プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:高梁・桜とベンガラの旅
~前回のあらすじ~

 本日最後の立ち寄り地。

 白谷公園です。
1004081647_DSC_2672

 夕暮れ、満開に咲く桜。
1004081644_DSC_2656

 桜色の花びらが夕日に照らされ輝いていました。
1004081653_DSC_2711

 2010年春、桜の旅。
1004081653_DSC_2712

 切ないほどに咲き乱れる桜が心に染みいります。
1004081656_DSC_2723


本編はこちらです »

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 高梁 赤磐 仙助

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:高梁・桜とベンガラの旅
 高梁の旅です。

 そして毎年の恒例、桜の旅。

 毎年、桜と紅葉は我がブログの年中行事としてピークを狙っていくように努力しているのですが、過去なかなかうまくあわせる事が出来ませんでした。

 直前には休みが取れない事もあり、どうしても長期の予報を見つつ推測を立てながらの計画となっていきます。

 案の定、いままで紅葉にしても桜にしてもなかなかピークにあわせる事が出来ない事が続きました。

 まあ、それでもそれなりに満足はしていたのですが・・・

 しかし今回は本当にうまく日程を組む事が出来ました。

 三月の中頃には咲き始め、一時はどうなる事かと思いましたが今年はとにかく咲き始めから散るまでが非常に長く桜前線もゆっくりと北上していったために充分桜を楽しむ事が出来ました。

 紺屋川美観地区、そして白谷公園。

 岡山県内でも比較的マイナーな場所になる、この二つの名所。

 ここを選んだのはほかでもありません。

 岡山県内に4ヶ所ある100名城に認定された城。

 岡山城、鬼ノ城、津山城の三ヶ所までスタンプをゲットして、残る一つは高梁の備中松山城のみとなっていました。

 さらに何度も高梁を訪れながら、なぜかなかなか訪れる事の出来なかったベンガラ吹屋。

 吹屋ふるさと村に行きたいという思いがあり、今回の旅が実現したわけです。

 本来なら去年の12月、鞆の浦ではなく高梁に行く予定だったのですが、延期になった最大の理由は桜だったというわけです。

 さらには一眼レフを購入してちょうど一年。

 初めての桜撮り挑戦。

 紅葉の時には天気の関係もありツボにはまり、かなり好み通りの写真が撮れたのですが、淡い桜色は色飛びしやすく非常に難しいとは、前々から予備知識としてもっていました。

 コンデジの頃から苦手でしたし。

 そんな中で挑んだ桜の写真は・・・

 あんなに天気がよくなるとは思わなかったので、日差しの強さに苦労させられました^^;

 天気がよければ、撮影しやすくなると思っていたのですが去年暮れの津山城での紅葉と良い今回の桜といい、強烈な光に悩まされる事になり、ほとほと困り果てました^^;

 特に桜の場合は、淡い色のため色飛びしやすく、強烈な日差しで影が出来てしまい、せっかく美しく色づいた花びらがなかなかうまく表現できませんでしたね~。

 ストロボを強制使用すれば影は消せますが、今度は青かぶりしたり改めてカメラの難しさを実感させられました。

 まさかこんな所でレフ板使うわけにも行きませんし、そもそもそんな物もってませんしw

 まあ、そんな苦労もありましたがやっぱり桜は良いですね。

 疲れた心を癒してくれます。

 すばらしい天気の中での満開の桜。

 いろいろ苦労しましたが、写真と違い現実に目の前で見る桜は本当に美しく時を忘れて見入ってしまいました。

 このすばらしい風景に出会えた事、素直に喜ぶ事が出来ました。

 そして、ブログを立ち上げた2006年以来久々の備中松山城。

 天守閣なんて飾りです。

 でもこの4年間でいろんな所を旅して安土城なんぞ造ったりしてそれなりに経験値も稼いだ今となっては・・・

 小さいなりにバランスが取れたいい天守閣だと素直に思えるようになりました。

 さらに念願だったベンガラ吹屋。

 これはいいですね。

 見る場所も結構ありますし、お店やお食事処もあります。

 後は交通の便と宣伝と。

 道沿いの家々をグッツ店やお土産屋としてもう少し数を増やして若い女性をターゲットにした街作りをもう少し意識したら絶対に伸びそう。

 今後、うまくやれば岡山を代表する観光地になるかもしれませんね。

 さてさて、どうなる事か。

 実のところ岡山って観光客を呼ぶ努力が足りないというか下手というか・・・

 他県に負けないいい物も沢山あるんですから、世界遺産登録に奔走する暇があったら先にやる事が沢山あるような気がします。(どうせ無理だし)

