プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 盛岡に到着後、速攻で食べたじゃじゃ麺は、朝からの暴食によってかなりのダメージを与えていました。
0908151136_DSC_4247.jpg

 となればカロリーを消費しよう!

 てなわけで歩く!
0908151148_DSC_4295.jpg

 歩く!

 城を歩く!
0908151150_DSC_4316.jpg

 100名城を歩く!

 盛岡城を歩く!
0908151207_DSC_4401.jpg

 ・・・食べ過ぎ直後の運動はよくありませんね^^;
0908151205_DSC_4388.jpg


本編はこちらです »

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 岩泉 龍泉洞

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 盛岡から北山崎へ。
P1580539.jpg

 大移動を開始したのですが、時間を見ながら余裕があれば寄ろうと考えていた龍泉洞へ立ち寄ってみました。

 思ったよりもメジャースポットのようで駐車場も満車、人もすごく多かったのですが、それで時間を取られることもなく、無事入洞することが出来ました。
0908151419_DSC_4477.jpg

 デジイチ初の鍾乳洞撮影、気合いを入れていきましょう!
0908151421_DSC_4480.jpg

 とその気合いとは裏腹に大苦戦。

 高感度がどうのと言う前に、周りが暗すぎてまずはオートフォーカスが正常に作動しません。

 とにかく合掌してくれないことにはどうにもなりませんわね^^;
0908151429_DSC_4510.jpg

 結局途中からMFに切り替えての撮影でしたが、そもそも暗くてよく見えないためにピントがさっぱりあってませんでした><
0908151432_DSC_4522.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 田野畑村 北山崎 北山崎めぐり観光船

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 延々走り続けて、やっと東海岸までやってきました。
0908151518_DSC_4539.jpg

 三陸の中央に位置する陸中海岸屈指の景観地、北山崎までやってきました。

 本来の目的は展望台から写真を撮ることですが、松村探検隊として多くこなしてきたミッションの中に観光遊覧船というのがあります。
0908151551_DSC_4640_20100129233112.jpg

 今回、浄土ヶ浜と北山崎で天秤にかけ、この北山崎を選択するに至りました。

 てな訳でカモメと戯れながらひたすら写真を撮りまくります。
0908151557_DSC_4698.jpg

 この後は展望台で夕日を撮影しに!

 でも、なぜこの時点で気がつかなかったんでしょうか。

 遊覧船に乗っている私は太平洋を背に西に向かって海岸線の写真を撮っていました。
0908151622_DSC_4900.jpg

 沈みゆく太陽のせいで逆光になり、ぶつぶつ文句を言いながら・・・

 ・・・太陽はどっちに沈む?
0908151630_DSC_4953.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 田野畑村 北山崎

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 陸中海岸を代表する景観地、北山崎の展望台までやってきました。
0908151702_DSC_4980.jpg

 時間はすでに5時を過ぎています。

 この後、鵜ノ巣断崖へ行く予定なのでサクサク写真を撮って行きましょう!

 そもそも夕日をねらってここまで来たんですが・・・
0908151703_DSC_4988.jpg

 東西南北の感覚が狂っていました。

 現地について、海から見て陸に夕日は沈んでいく。
0908151703_DSC_4991.jpg

 つまり海岸に向かって立っていると後ろに太陽が沈んでいくということに気がつきました・・・
0908151704_DSC_4999.jpg

 あまりに動揺してしまい、本来一番見晴らしのいい第二展望台に下りるのをすっかり忘れ、そのまま離脱してしまいました><
0908151705_DSC_5002.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 田野畑村 鵜ノ巣断崖

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 北山崎から鵜ノ巣断崖へ。
0908151743_DSC_5021.jpg

 ここは北山崎や浄土ヶ浜と並ぶ陸中海岸を代表する景観地です。
0908151754_DSC_5057.jpg

 が、ほかの二箇所に比べ扱いはかなり地味です。

 実際に、展望台も外国人観光客が三人だけ。
0908151754_DSC_5061.jpg

 静かなものです。

 ただ、私としてはこの大陸的風景に、写真でみたときから惚れ込んでいました。
0908151755_DSC_5066.jpg

 そして現物を見て、さらに感動。

 すでに日本の風景ではないでしょう!
0908151752_DSC_5050.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 宮古 宮古ステーション古窯 蛇の目本店

