プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 安土城をつくる第3号です。

 2号では野地板と化粧垂木を組むと言うことでしたが、半分まででした。
P1520834.jpg

 本日は残り半分。

 てか屋根を完成させるそうです。

 瓦葺きはしないみたいですが・・・

 それでは6階の野地板と化粧垂木を組む2、スタートです!
P1520807.jpg


本編はこちらです »

スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日光・鬼怒川弾丸ツアー
 ~前回のあらすじ~


 本当に気持ちよく晴れてくれました。
P1450253.jpg

 本日最初の立ち寄り地、華厳の滝に到着。
P1450270.jpg

 エレベーターでシュイ~ッと降りて、観瀑台へ。
P1450274.jpg

 今回の旅、陽明門に続き二度目のため息・・・
P1450323.jpg

 大きいとか迫力あるとか、そんな言葉では言い表せない、人を引きつける魅力がありますね。
P1450298.jpg

 そして初日に続き名物、日光ゆばを使ったコロッケと、
P1450344.jpg

 牧場から直送の牛乳を頂きました。
P1450333.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 日光 足尾 男体山 中禅寺湖 半月山展望台

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日光・鬼怒川弾丸ツアー
 ~前回のあらすじ~


 華厳の滝を離脱。
P1450379.jpg

 今度は中禅寺湖スカイラインを通って半月山展望台へ。
P1450398.jpg

 中禅寺湖と男体山が一望できると聞いて行ったのですが、実際に一望できたのは足尾銅山がある方面の山々でした。
P1450462.jpg

 なんだか空を飛んでいる気分。
P1450478.jpg

 そして半月山を離脱して下る途中で発見した展望台。
P1450529.jpg

 こちらで中禅寺湖と男体山が一望できました。
P1450508.jpg

 真っ赤な紅葉と男体山をセットでとりたかったのですが枯れ木が邪魔ですね^^;
P1450536.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 日光 中禅寺湖 中善寺 男体山 お食事処岡甚

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日光・鬼怒川弾丸ツアー
 ~前回のあらすじ~


 この旅最後の訪問地。
P1450572.jpg

 中禅寺に到着です。
P1450598.jpg

 寄れるかどうか微妙だったのですが、いろは坂を抜けた後は混雑もなく渋滞もなく無事立ち寄ることが出来ました。
P1450609.jpg

 どんな逆境にも負けず、何度でも立ち上がる不撓不屈の精神を象徴する立木観音にも会うことが出来ました。
P1450615.jpg

 挫折禁止を胸に今日も私はがんばります~
P1450625.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 日光 みどり 道の駅富弘 いろは坂

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日光・鬼怒川弾丸ツアー
 ~前回のあらすじ~


 中禅寺離脱。
P1450707.jpg

 いよいよ、我が家に向かって帰るときが来ました。
P1450727.jpg

 いろは坂を下りながら、所々色鮮やかに染まっている紅葉を胸に刻みながら、
P1450754.jpg

 長い長い帰路へ・・・
P1450761.jpg

 さあ、気合いを入れて12時間走行、行きますか!
P1450780.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 浅間山 立山連峰 東部湯の丸下 梓川下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日光・鬼怒川弾丸ツアー
 ~前回のあらすじ~


 栃木から群馬へ。
P1450850.jpg

 北関東道から上信越道へ。
P1450940.jpg

 東京、首都高を回避するために大きく内陸に迂回するルートを選択した帰り道。
P1450969.jpg

 浅間山や、
P1450996.jpg

 夕日の沈む立山連峰を望みながら、
P1460079.jpg

 半分の500km地点まで戻ってきました。
P1460066.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 日光 内津峠下 多賀下 白石下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日光・鬼怒川弾丸ツアー
 日光・鬼怒川の旅、終了しました。