 安易な方法でうまく立ち回ろうとしても、すぐに飽きられてしまうのがオチなのですから。

 温暖な気候で育てられたフルーツを代表する食材や温泉。

 歴史や古い町並み。

 後楽園に美観地区に瀬戸大橋に。

 さらに交通の要所でもあるわけですから、トラベラーの立場から言えば・・・

 もうちょっとがんばれやw

 そんな事を感じた今回の旅でした。

 てなわけで

「桜と城とベンガラの旅」

 これにて終了です!


 -完-

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 高梁

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 階段です。

 4階から5階です。

 日本の建築法ではエレベータの設置が必要になるのでは?
1009221234_DSC_3309.jpg

 何にしても変化に乏しい回でしたが今回も変化に乏しいです。

 それでは四階北側の桁をつくる、はじまりはじまり~。
1009221242_DSC_3311.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
 さあ、やってきましたGWです。

 正月以来の久々の大型連休。

 三泊六日の大型旅行!

 仕事で弱り切った体にむち打って気合いを入れて・・・

 気合いを入れて?

 そもそも休みが取れるかどうか、ぎりぎりまでわからなかった上に精神的にも弱ってしまって準備もかなりおざなりになってしまった今回の旅です。

 まあ、とりあえず100名城の三つの城は行かなければならんだろう。

 喜多方ラーメンは時間があったら行こう。

 あっさり醤油ラーメンは私の大好きなカテゴリなので出来れば白河ラーメンも・・・無理かな?

 会津若松には近藤勇や斉藤一のお墓もありますし、ここは外せません。

 私が好きな歴史上の人物の一人、河井継之助のお墓の一つもあるそうで、ここももちろん行きましょう。

 その河井継之助が亡くなった只見町には記念館やこれまたもう一つのお墓もあるそうです。

 地図を見ると・・・行けるのか?

 とことん新潟に組み込んだ方がいいのか?

 そんな感じの場所ですね。

 あとは大内宿や前沢曲家集落へも行かなければ。

 大内宿は混雑するらしいのですが、行けば何とかなるでしょう。

 疲れていたので完全に思量が欠けていました。

 1年前なら、何も考えずに突撃する事はあり得なかったのですが^^;

 ネイチャー系も入れておきましょう。

 磐梯吾妻の有料道路を走ってみましょうかね。

 これまた直前になってびっくりするような事実。

 GW突入直後の4月29日。

 ホームページの交通情報を見ると気温一度、滑り止めタイヤが必要との事・・・

 出発直前、慌ててノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに履き替えたのでした。

 そんなこんなな今回の旅。

 徳島のお遍路の旅で実験的に導入したシステム手帳を利用した手作り旅のしおりを本格導入する事にしました。
1001062133_DSC_0232.jpg

 システム手帳は1月に購入したミニノートPCにオマケで付いてたやつです。
1001062134_DSC_0235.jpg

 写真取り忘れたのでお遍路の旅で使用したやつの写真です。
1004171704_DSC_2855.jpg

 作ってみると100ページを超えてしまい休みを丸一日費やしても完成しないほどの膨大な量の資料になってしまいました^^;
1004171704_DSC_2856.jpg

 もうここまで来るとちょっとした読み物です。

 しかし苦労した分、現地では大活躍。

 これは非常に便利です。

 ほしい人はこの連載が終了した後にデータをプレゼントします。

 マイクロソフトのWordで作成したものですので、もちろんWordをもっている人限定になります。

 あと、作った資料は文章も写真もネットからのコピペなので一般公開は著作権の問題から無理です。

 あくまでも個人で使用する目的で作った物なので。

 ですから秘密のアドレスを教えますのでダウンロードしてもらうって形になるかな?

 まあ、その辺りは追々と。

 フォーマットを利用して自分の旅にあわせて作り替えて利用するのもいいでしょうね。

 そんなこんなでスタートした2010年GWの旅。

 それでは東北遠征第三弾、福島の旅。

 はじまりはじまり~

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
 2010年5月2日。
1005021809_P1640646

 休日出勤のため、一日遅れのGW。
1005021821_P1640649

 仕事が終わってシャワーだけ浴びて夕方6時9分。
1005021822_P1640651

 半ばあきらめかけていた東北遠征第3弾。
1005021822_P1640652

 福島の旅、いよいよスタートです!
1005021824_P1640654


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 龍野西上 桂川上 土山上 赤塚上 日本坂上 足柄上

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 GWスタートです。
1005021900_P1640672

 一日遅れで私の旅もスタート!