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 夜6時を過ぎ、ホテルのある宮古に向けて移動を開始します。
P1580681.jpg

 約1時間。

 この旅最後の宿泊地、宮古ステーション古窯に到着です。
P1580709.jpg

 ビジネスホテルで洗面台がバスト入れではなく部屋の方にあったりと面白い作りになっていますが、ビジネス前提の割には机が小さくて困りました^^;
P1580733.jpg

 夕食は駅前の蛇の目本店で迫力満点の北陸中ごはんは、まるで鵜ノ巣断崖のようw
P1580726.jpg

 そして翌日4時45分、チェックアウト。

 それでは最終日、スタートです!
P1580736.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 宮古 浄土ヶ浜

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 部品の成形ミスの関係で思いっきり製作が遅れてしまいました。

 結局窓が未完成のまま終了。
1002181050_DSC_0572.jpg

 ・・・納得いかん!

 とまあ、憤慨しつつも次がやってきますので、とりあえず適当にやりましょう。

 てなわけで二階北側の窓をつくる、はじまりはじまり~。
1002211941_DSC_0821.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 8月16日、旅最終日。
P1580738.jpg

 朝4時45分、いよいよ出発です。

 本日最初、そしてこの旅最後の浄土ヶ浜へ。
0908160454_DSC_5100.jpg

 前日は太陽の位置を見誤って、夕日を見ることが出来ませんでした;;

 本日はばっちり!

 そして願いも叶い、抜けるような晴天!

 これ以上ない、最高の朝日を見ることが出来ました。
0908160456_DSC_5102.jpg

 浄土ヶ浜の間から昇る太陽。
0908160502_DSC_5106.jpg

 岩手の旅が私にとって本物のイーハトーヴとなった瞬間でした。
0908160512_DSC_5134.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 遠野風の丘 とうわ 前沢上 菅生上 五百川下 阿賀野川下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 浄土ヶ浜を離脱し、いよいよ帰路へ。
P1580758.jpg

 当初、海岸線を南下して岩手の県境まで行ったところで一関から東北道に合流する予定でした。
P1580807.jpg

 しかし、体力的、時間的問題、そしておみやげの購入などもあり釜石まで下ったところで遠野を通って花巻から東北道へ。
P1580859.jpg

 途中までは順調だったのですが宮城に入ってから事故渋滞に巻き込まれ足止めにあってしまいいました。
P1590019.jpg

 この渋滞は福島の郡山JCT付近まで続き、大幅にタイムロス。

 これが最後まで響くこととなりました・・・
P1590097.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 米山上 有磯海上 小矢部川上 刀根上 桂川下 三木下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ずっとこの時間が続けばいいのに。

 本当にそう思える旅でした。

 この2009年は初っぱなのお正月。

 鹿児島の旅がすばらしく、なかなかこれ以上の旅は出来ないだろうと思っていました。

 でも、実際には鹿児島と岩手、甲乙つけがたくどちらもすばらしい場所でした。

 今まで一番好きな場所はと聞かれて、間髪入れずに高千穂と答えていました。

 今年になってからは少し迷って、鹿児島? 岩手? ん~高千穂・・・でも遠野!

 こんな感じになりました。

 それほど深く心に刻まれた旅となりました。

 生まれて初めての東北。

 初めての岩手です。

 義経最期の地ということもあり、子供の頃からずっと訪れたいと思っていた平泉。

 あいにくの雨で、一眼レフのカメラと重いバックを抱え、ふうふう言いながらの初日でした。

 1100km以上走った後ということあり、かなり体力的にきつかったです。

 それでも霧雨の中の中尊寺や高館義経堂など、たいへん雰囲気も出ていてすばらしかったです。

 義経の胴塚参りも出来ましたし。

 二日目は抜けるような青空。

 本当に気持ちいい風。

 そんな中、げいび渓や遠野を回っていきました。

 まるで時間が止まったような錯覚を受けました。

 静かでゆるやかで。

 毎日あくせく働いている中で、スローライフに憧れています。

 そう強く望めば望むほど、現実は逆へ逆へと流され毎日馬車馬のように走り回っています。

 営業職故に笑顔を貼り付け時間と戦いながらピリピリと^^;