 終わっちゃいましたね。

 二泊五日。

 走行距離はトータルで1873km。

 何年も暖めて来た念願の旅でした。

 実際に後から振り返ると、無計画でロスも多い消化不良な旅だったと思います。

 でもあこがれの地というのは、それだけで押し切ってしまえるほどのパワーがあるんだなと今回の旅日記を書きながら感じてしまいました。

 初日は時間が余ってしまい迷走してしまい、

 二日目はひたすら歩き回ってしまい、

 三日目は渋滞に巻き込まれて回る時間が無くなってしまい、

 行きも帰りも道中も、とにかく渋滞に巻き込まれました。

 ホテルでは食事は今ひとつでしたし部屋もあまり居心地がいいものではありませんでした。

 どこへ行っても人は多かったですし、

 ん~

 振り返ってみると悲惨な旅でしたね~。

 で、実際に旅をしていた本人はと言うと、

 たまらなく楽しかったです。

 東照宮や大猷院、鬼怒川の東武ワールドスクウェアはもちろん。

 訪れた一つ一つ、すべての場所が思い出深く大好きな場所となりました。

 やっとたどり着いた。

 そんな気持ちでいっぱいでした。

 本当に楽しかったです。

 なんだかんだと文句を書いていたホテルもすごく居心地がよかったですし、渋滞も全然苦痛になりませんでした。

 日光山内を離れる時。

 中禅寺湖を離れる時。

 何とも言えない寂しさを感じました。

 我が家に戻ったとき、とうとう終わったと脱力感を感じました。

 旅を終えたとき、こういう感覚はよくあるのですが、今回の旅は特別その思いが強かったです。

 次、この地に訪れるのはいつの日の事になるんでしょうかね。

 現在東照宮は大規模な修復工事を行っています。

 まだまだこの先10年以上続く工事となっています。

 その工事が終わったらまた訪れたいですね。

 別に工事中でもかまいませんけどw

 今度は明智平にも行ってみたいです。

 他にも行ってみたいところが沢山あります。

 そしてどこももう一度訪れたい。

 また行きたいです。

 でも・・・

 今度は鬼怒川温泉のあさやに泊まりたいですけどねw

 さて、本来なら2009年に行く予定だった日光・鬼怒川の旅が2008年中に終了しました。

 2009年はどうしましょうかね。

 今考えているのはGWに甲斐・駿河、鎌倉あたりを旅したいなと。

 ただ、順番で行くとGWは当番になりそうなんで連休確保は厳しそうです。

 2日、もしくは3日の休みだったら調整して伊勢参りと熊野古道へ行こうかと考えています。

 そうなったらGW外して週末連休をとって行きますけどね。

 盆は東北を考えています。

 これも何日休みが取れるかによって変わってきますけど。

 トド君と奈良、先輩と高野山、これはどうなるんでしょうね~。

 お遍路は慌てず急がずやっていきたいです。

 時期を見て歩き遍路もやっていきたいですね。

 とまあ我が旅ブログ、日光の旅をもって一つの区切りとなります。

 気分的な問題ですが。

 次からは「挫折禁止」第二ステージですw

 ご当地グルメ、安土城築城もその一つ。

 日本100名城のスタンプラリーとお遍路の御朱印集めもまたその一つ。

 この二つは何年もかけてじっくりやっていきたいです。

 とまあ、こんな感じで相変わらずお気軽に何となくですがやっていきますので~

 今後ともよろしくお願いします。


-完-

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 日光

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 毎度、まいどの安土城をつくる第4号です。

 前回は6階の野地板と化粧垂木を組む2と言うことでとりあえず6階屋根が完成しました。
P1520854.jpg

 そして今回は6階フロアー、いよいよ金色と壁画で飾れた最上階の間を製作開始。

 てなわけで六階床板と壁をつくる、スタートです!
P1520856.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 2008年、紅葉の旅です。

 え?

 日光で紅葉見たじゃないかって?

 いや、あれは偶然ですw

 まったく狙っていませんでした。

 そもそも、あの時は本来奈良に行く予定でしたから。

 2008年の紅葉の旅はだいぶん前から決めていました。

 京都、高台寺に行こう!