 今回の旅は福島。

 普段から渋滞する宝塚のはるか手前から渋滞につかまってしまいました。
1005022014_P1640692

 さらに亀山JCTでも。
1005022301_P1640751

 東名に接続した頃には日付が変わっていました^^;

 しかしここから先は渋滞無し。
1005022329_P1640766

 一気に関東を越えていきましょう!
1005030247_P1640815


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 守谷下 千代田下 中郷下 西倉下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 東京料金所を通過して首都高へ。
1005030354_P1640870

 日本一になったばかりのスカイツリーや、
1005030405_P1640898

 お化けの火の玉を眺めつつ、
1005030406_P1640900

 常磐道へ接続。

 ゆっくりと朝を迎える中、千代田SAで仮眠を取るも寝坊をしてしまいました^^;

 中郷SAで朝食。
1005030706_P1640967

 そして8時46分、最初の目的地に到着です。
1005030846_DSC_2933


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 南相馬 薬師堂石仏 阿弥陀堂石仏

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 お正月、大分の旅でさんざん続いた磨崖仏。
1005030847_DSC_2945

 やっとその地獄から脱出できたと思ったのに福島に着くなり、またかよ!
1005030850_DSC_2975

 なんてツッコミが聞こえてくるような気がします^^;

 まあ、そう言わんといてくださいな。
1005030851_DSC_2982

 ここに寄るためだけに、わざわざ南相馬までやってきたのですから。
1005030852_DSC_2989

 この場所にある磨崖仏は3ヶ所。

 二ヶ所は終わりましたので次がこの旅で出てくる磨崖仏、最後ですから^^;(うそです。別の場所にもありました^^;
1005030903_DSC_3036


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 南相馬 観音堂石仏

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 空から蛇が降ってきた!
1005030908_DSC_3044

 最初に訪れた場所が楽しみにしていたのにガラス張りだったという衝撃から立ち直れないまま訪れた次の場所、観音堂石仏。

 かなり状態が悪いとはいえ、その圧倒的な大きさに感動しそうになった瞬間。
1005030908_DSC_3047

 つがいの蛇が覆堂の屋根から凄まじい音とともに落ちてきました。
1005030909_DSC_3057

 ある意味、今回の旅を案じるような出来事。
1005030910_DSC_3064

 この記憶がある種トラウマとなり、この後の山中探索に大きな影を落とす事になるのですが、それはまた後日・・・^^;
1005030911_DSC_3071


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 いわき 白水阿弥陀堂 願成寺

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 次へとつながる準備です。

 地味な作業です。

 前々回ぐらいからほとんど変わっていません。

 しかしこれが終われば垂木の取り付けが始まるので一気に形になっていくはず。
1009261212_DSC_3417.jpg

 てなわけでいよいよ北側の入母屋屋根の垂木取り付けスタート。

 四階北側の垂木をつくる1、はじまりはじまり~。
1009261242_DSC_3421.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 この旅ブログ。

 いろんな○○巡りというのをやってますが、その中の一つが国宝巡り。
1005031033_DSC_3084

 いろいろと古い建物を見るのは好きですが、やはりその中でも国宝建築物は他の物とは群を抜いて美しい物が多いです。
1005031048_DSC_3143

 その中でも阿弥陀堂。
1005031044_DSC_3121

 私のブログでもいろんな阿弥陀堂を廻ってきました。

 どれも美しくすばらしい物ばかり。

 ここもまた然り。
1005031045_DSC_3125

 優美にして繊細、浄土庭園にたたずむ白水阿弥陀堂を見ていると平安時代にタイムスリップしそうです。
1005031058_DSC_3193


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 二本松 三春下 安達太良下 二本松観光案内所 日本100名城 二本松城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 一撃必中、タッチアンドゴーでいわき離脱です。
1005031117_P1650107