 河童のクゥじゃないですが人間のいないところへ行きたいなんて半ば本気でw

 ですから遠野に来たときには、もうこのままここから動きたくないと思いました。

 なんだか心も体も溶けていくような感覚。

 楽しいであろう都会の喧騒よりも、退屈であろう田舎の静粛の方がよほど性にあっているんでしょうね。

 三日目は大移動。

 花巻から盛岡、そして北山崎へ。

 移動距離がかなり長くなってしまいましたが、それでも無理をして陸中海岸に出てよかったです。

 北山崎、鵜ノ巣断崖、そして浄土ヶ浜。

 それぞれが全く違った表情を見せてくれてすごく面白かったです。

 でもキレイなところばかりではなく、このすばらしい風景の裏には常に危険にさらされているという現実。

 北山崎から宮古へ、そして最終日はその宮古から釜石まで海岸線を走ったのですが、常に目に付いたのが津波に対する注意の看板。

 そして、過去津波が達した最高水位の碑。

 表面的な美しさに目をとらわれてしまっていましたが、こういう現実もあるんだと実感させられました。

 先日のチリ大地震では私も訪れた場所、通った場所、行きたかった場所に大津波警報が発令され、私も他人事とは思えず朝からテレビに張り付いていいました。

 そもそもここは東北。

 冬は半端じゃなく寒くなります。

 寒さが極限まで苦手な私には、そもそも住むことは無理ですわね^^;

 それでもこの岩手の旅。

 あこがれの地、平泉からスタートしまるで夢のような時間を過ごし、浄土ヶ浜の朝日できれいに締めくくることが出来ました。

 私にとってはこの旅はイーハトーヴそのものでした。

 またいつか、時間をおいて岩手を訪れたいですね。

 本当に楽しかったです。

 さて、次は約一ヶ月後。

 2009年限定の大型連休秋の陣!

 東北遠征第二弾、宮城へ向かいます。

 それまでの間、英気を養うことにしましょう。

 てなわけで、

「夏の岩手・イーハトーヴの旅」

 これにて終了!


 -完-

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 岩手・イーハトーヴの旅から約一ヶ月。

 9月はシルバーウィークがあります。

 私も無事、4連休をゲットできました。

 東北遠征シリーズ第一弾だった岩手もすばらしい旅でした。

 さあ、今度は第二弾です。

 宮城へ行きましょう!

 仙台、松島、そして蔵王。

 ずんだ、牛タン、まぐろだ!

 ・・・計画段階でマグロはすでに無理っぽいですが;;

 当初は東北遠征をやめて、中国地方一周地道の旅でもしようかと考えたのですが、やはり行かなければならんでしょう!