 本当は一人で行く予定でした。

 ついでに自転車を持ち込んで、スイスイと回っていこうかと。

 しかし、奈良の旅に行けなかったトド君から、まったく別件で清水寺に行かないかとの誘いがありまして・・・

 清水寺ご本尊のご開帳があるとの事。

 清水寺と高台寺は目と鼻の先。

 だったら紅葉の旅に組み込んでしまえってことで、旅のお供にトド君決定。

 自転車の持ち込みは中止にして、変わりに車を駐車場に捨てて1日歩き回ろう。

 てなわけで今回の旅の予定が・・・

 旅の前日の夜に決定w

 とりあえず地図をプリントアウト、高台寺と清水寺を赤ペンで丸を付けた後、その周辺をざっと見回し行きたいところに片っ端から丸を付けていきました。

 後は時間との勝負。

 歩いてどのくらいかかるとか、拝観にどのくらい時間がかかってどのくらいお金がかかるかなんてまったく考えていません。

 お昼?

 コンビニでパンでも食っとけって感じでノーチェックです。

 でもニシンそば食べてみたいんですがね^^;

 出発直前にザックリ準備をして翌日朝6時。

 トド君と共に京都に向けて出発です!


 つづく~

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 11月27日、6時。
P1460367.jpg

 我が家を出発した私とトド君。

 本日は京都、清水寺ご本尊開帳と高台寺・紅葉の旅です。
P1460371.jpg

 気温は6度。

 けっこう寒いですが日中は暖かくなるでしょう・・・か?
P1460377.jpg

 見事に晴れているように見えますが、天気予報は曇り。

 雨はかろうじて大丈夫でしょうが・・・
P1460381.jpg

 とりあえず、行ってみましょう!




 今回より、画像の使用数を今までの半分の20枚~15枚へ減らします。

 これは書き手である私への負担の減少とFC2のファイル使用量の1GBに到達してしまい、順次古い記事から縮小して容量確保を行っているのですが、その為要領の節約の二つの理由があります。

 なにとぞご理解のほど、よろしくお願いします。

 てか、読みやすくもなったと思います。

 たぶん^^;

本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 龍野西上 三木上 桂川上

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 2008年、紅葉の旅スタート。
P1460393.jpg

 06年奈良、07年宮島に続く08年は京都!
P1460419.jpg

 高台寺とご本尊ご開帳の清水寺へ、
P1460439.jpg

 いざ、出陣!
P1460444.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 高台寺

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 京都紅葉の旅、最初に訪れたのは高台寺。
P1460458.jpg

 北政所こと、ねねの菩提寺。
P1460484.jpg

 紅葉も終わりに近づき黒ずみ始めてるとはいえ、
P1460503.jpg

 去年、一昨年には味わえなかった圧倒的な紅葉を目にすることに。
P1460521.jpg

 やっぱり京都。

 見せ方がうまいですね。
P1460523.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 高台寺

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 高台寺を散策する私とトド君。
P1460532.jpg

 てか書いているうちにトド君の存在忘れてましたねw
P1460551.jpg

 いや、実際この時の私自身、トド君のことをすっかり忘れていました^^;
P1460576.jpg

 ずっと来たかった場所なので、そっちに一生懸命でしたし。
P1460592.jpg

 とまあおおむね満足ですが肝心の開山堂と霊屋が撮影NGってのが不満と言えば不満です。
P1460593.jpg



本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 圓徳院 掌美術館

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 高台寺から掌美術館へ。
P1460622.jpg

 そして圓徳院へ。
P1460637.jpg

 秀吉とねねの肖像画。

 そしてねねが最期を過ごした場所。
P1460657.jpg

 伏見城から移設された庭園を眺めながら、彼女の願いは何だったのか。
P1460668.jpg

 そんなことを考えてしまいました。
P1460674.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 二年坂 三年坂

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
旅日記の小休止、毎週日曜日恒例となり始めた安土城をつくる第5号です。