 他にも寄りたいところはあったのですが、優先すべき所があったので。
1005031202_P1650145

 この辺り、観光客多そうですし予定外の渋滞につかまらないように早めに離脱です。

 途中、安達太良SAで明日利用する予定の吾妻・磐梯有料道路の割引購入券をゲット。
1005031217_P1650163

 さらに二本松駅で100名城のスタンプゲット。
1005031234_P1650181

 そして二本松少年隊の墓所に到着です。
1005031243_DSC_3197


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 二本松 大隣寺 二本松少年隊墓 藩主丹羽氏墓所

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 大隣寺です。
1005031244_DSC_3204

 戊辰戦争、大壇口の戦いで戦死した二本松少年隊16人の墓所になります。
1005031245_DSC_3209

 本来なら15歳以上でないと認められなかった出陣。
1005031245_DSC_3216

 それでも少年達の自分の街を守りたいという思いが特例を生み、サバまで読んで結果的に12歳から17歳の少年達が戦死しました。

 ここにあるお墓の16人以外にも50人以上の少年達が出陣していきました。

 明治維新。
1005031249_DSC_3239

 大きな時代のうねりの中で起きた出来事の一つです。
1005031251_DSC_3255


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 二本松 日本100名城 二本松城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 さあ福島の旅、最初のお城です。

 霞ヶ城こと二本松城。
1005031306_DSC_3299

 戊辰戦争の激戦地の一つです。
1005031314_DSC_3355

 この城を落とした新政府軍は、ここを拠点に会津若松攻めを行います。

 世に言う会津戦争です。
1005031319_DSC_3388

 この籠城戦の末、会津藩は降伏し東北戦争は終結。
1005031312_DSC_3346

 その後、戦いの舞台は蝦夷地、箱館戦争へとつながっていきます。
1005031309_DSC_3324


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 二本松 日本100名城 二本松城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 復元された箕輪門までやってきました。
1005031334_DSC_3426

 こちらは櫓なども復元されていて、お城っぽくなっています。
1005031336_DSC_3435

 イラストマップをもらうために仮設?の観光案内所へ顔を出したのですが、現在桜祭り開催中との事。
1005031404_DSC_3566

 すでに桜は散ったとの事ですが、懇切丁寧に見所を説明して頂きました。

 お気持ちだけ、ありがたく頂いておきます。

 ちなみにここで昼食ゲット。
1005031351_DSC_3512

 B級グルメ?

 というにはかなり無理がありました^^;
1005031347_DSC_3510


 ちなみに前日紹介した上空の怪しげな物体・・・等倍トリミングしてみました。
1005031334_DSC_3426_001.jpg


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 二本松 安達ヶ原 黒塚 真弓山観世寺

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 日本昔話。
1005031432_DSC_3619

 オカルトチックな場所、安達ヶ原の黒塚に到着です。
1005031431_DSC_3609

 むかし、手塚治虫原作の安達ヶ原を見た記憶があります。

 実際の伝説では鬼婆の住まう場所。
1005031431_DSC_3608

 旅人を誘い込み人を食い、最後には僧に退治されてしまう話です。

 そんな伝説の場所が、今なお残り伝えられています。
1005031442_DSC_3692

 まさか現実にあるとは思っていなかったので、是非とも立ち寄ってみたい場所でした。

 いろいろ思うところもありますが、まあおおむね満足です。
1005031448_DSC_3716


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 岩谷観音

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 四階北側の垂木取り付けスタート。

 これを付けていく事によって、だんだん城全景の形が出来上がっていきます。

 こうしてみると何となくガンダムチックですねw
1010031704_DSC_0041.jpg

 さはそれでは残りの垂木をざくざく付けていきましょう。

 四階北側の垂木をつくる2、はじまりはじまり~。
1010031722_DSC_0043.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 磨崖仏来たー!
1005031537_DSC_3736

 岩ガン来たー!
1005031537_DSC_3739

 朝の薬師堂石仏や観音堂石仏が微妙に思っていたのと違っていたり、

 空から蛇が降ってきたり^^;

 いろいろあり、少々ガッカリ気味だったのですが、それを吹き飛ばすような岩谷観音石仏です。
1005031538_DSC_3751

 こういうのを見たかったんです。
1005031540_DSC_3783

 興味のない人にはわからないでしょうが、これがいいんです!
1005031539_DSC_3759


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 信夫文知摺 安洞院

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
 こんばんは、本日は山陰、右と左の旅です。

 島根の右の鳥取

 鳥取の左の島根。

 一時期、このTシャツが流行ったよな。

 まあ、それはいいとしてw

 1年半ぶりの探検隊全員集合です。

 てかトド君とは去年の大原・紅葉の旅以来、一年ぶりかな?