 てなわけでホテルの予約も取って準備万端。

 後は9月になるのを待つだけだったのですが・・・

 実は私の母も無類の旅行好き。

 子供の頃は何かと家族旅行でいろんな所に連れて行かれましたし、近年は友人と共に年に何度も旅行に行っています。

 母の場合はいつもツアーが中心。

 私とは対局の旅がメインな訳ですが、たまには自由気ままな車の旅もしたいと常々言っておりました。

 ですからETCの特別割引が決まった時には、明石大橋を渡って淡路島にでも行こうなんて話も出ていたのですが・・・

 このSWも本来なら母は友達とともに旅行へ出かける予定でした。

 しかしその友達の一人が家庭の事情で行けなくなったとのことで、一人だけ置いていくのもしのびないと中止となりました。

 いきなり予定が空いてしまったと、がっかりしていました。

 弟夫婦はまたあちらの両親と白浜に旅に行くとの事。

 父だけはなぜかお留守番だったようですw

 そんな感じで家にいたくない~、どこかに行きたい~なんてブツブツ文句を言っていた母です。

 そんな母にぽろりと言ってしまいました。

 宮城は蔵王に行くんだと。

 言った瞬間、母の目の色が変わったのがはっきりと見えました。

 自分も行くと、連れて行けとw

 冗談かと思ったのですが本気でした。

 母は20日から24日まで5日間休み。

 私は20日から23日までの4日間休み。

 宮城までは車での移動。

 盆の岩手の旅よりは近いですが、それでも遠いです。

 大変だよとは言いましたが、私より一日休みが多いため旅から帰っても一日余分に休みがあります。

 このあたりの計算もあったようです。

 直前だった事もあり、ホテルの予約が出来たらと言う条件だったのですが、それも問題なく、3泊とも並びで二部屋ゲットする事が出来ました。

 母との二人旅なんて生まれて初めて。

 どうなる事か想像も付きません。

 ただ、もういい年なので松村探検隊モードの強行軍は無理なので、スケジュールは大幅に変更。

 当初の予定は組んでいたのですが、蔵王のお釜をどうしても見たいという母なので天気を見ながらフレキシブルに対応していく事にしました。

 宿泊先は初日が仙台多賀城、二日目は仙台、そして最終日は白石です。

 本来なら三日目に蔵王へ行く予定でしたが、初日に蔵王へ向かい天気が悪いようなら到着前に予定を変更。

 二日目、三日目の天候を見ながら一番コンディションのいい日に蔵王へ行く事にしました。

 宿泊する3カ所とも、どういう予定でも回れる位置にあるので思い切った策を取る事にしたわけです。

 しかし出発直前、台風接近。

 私たちが向かう東北地方には初日の20日に直撃予定・・・

 ・・・どうなる事やら^^;

 とにかく宮城の旅。

 出発です!

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 9月19日、土曜日。
P1590479.jpg

 今まで連休の3泊6日旅行はいつも一人旅でした。

 しかし、今回はなんと母が同行。

 いつもなら仕事が終わった後、ダッシュで戻ってシャワーだけ浴びてそのまま出発というパターンですが、そう言うわけにも行きません。
P1590481.jpg

 無駄なお金を使う必要もないんだから晩ご飯は食べて行きなさいとw

 まあ、前日には帰ったらすぐ出発するから準備万端にと口をすっぱく言っていたので、問題なく6時20分には我が家を出発できました。
P1590484.jpg

 6時40分、山陽ICから高速に乗っていよいよ始まります。
P1590485.jpg

 松村親子の珍道中、まずは蔵王に向けて出発です!
P1590488.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 三木上 菩提寺上 女形谷下 小矢部川下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 さあ、東北遠征第二弾、宮城の旅がスタートしました。

 9月19日、夜6時20分。

 岡山を出発した今回の旅は生まれて初めての母との二人旅。
P1590501.jpg

 お互い旅好きで母も年に10回くらいはあちらこちらへと旅に出かけている強者です。
P1590502.jpg

 いいこと悪いこと、旅にはいろいろトラブルもつきものですが、そのあたりは臨機応変に対応できるでしょうから心配はしていません。
P1590516.jpg

 なんにしても、子供の頃からいろいろと心配をさせ、面倒をかけている母です。
P1590560.jpg

 これもいい機会だと思ってしっかり親孝行したいと思います。
P1590571.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 米山下 古関下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 窓の取り付けです。

 とはいえ、窓を作るたびに壁に設置しているので今号は窓の取り付けと言うより長押の取り付けといった感じでした。
1002281338_DSC_0849.jpg

 下見板張りの取り付けは面倒だろうなと思わせるような複雑な作りでした。

 てな訳で、二階北側の外壁をつくる、はじまりはじまり~。
1003022043_DSC_0853.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 闇夜を走ります。
P1590590.jpg