 前回は六階床板と壁をつくる、組み立てている途中はキチンとまっすぐだったコーナーがだんだんずれていき、壁になる頃には大きくずれていました^^;
P1520885.jpg

 これが後に響いていくことに、私はまだ知らない・・・^^;

 てなわけで六階天井と壁をつくる、スタートです!
P1520855.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ご当地グルメ
 なんだかすごく久しぶりのような気がするのですが、ご当地グルメです。

 で、ご当地グルメのはずなのですが、今回は全国チェーンで。

 休日出勤の振り替えで午前中、歯医者の予約を入れていたのですが、治療後に街の方へ買い物があったのでついでに寄ってみることにしました。

 実は私は、今まで札幌ラーメンというものを食べたことがありませんでした。

 まあ、他にも食べたことのないラーメンなんて数限りなくあるわけですが。

 そこで前々から気になっていた味の時計台に行ってみることにしたわけです。

 岡山の中心街からは西に外れた位置にあります。
P1520795.jpg

 さて、メニューは何にしましょう。

 札幌ラーメンと言えばやはりみそラーメンですかね。

 で、みそを頼もうかと考えたのですが、実は私はしおラーメンがけっこう好きなんです。

 もう一ついうと、インスタントのサッポロ一番しおラーメンにバターを落として食べるのが大好きだったりします。

 サッポロ一番はしょうゆ、みそ、しおのどれも好きなんですがね。

 注文したのはしおバターラーメン。
P1520796.jpg

 おお~。

 普通のしおラーメンですねw

 しかし具が沢山入ってます。

 キャベツとかひき肉とか。

 ちょっと嬉しくなりますね。

 太麺も札幌ラーメンの特徴ですかね。

 プリプリしていて、最近食べた記憶のない食感で、ちょっと懐かしい感じがしました。
P1520798.jpg

 そういえばスープ自体も何となく懐かしい感じです。

 なぜ?

 食べ終わる頃に気がつきました。

 子供の頃、母に連れられて食べに行ったデパートの最上階にあるファミレスで食べたラーメンですわw

 サービスエリアで食べるラーメンもこんな感じですね。

 ・・・・・・・・・

 つまりそれが真の札幌ラーメン?

 らーめんを食べるためだけには北海道までは行けませんね^^;

 ちなみにチャーシュー丼も一緒に頼みました。
P1520797.jpg

 えらいテカリのあるとろみの強いタレがかかっていると思ったら照り焼きソースでした。

 まあ、お腹もふくれたしOKかな?

 でも、わざわざ買い物に出かけたのはいいのですが、なんと定休日だったんですよね。

 以前は年中無休だったのに、これも不景気が影響しているんでしょうかね。

 結局、家に帰ってAmazonで注文してよくじつには届いたとさ。

 めでたしめでたし・・・

 よかったことといえば、帰りにローソンに寄ってマイブームのたっぷりきなこもちケーキをゲット。
P1510628.jpg

 きなこシュガーのしゃりしゃり感がたまりません。
P1510629.jpg

 本日、これが一番おいしかったかもしれない^^;

 チャンチャン><



押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村



テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 高台寺、圓徳院、掌美術館の共通拝観を終えた私とトド君。
P1460684.jpg

 その足で清水寺に向かって歩き始めます。
P1460689.jpg

 久々に歩く二年坂、三年坂。
P1460691.jpg

 当たり前ですが変わってませんね~。
P1460691.jpg

 舞妓さんなどを目撃して、今京都にいるんだなと実感して嬉しくなったりしてw
P1460694.jpg

 さあ、紅葉で真っ紅に燃える清水寺に到着です!

