9641

 途中、有名な牛馬童子像へ。
1009180603_DSC_9660

 いたずらにより痛々しい姿のままになっていましたが、直前に頭部が発見されたとうれしいニュースも。

 やっぱりマナーは守ってほしいですよね。
1009180605_DSC_9670


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 箸折峠 近露王子

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 牛馬童子を離脱して、先へ進みます。
1009180609_DSC_9690

 道自体は比較的平坦。

 山の中とはいえ、道も整備されていてけっこう歩きやすいです。
1009180610_DSC_9692

 怪我をしている足をかばいながらでしたが、いつしか気にならなくなってきました。
1009180612_DSC_9704

 しびれて感覚がなくなってきたともいうw
1009180615_DSC_9719

 石畳みもあり、早朝の散歩には最高です。
1009180621_DSC_9740


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 箸折峠 近露王子 野長瀬一族の墓

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 熊野古道を歩く。

 最初の目的地、近露王子に到着です。
1009180629_DSC_9775

 しかし、戻りのバスの時間までまだ時間があります。
1009180632_DSC_9789

 てな訳で、南北朝時代の活躍で有名な野長瀬一族の墓参りへ。
1009180638_DSC_9818

 悲運の最期を遂げた護良親王、後醍醐天皇や楠木正行など太平記に名を連ねた人々と共に活躍した一族です。
1009180639_DSC_9823

 せっかくここまで来たのですからお墓参りをしておかないと。
1009180640_DSC_9830


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 道の駅「熊野古道中辺路」 箸折峠 近露王子

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