 ひたすら走ります。

 一ヶ月前と同じルート。
P1590592.jpg

 北陸道から磐越道。

 そして夜明け頃には東北道へ。
P1590620.jpg

 前回、大渋滞していた東北道も本日はけっこう空いています。

 なんの問題もなく山形道へ。

 とことん宮城の旅、最初に訪れたのは山形蔵王w
P1590651.jpg

 蔵王ロープウェイ乗り場に7時45分、到着です!
P1590676.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山形 蔵王温泉 蔵王ロープウェイ 地蔵山

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 朝、7時45分に蔵王ロープウェイ乗り場に到着。
0909200808_DSC_5473.jpg

 始発まで少し時間があったので、寒さ対策で服を着込んだりして8時15分。

 予定より15分早い8時15分、始発に乗って地蔵山頂へ向かいます。
0909200812_DSC_5480.jpg

 予報では晴れだったのですが、空はどんより雲が覆っています。
0909200825_DSC_5497.jpg

 山の天気は変わりやすいですからね~^^;

 期待と不安の中、山頂に到着した私たちを待っていたのは・・・霧!
0909200847_DSC_5529.jpg

 先へ進むか戻るか、結論が出ないままズルズルと霧の中を進んでいく私と母でありました^^;
0909200855_DSC_5538.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山形 蔵王 地蔵山 お釜

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 地蔵山頂に到着した私たちですが、待ち受けていたのは辺り一面の霧。
0909200856_DSC_5539.jpg

 正直、どっちに行けばわからないようなコンディションです。

 それでも登山装備のおじいさんに付いてノコノコと進んでいく二人^^;
0909200903_DSC_5545.jpg

 馬の背に続く山形県側のお釜ビューポイント、避難小屋になんとか到着するも気温は下がりに下がって9月にもかかわらず現在6度。
0909200907_DSC_5552.jpg

 突風が吹き荒れる中文字通り避難小屋に避難してしばらく休憩を取ります。

 天候はいっこうに回復する気配もありませんし、生命の危機も感じ始めた10時。

 あきらめて撤収を始めたその時・・・青空!
0909200952_DSC_5597.jpg

 まるで神風が吹き抜けるかのように霧が上空に舞い上がり、ついにお釜が私たちの目前に姿を現したのです!
0909200953_DSC_5602.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 山形 蔵王 馬の背 お釜

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 霧の中からこつ然と姿を現したお釜。
0909200953_DSC_5609.jpg

 うっすらと見え始めてからたった10分。

 霧が上空に舞い上がり、これから人智を越えたものが私たちの前に現れるのではないかと思うほど、圧倒的な出来事でした。
0909200959_DSC_5631.jpg

 まさにファンタジーの世界。
0909201001_DSC_5637_20100216005328.jpg

 そしてまぶしい光を放つお釜の湖は今までの人生で見たことがないほどのスケール。
0909201001_DSC_5643.jpg

 圧倒的です。
0909201005_DSC_5654.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 山形 蔵王 馬の背 お釜 蔵王山頂レストハウス

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 当初、お釜の姿を見たら、そのまま戻りのんびり温泉につかる予定でした。
0909201032_DSC_5735.jpg

 しかし、天候などのハプニングもあり結局留まることに。

 てか、この絶景見たら釘付けになってもしかたありませんよね^^;
0909201032_DSC_5737.jpg

 お釜を眺めながら馬の背を歩いていくうちに気がつけば宮城側へ。

 せっかくなのでレストハウスで昼食です。
0909201104_DSC_5802.jpg

 お釜だけにお釜カツ丼!
0909201108_DSC_5805.jpg

 さあ、それでは来た道を戻りましょう。
0909201044_DSC_5765.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 山形 蔵王 馬の背 お釜

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 宮城県側のレストハウスで昼食を済ませ、再び移動開始です。
0909201138_DSC_5821.jpg

 刈田岳で仙台市街地や太平洋を一望できました。

 そして苅田嶺神社で旅の安全を祈願。
0909201152_DSC_5881.jpg

 ここから来た道を戻っていきます。

 山形側からは結構近く見えるので大きく迫力があります。
0909201231_DSC_5947.jpg

 逆に宮城側からだと少し距離があるので、ワイドに全体が見渡せ雄大な眺めになります。
0909201141_DSC_5834.jpg

 それぞれ特徴があって面白いですね。
0909201253_DSC_6039.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 山形 蔵王 馬の背 お釜