本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 清水寺

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ご当地グルメ
 2月の末、毎度の如くメーカーの同行がありました。

 いつものように予約投稿でして半月以上前の話なんですけどね。

 で、同行と言えば最近の楽しみはご当地グルメ。

 ある程度、前日のうちに何件かチェックを入れて初物挑戦と思っていたのですが・・・

 たまたま、ここのラーメン屋はおいしかったと言う話をしたところ、そこで食べてみたいという話になって、以前紹介した場所へ再び行くことになりました。

 行ったのは辰弥です。
SA3B0269.jpg

 ごまみそラーメンが感動的においしかった店で、何かある度に再び行きたくなっていたのですが、このブログのことを考えぐっと辛抱していました。
SA3B0273.jpg

 ですので、この誘いは初物をと言う私の気持ちを大きく揺らがすもので、しかも速攻で落ちてしまいました^^;

 とはいえさすがに前回と同じでは問題でしょう。

 てなわけで別のものを行くことに。

 ごまみそとは別にと言えば、とんこつとしおがあります。

 季節限定でゆずというのもありましたが、ここはあえてとんこつで勝負。

 てなわけでとんこつ角煮ラーメン!
SA3B0270.jpg

 今回は珍しくサイドメニューなしです。

 なぜなら最後に替えめしをいきたいから。

 麺はごまみそラーメンと同じです。

 スープはとんこつ、背脂が浮いてました。

 結構こってりしています。

 が飲んでみるとほのかにカレーの風味。

 なぜ?

 でもスープはうまいです。

 カレー風味も悪い感じはしません。

 どこからカレー味がするのかと思いきや、角煮がカレー味ということで結構珍しかったです。

 でもこういう角煮ラーメンで角煮の塩辛さが前面に出てラーメンをぶち壊すことがおおいので、逆に驚きました。

 麺はちぢれ太麺。
SA3B0271.jpg

 ごまみそと同じですね。

 そのごまみそには絶妙にマッチしていたのですが、とんこつにはちょっと合わない気がしました。

 まあ、でもやっぱりおいしかったです。

 野菜らーめんではなかったのですが具だくさんでしたし。

 前回に続き具だくさんラーメンですが、やっぱりここのラーメンは好きですね。

 最後は替えめしです。
SA3B0272.jpg

 同行でご一緒した方は大阪出身とのことでしたが、替えめしを見たのは初めてと言っていました。

 私も過去、見たことがあるのはここを合わせて3カ所だけです。

 私はラーメンのスープでご飯を食べるのは大好きですが、普段はさすがに恥ずかしいのでやりません。

 こうやって替えめしとして出していてくれると、メニューとして存在しているのだからと安心して食べることが出来ます。

 そう、私は結構小心者w

 とんかつにドレッシングをかけて食べる奇抜なトド君のような度胸はありませんw

 同行の方は何点かあった商材のうち、異常に食いつきの良い商品が一つありまして。

 何処に行っても大好評。

 手持ちはすぐに完売してしまいました。

 金額的に、普通なら渋るような商品なんですが・・・

 考えてみれば不景気だからこそ売れるような商品かな。

 今回、そんな商品を目の当たりにすることになりました^^;



押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村



テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

タグ : ご当地グルメ 辰弥

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 二年ぶりです!
P1460717.jpg

 前回は、舞い散る桜の中を歩いたわけですが今回は11月。
P1460737.jpg

 真っ紅に染まる清水寺を歩いたわけですが、
P1460733.jpg

 相変わらず人が多いですね^^;
P1460787.jpg

 高台寺を拝観して清水寺のご本尊も拝観をして本日の目的はすべて終了w
P1460765.jpg

 さあ、後は風の吹くまま気の向くままへ、松村探検隊は今日もゆく!
P1460796.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 清水寺

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 本堂でご本尊を拝観した後、奥の院へ。
P1460813.jpg

 まあ、ここに来たらやっぱりここからの眺めは見なきゃならんでしょう。
P1460818.jpg

 露出をいろいろ変えながら何枚も撮影したのですが、どうしてもドス黒い赤色になってしまいました^^;
P1460849.jpg

 まあ、実際肉眼で見たときにそんな色だったんだから仕方ないですけどね^^;
P1460854.jpg

 とはいえ桜の季節の清水寺に対し、紅葉の季節のこのお寺は圧倒的な存在感を放っていました。
P1460902.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 妙法院門跡 手作り洋食屋さん里