 彼は仕事が変わってバタバタしてましたからね~。

 てなわけで先ほどの左右ネタではないですが、左が先輩、右がトド君です。
1010191304_DSC_2581.jpg

 私は撮る人w

 今回はその二人がどうしても行きたいと(本人達はそんなこと言っていないとのことですが)いう事で水木しげるロードへ行ってきました。
1010191257_DSC_2559.jpg

 いま、熱い場所ですよね。

 久しぶりに高視聴率を叩き出したNHK朝の連ドラ、ゲゲゲの女房の関係もあり、最近再び注目が集まっているとの事。

 なんだかそんなニュースも見ましたし、明日には仕事のお客さん達もツーリングで行くとか。

 なにもそんな熱々の場所に行かなくてもねぇ~?

 平日にもかかわらず、けっこうな人でした。

 外国人観光客のグループすら大量にいましたし、今や水木しげるロードはワールドワイドな場所なんですね。

 私的には、どちらかと言えばあまり興味がありません。

 妖怪を見るよりも、私自身妖怪にしてくれって感じでw

 以前見た映画「カッパのクゥと夏休み」のワンシーンではないですが、どこか人間のいない所に連れてってくれって。

 でも以外とおもしろかったですw

 水木しげる記念館とか、結局2時間以上ここで時間をつぶしてしまいました。

 後は100名城のゲットです。

 国宝を目指しているそうな松江城。
1010191031_DSC_2397.jpg

 個人的には現存天守閣で一番美しい城と思っています。

 全体のバランスでは姫路城だと思いますが、天守閣単体ではね。

 あとは月山富田城。
1010191614_DSC_2801.jpg

 戦国大名、尼子氏の居城です。

 完全な山城でしかも登り始めたのが4時という事でもう時間との戦い。

 往復で1時間半かかるとの事で、のんびりしていたら完全に日没になってしまいます。

 三人、汗だくになりながら気がつけば本丸までw

 雲が出ていて残念ながら夕日はゲットできませんでした。
1010191649_DSC_2915.jpg

 最近、なかなか夕日がゲットできませんね。

 まあ、次回伊勢の旅で朝日の夫婦岩に来たいですかね~。

 そんな感じで今回、全部で三ヶ所しか回れませんでした。

 旅日記を書くときにはすごく短くなりそうですが、思ったよりも楽しめました。

 メジャーな水木しげるロードや松江城はもちろん、あまり知られていない月山富田城もなかなか迫力がありメンバー二人も楽しめたようです。

 まあ、たまにはこんな短い旅もいいですね。

 てか、13日に行ったカメラテストの方がよほど行った場所、多いしw

 てなわけでこの旅の模様はまた後日。

 ちなみに明日より二週間、特別企画発動です。

 そう、新しいおもちゃをゲットですw

 雨の岡山後楽園。

 とっとり花回廊。

 バーガーフェスタ。

 北房コスモス祭り。

 蒜山焼きそば。

 蒜山不動滝(名前違ってました^^;)

 勝山町並み保存地区。

 そして倉敷美観地区。

 カメラテストでひたすら走り回りました。

 一気に紹介していきます。

 おたのしみに~!

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 島根

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:カメラ
 去年の秋、D700のモデルチェンジを待って新型のフルサイズ機を購入すると宣言して早一年。

 寝てど待てどいっこうに発売される様子はなく、私が現在所有しているD90はさっさと次期モデル発表。

 D7000の型番を与えられスーパーモデルチェンジとなりました。

 防塵防滴、部分的にですがマグボディー、数値上ではD3やD700と同等の高感度。

 画素数が上がったのはまあこの際どうでもいいとして、連射のコマ数も上がれば画像処理エンジンも新しくなって14ビット対応でさらに連射コマ数が落ちないとか。

 何よりD90と同じ600g台におさえられた重量は何とも魅力です。

 SDカードですがダブルスロットもいい。

 他にもインターフェイスなど細かいところで魅力的になった部分が多数あります。

 レンズ4本持っているうち3本がDXフォーマット専用ですのでレンズ資産もそのまま生きてきますし。

 サブにいずれD90を売っぱらってD300Sを購入しようと思っていたのですが、さすがにちょっと考える内容です。

 マヂで買ってしまおうかw

 年明けには10万円を切ってくるだろうしなんて考えていたのですが・・・

 そんな事を考えつつスペックを眺めていたのですが、気がついたらD700でいいじゃんって結論に達してしまったわけです^^;