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 外壁の取り付けです。

 幅を合わせ高さを合わせ切って貼って失敗して><

 斜めに切るとバラバラになったり、補強にコピー用紙を貼ってもなかなかうまくいかず・・・

 苦労して完成して写真を撮ると・・・
1003051542_DSC_0878.jpg

 今回苦労した場所が映ってないw

 まぁ、いいや。

 それでは三階南側の床をつくる、始まり始まり~。
1003071825_DSC_0883.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:徳島・お遍路の旅
 お疲れさまです。

 本日は先輩と共に徳島へお遍路の旅へ行ってきました。

 一年ぶりとなるお遍路ですが、前回の反省を踏まえ、今回は札所以外の場所も含めて回る事にしました。

 まずは札所。
1003221116_DSC_1008.jpg

 遍路ころがしは歩いて行きたいので十二番はパス。

 場所が集中している十三番から十七番までを回ることにしました。

 しかしまあ、私も先輩もあまりに久しぶりなもので忘れ物はあるは段取りは思い出せなくて右往左往するわでなかなか大変でした。

 先輩なんて金剛杖は忘れるわ、ローソクは少ししか持ってきてないわでしたし、私は私で途中十五番札所で杖を忘れ、十六番札所についてから気づいてあわてて戻ったりしましたし。
1003221254_DSC_1063.jpg

 まあ、そんなトラブルもありましたが天気もよく、前日に比べ風も穏やかですごしやすかったです。
1003221121_DSC_1026.jpg

 札所を回った後は久々の徳島市街地。

 私が学生のころ過ごした街です。
1003221427_DSC_1105.jpg

 いつの間にかヤマダ電機が出店してたりですっかり変わってしまった所もありましたが、100名城のスタンプゲットで訪れた徳島城ついでに寄った駅前は昔と変わらず、久々に駅のクレメントで休憩したりして本当に懐かしかったです。

 そして夜は渋滞に巻き込まれつつ明石大橋へ。
1003221933_DSC_1412.jpg

 無事夜景もゲットできましたし、なんだかんだで良い一日でした。

 現在仕事で結構大変な毎日です。

 そんな中で良い息抜きができました。

 GWは休みが取れそうになく、東北遠征第3弾の福島もほぼ絶望的ですが、最後まで望みを捨てずにやっていきましょう。

 てな訳で徳島の旅はまた後日、ゆっくりやります。

 ではでは~。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 徳島

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 運命のポイントとなった山形側避難小屋周辺まで戻ってきました。
0909201314_DSC_6092.jpg

 お釜ともお別れを告げ、行きには霧で何も見えなかった道を戻ります。
0909201316_DSC_6098.jpg

 感動的な絶景もこれで終わりかと思っていたのですが・・・

 こんなにすばらしい風景の中を朝も歩いてきていたんですね。
0909201320_DSC_6105.jpg

 霧で何も見えませんでしたが^^;
0909201348_DSC_6188.jpg

 紅葉も始まり、まるで風景画のような緑と赤のコンストラストが一面広がっていました。
0909201358_DSC_6213.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 山形 蔵王 蔵王温泉 蔵王ロープウェイ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 ロープウェイ乗り場まで戻ってきました。
0909201412_DSC_6246.jpg

 蔵王の散策もこれで終了。

 最高でした。
0909201412_DSC_6243.jpg

 ロープウェイに乗る前にレストランでしばし休憩。
0909201416_DSC_6249.jpg

 山形名物、玉こんにゃくだ!
0909201426_DSC_6252.jpg

 写真取り忘れて2個食べちゃいましたが・・・

 ちなみに蔵王温泉の大露天風呂、あまりの渋滞にたどり着かずにUターンしました^^;
0909201433_DSC_6258.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 蔵王 不動の滝

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 蔵王温泉を離脱で宮城県側へ移動、不動の滝を眺めます。
0909201610_DSC_6272.jpg