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 おみやげ屋を眺めながら清水坂を下っていきます。
P1460933.jpg

 相変わらずすごい人ですが、下りきってしまえば一気に人の数も減りますね。

 そしてしばらく歩いて目的地に向かう途中、妙法院門跡で国宝の庫裏を拝観。
P1460970.jpg

 基本的に非公開なので中にはいることは出来ませんが玄関まではOKみたいでした。

 そしてやっぱりコース変更と最後に寄る予定だった場所に向かう途中、お食事処発見!
P1460984.jpg

 手作り洋食屋さん里でビーフシチューのパスタ、
P1460982.jpg

 そしてグリルドチキンでとってもハッピーな松村でありました!
P1460983.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 豊国廟

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 安土城をつくる6号です。

 前回は六階の床と壁を完成させました。
P1520907.jpg

 しかし床板にねじれが生じてしまったために壁全体にひずみが発生し、屋根を乗せてもぐらつくような状態になってしまいました^^;

 まあ、姫路城も完成したときには傾いていましたし、その傾きは昭和の解体修理で直されたわけですし、解体組み立てが出来るところが木造建築のいいところいうことで。

 ・・・完成前に解体修理ってどうなん?

 てなわけで一階南側の柱を立てる、始まり始まり~。
P1520909.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 たっぷりとカロリーを吸収した後は、しっかりと消費しましょう!
P1460996.jpg

 というわけで、食後最初の立ち寄り先。
P1470007.jpg

 それは強烈な階段の先にある豊国廟!
P1470014.jpg

 太閤秀吉のお墓であります。
P1470019.jpg

 まあ、豊臣氏滅亡後に破壊され放置されていたので現在あるのは明治になってからの再建なんですけどね。
P1470046.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 智積院

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 智積院です。
P1470060.jpg

 メジャーどころが続きますね~。

 まあ、京都ですぐに思いつく場所なんて何処もメジャーどころ何で仕方ないのですが・・・
P1470071.jpg

 まあ、京都初心者の私とトド君にはちょうどいいでしょうね。

 長谷川等伯一派による国宝障壁画。
P1470076.jpg

 そして名勝指定の庭園。
P1470098.jpg

 ついでに? 紅葉のトンネルを抜けて次なる場所へ向かいましょう!
P1470151.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 三十三間堂

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ご当地グルメ
 最近、安土城に時間を取られて書きためていた旅日記の貯金をどんどん切り崩している毎日です。

 2月半ばには1ヶ月近く貯金があったんですが、現在は10日ちょい。

 前回のご当地グルメは2月の話だったと言うことを考えると、いかに現在さぼっているかというのがヒシヒシと伝わってきます^^;

 そのピンチを少しでも軽減する救世主が手軽にチャチャッと10分ほどで書き上げることが出来るご当地グルメ。

 てなわけでガンガン行きましょう!

 今回寄ったのは岡山で長浜ラーメンを食べさせてくれるお店です。

 以前紹介した筑豊ラーメンの山小屋はこれを読んでるあなたの街ににもあるかもしれないw

 と不特定多数の人に言えるほどいろんな所にチェーン店が出来ているようですが、今回行ったのは個人でやってる古くからの岡山のお店です。

 店名は長浜ラーメン・秀やす。
SA3B0279.jpg

 長浜ラーメンと博多ラーメンと筑豊ラーメンと違いがよくわかっていない松村です。

 去年、同行販売でメーカーから来て下さった営業の方の話では博多ラーメンと筑豊ラーメンは違うとのこと。

 博多ラーメンは高校生時代、寝台列車でオートポリスにオープニングセルモニーや翌年のSWCを見に行ったときの(歳がばれるw)帰りに博多駅前でタクシーをつかまえて屋台で食べて以来です。

 熊本ラーメンは先日の薩摩の旅で最後、熊本で食べて何が違うのかよくわかりました。

 長崎チャンポンは・・・まったく別もんですわねw

 博多ラーメンと長浜ラーメンの違いは博多より長浜の方がスープが濃いと認識しているのですが・・・

 店内は広々としています。
SA3B0280.jpg

 ピンぼけでごめんなさいね。

 写真には写ってませんが座敷もあります。

 選んだのは珍しくノーマルの長浜ラーメン。

 実はお目当てはサイドメニューにありましてw

 とりあえず、ラーメン到着です。
SA3B0282.jpg

 スープを一口飲むと・・・結構薄味w

 ああ、でも薄味なのにちょっと重たく感じます。

 よくあるおいしいラーメンとは逆のパターンですね^^;

 不味くはないのですがちょっとあれ? って感じ。

 麺はこれまた極細、針金のようです。
SA3B0283.jpg

 まあ、コショウを振りかけごまをすりショウガを乗せて、とんこつラーメンはこうでなくてはw
SA3B0285.jpg

 それでは頂きます!

 写真を撮ってるうちにのびてしまいましたw

 後で替え玉を頼んだのですが、今度は麺が半煮え状態です。

 別に堅めは頼んでなかったんですが・・・

 世間一般に言うバリカタくらいですかね。

 針金とか粉落としまでは行ってないって感じ。

 と思ったら麺がほぐれてなくて、奥の方でまるで線路の複複々線のようにきれいに並んで固まってました。

 しかも何重にも固まってダマになってる><

 かためはいいけど、ちゃんとほぐせよって感じ。

 で本来食べたかったネギめしです。
SA3B0284.jpg

 当たり前ですが強烈にネギの香りと臭みとが来ます。

 ネギの善し悪しが一発でわかる丼ですね。

 薬味フェチのネギスキーな私にはたまらない一杯ですが、嫌いな人にもたまらない一杯でしょうねw

 ネギの下にほぐしたチャーシューが乗りタレがかかっていました。

 ご飯の量は茶碗一杯です。

 ネギが主張しすぎて上半分と下半分の味が全然違ってましたね。

 あまりに味が違うので途中でビビンバビビンバなんて心の中で叫びながら混ぜたのですがあまり変わりませんでした。

 微妙だな~なんて思いつつ、近くに辰弥もあるし私ならそっちに行くかなと思っていたのですが、この秀やすも私が行ったのは2時前だというのにすごいお客さんの数です。

 よく見ると替え玉セット(唐揚げ2個と替え玉1が付いてくる)とかご飯と唐揚げ付きのラーメン定食とかお得なメニューがありました。

 それに私もラーメンに替え玉にネギめしで1050円ですし・・・

 安いね。

 最近同じくらいのボリュームを注文すると1500円を突破してのけぞることが多かったのですが、逆にマジ? って感じで前のめりになってしまいました。

 思ったよりボリュームもあったし満足ですね。

 ごちそうさまでした。



押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村



テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 せっかくここまで来たら素通りは出来ませんよね。
P1470179.jpg

 寄りたい場所は他にあったのですが、この後立ち寄る場所の中で知名度は群を抜いています。
P1470182.jpg

 そう、訪れたのは三十三間堂。
P1470215.jpg

 今更ですが初なので。
P1470221.jpg

 何事にも初はある、てなわけで途中で見飽きてしまうくらいの強烈な量の千手観音像を拝むことが出来ました。

 1001躯とのことですが、修復中で空席も結構あったので正確な数字ではないでしょう。
P1470210.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 養源院 後白河天皇陵

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 聞くところによると、現在空前の戦国ブームだとか。
P1470231.jpg

 個性豊かな名だたる武将が闊歩した時代。

 ただ、華やかな部分ばかりではないと言うこと。
P1470246.jpg

 その現実の一つがここにも。
P1470248.jpg

 数ある血天井の中でももっとも生々しく現在に残っていると言われる、まさに鳥居元忠が自刃した場所です。
P1470243.jpg

 そして日本一の天狗と言われた後白河上皇稜。
P1470254.jpg

 隣ですしやっぱり押さえておかないと。

本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 京都国立博物館 豊国神社

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 今回の旅、高台寺と清水寺の二つを除けば一番行きたかった場所。