 強烈な西日と思ったより展望台から距離があった事で少々期待はずれでした。
0909201612_DSC_6278.jpg

 その後はずんだソフトを食べて仙台・松島へ。
P1590738.jpg

 本日の宿泊予定は仙台の隣、多賀城市。
P1590761.jpg

 そう、日本100名城に選定された陸奥国府、多賀城の冠の付いた市ですね。

 ならば行かなければならないでしょう。

 三井アウトレットパーク仙台港に母を捨て、今旅最初のお城へ登城です!
0909201748_DSC_6294.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 多賀城 日本100名城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 母を三井アウトレットパークに置き去りにして私は多賀城へやってきました。
0909201751_DSC_6312.jpg

 日本100名城の一つです。

 基礎しか残ってません^^;
0909201753_DSC_6320.jpg

 鎮守府として軍事拠点の役割を担っていたので遠からず近からずと言ったところでしょうか。
0909201751_DSC_6316.jpg

 平安から鎌倉にかけての政庁だった為に、天守閣はもちろんのこと石垣もなければ堀もなく、古代山城のような曲輪もありません。
0909201757_DSC_6348.jpg

 それでも大河ドラマの「炎立つ」とか見てるとまた違って見えたりするから面白いですね。
0909201757_DSC_6346.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 多賀城 三井アウトレットパーク仙台港 ルートイン仙台多賀城 ブッフェ・ フォールームス

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 多賀城離脱で置き去りにしていた母を迎えに行くために三井アウトレットパークへ。
P1590789.jpg

 その置き去りにされた母は母でブランド物格安ゲットと大いに喜んでいました^^;

 夕食はそのままアウトレットパークで私も母も満足できるようバイキングです。
P1590794.jpg

 宿泊はまたまたルートイン、これで三連ちゃん。
P1590823.jpg

 そして翌日、旅二日目は松島。
0909210819_DSC_6394.jpg

 ベタでごめんね~。

 それでは2007年秋の安芸の宮島に続く日本三景第二弾。

 行ってみましょう!
0909210819_DSC_6395.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 松島 雄島 松島海岸レストハウス

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 いよいよ3階に突入。

 とはいっても大入母屋根の中にある部屋を作っているわけで、二階から下とドッキングさせても現状ではいまひとつ実感ありませんね。
1003122048_DSC_0917.jpg

 このまま、一気に3階4階を作ってからまとめて屋根の製作にかかるのかな?

 なにはともあれ三階南側の柱を立てる、はじまりはじまり~。
1003141901_DSC_0918.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 松島に到着しました。

 ちょっと雲が多いのは残念ですが、そのために初日を蔵王に向けたので文句は言うまい。
0909210828_DSC_6406.jpg

 それよりもこの切り通しはいったい何?
0909210833_DSC_6430.jpg

 岩ガン系の私にはたまりませんよ、この磨崖仏とか。
0909210830_DSC_6413.jpg

 松島の風景そっちのけ?

 それよりも観光船のチケットを先にゲットしておきましょう。
0909210842_DSC_6456.jpg

 選んだのは奥松島・嵯峨渓コース、通常の倍の外海まで出るコースです。

 でも出航まで時間がありますし、まずは周辺の散策からスタートです!
0909210851_DSC_6465.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 松島 五大堂

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 遊覧船のチケットも無事ゲットできたので、出航までの空き時間を利用して周辺の散策に出発しました。
0909210854_DSC_6472.jpg

 まずは五大堂。
0909210853_DSC_6471.jpg

 松島を代表する風景ですよね。

 お堂は伊達政宗の再建です。

 なかなかいい風景なのですが、狭い島にたくさんの人です。

 そしておみやげ屋を散策しながら観瀾亭へ。
0909210913_DSC_6535.jpg

 途中、かまぼこ屋の老舗を発見したのですが、さすが品質第一なのか要冷蔵な上に賞味期限が短すぎて旅から戻った頃には食べられなくなってそうです。
0909210913_DSC_6536.jpg

 残念ながらあきらめて先に進むことにしました・・・
0909210916_DSC_6543.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 松島 観瀾亭

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