 だったら三番目に行きたかった所っていえばいいではないかって?
P1470272.jpg

 それでも一番なんです。

 京都国立博物館。
P1470275.jpg

 現在、平常展示館は工事中と言うことで2013年まで特別展覧会のみとの事。
P1470284.jpg

 このタイミング、ごり押しで行っておいてよかった・・・
P1470312.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 三木下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 月末の年度末、こんな事をしている場合かというツッコミはおいといて・・・

 安土城をつくる第7号です。

 前回は6階の製作を終了し、いよいよ1階の組み立ての開始でした。
P1520931.jpg

 ちなみに6階は解体修理を行いズレを修正して、現在はクリアケース(180mmx180mmx188mmのサイズ)を通販で購入してその中に入れて飾っています。
P1530023.jpg

 今後、一階から順番に作っていくので、これから2年間6階はさわることがありませんので。

 さあ、それでは一階の心柱を立てる、スタートです。
P1520950.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 2008年、紅葉の旅でした。

 我がブログ、三回目の京都。

 そして2度目の清水寺でした。

 前年の春に行ったばかりでしたし、清水寺は避けたかったというのが本音だったんですけどね。

 そしてもう一つ。

 もう一週間早く行きたかったです。

 確かに赤かったのですが、どちらかというと赤黒いと行った感じ。

 10月に中禅寺湖で色づき初めの鮮やかな紅葉を見てしまった後では非常に不満の残る内容でした。

 まあ、紅葉情報では11月半ば、15日頃には見頃に変わっていたわけでそこから半月も経っているのだから当然と言えば当然ですわね。

 当初はそこを狙っていたのですが、残念ながら私の方が仕事で会議が入っちゃいましたから回避不可能でした;;

 まあ、それでも2006年の奈良、2007年の宮島に比べれば非常に満足行くものでした。

 奈良の時は早すぎ、宮島の時には遅すぎましたからね。

 なかなかぴったりと合わせるのは難しいとつくづく実感しました。

 そういう意味では春の桜は今の所ドンピシャですごいなと感心するばかり。

 2007年京都では散り始めでしたが見事な桜吹雪が、2008年の吉野は文句なしの千本桜でしたから。

 後はとにかく寒かったですね。

 完全に油断しました。

 まさかこんなに寒くなるとは・・・

 やっぱり京都ですね^^;

 岡山と同じ感覚だとえらい目に遭いますってか遭ってしまいました。

 訪れたのは高台寺から圓徳院、掌美術館、清水寺に妙法院門跡、昼食後は階段を一気に上って豊国廟、智積院、三十三間堂から養源院、後白河天皇陵と続けていって京都国立博物館。

 最後に豊国神社と言うことで・・・12カ所も行ったの?

 松村探検隊ですわね~。

 質より量を取ったか。

 こうしてみるとメジャーどころばっかりですもんね、読んでる人にはつまらなかったかもしれませんね。

 行ってる私とトド君は結構楽しめました。

 寒くて死にそうでしたが^^;

 それでも一番不安だった天気も何とかもってくれて、帰路についてすぐ降り始めたのは本当に助かりました。

 あの寒さで雨に遭ってたら最悪でしたら。

 しかも傘は車に置き去りでしたし^^;

 今回の旅は松村博司の典型的なパターンです。

 運がいいわけではないけども最悪であるわけでもない。

 一歩間違えれば最悪なんだけれども一歩手前で踏ん張ると行った感じ。

 今回も運の悪さと悪運の強さをしみじみと感じる旅となりました。

 でも、今年もう一度京都に紅葉の旅をしたいですね。

 その時はまた違うところに行きましょう。

 そんなことを考えつつ、

「秋だ!紅葉の京都を歩こう」
P1150675.jpg

 これにて終了です。


 -完-

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