 なぜにw

 現在の愛機、D90よりもさらに古い機体であるD700。

 今、この状況でこのモデルに手を出す意義があるのか。

 でもやっぱり使いたいのはボディーではなくレンズ。

 お化けレンズ、スーパーレンズと言われ、キャノンユーザーの中にもわざわざマウント変換用のアタッチメントを使用してこのレンズをゲットする人までいるそうです。

 そのレンズが、AF-S 14-24mmF2.8G。

 これがとにかくほしかった。

 そしてこれをフルサイズセンサーで使いたかった。

 しかもD700は17万円台まで下落。

 14-24mmにいたっては、いつのまにか16万円台。

 もう逝くしかないでしょうw

 じゃあ、逝ってみましょうかw

 久々のカメラレビュー、スタートです~。
1009271945_DSC_0002.jpg


本編はこちらです »

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル : 写真

タグ : D700 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDG Tamrac Model 5612

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:カメラ
 最近恒例となってきました。
1010031208_DSC_0426

 カメラやレンズを新調した時。
1010031210_DSC_0429

 何か撮影で試したい事がある時。
1010031212_DSC_0432

 最近すっかりホームグラウンドとなっている後楽園。
1010031213_DSC_0434

 今回ももちろんやりましょう。
1010031214_DSC_0436

 D700、後楽園でシェイクダウンテストだ!
1010031214_DSC_0437


本編はこちらです »

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル : 写真

タグ : 岡山 岡山後楽園 岡山城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 前の週の日曜日。
1010110811_P1700791

 カメラを買って最初の休みという事で待ちに待った休みだったのですが、結果は大雨・・・
1010110821_P1700795

 結局、あまりに雨が激しく2時間ほどで引き上げる事になりました。
1010110901_P1700818

 悔しい思いをしつつ待つ事一週間。
1010110927_P1700828

 10月11日、体育の日。
1010110931_P1700831

 天気は快晴。
1010110932_P1700832

 目的地はとっとり花回廊。
1010110937_P1700835

 D90を購入したときの岡山緑化フェアにつづく、お花の撮影です。
1010110938_P1700837

 花の事は全くわからない私ですがカメラ、そしてレンズのテストとしてはもってこい。
1010110939_P1700839

 気合いを入れていきましょう!
1010110945_P1700849


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 とっとり花回廊 バーガーフェスタ 吉備下 真庭上

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 花回廊散策がつづいています。
1010111039_DSC_0894

 何しろ広いひろい、花回廊だけで10km歩いたのはここだけの話。
1010111042_DSC_0901

 それでもお昼前には一周してしまいました。
1010111046_DSC_0918

 祭日という事でけっこうお客さんも多いです。
1010111053_DSC_0944

 混み始める前にお昼ご飯を食べましょう!
1010111102_DSC_0977


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 とっとり花回廊

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 入母屋の垂木をガンガン乗せていきます。

 だんだん、3階4階の全貌が明らかに。

 最初、送られてきた床を見ただけでは一体どうなるのか想像つかなかった方も多いのでは?

 こんなになりましたw
1010101300_DSC_0034.jpg

 まだまだ序の口、本番はこれからです。

 てなわけで四階北側の大破風をつくる、はじまりはじまり~。
1010122002_DSC_0001.jpg


本編はこちらです »

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 3時前、大山裾野に向けて移動開始。
1010111455_P1700857

 バーガーフェスタは三会場に別れ全国から集まった60チームが20チームずつに分かれて各会場で屋台を出しているシステムになっています。
1010111459_P1700860

 いただいたパンフを見ながら、花回廊から一番アクセスしやすい場所である桝水高原会場を選びました。
1010111501_P1700861

 シャトルバスが運行しているという事で出来るだけ車での来場はお断りとの事でしたが、夕方ですしダメだったらそのまま帰ろうと思い突撃。
1010111507_DSC_1456

 もうすでに大半の客が帰ろうとしているようで反対車線は大渋滞の中、無事係員に誘導されて駐車する事が出来ました。
1010111511_DSC_1459

 さて、詳細は不明ですが無事ハンバーガーを食べる事が出来るでしょうか?
1010111513_DSC_1461


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : バーガーフェスタ 大山 桝水高原 道の駅「かもがわ円城」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 とっとり花回廊の旅から2日後。
1010130831_P1700936

 飛び石で再び休みだった私は、さらなるカメラテストに向け出撃です。
1010130913_P1700956

 向かうは北房コスモス祭り。
1010130914_P1700958

 途中、高梁SAで朝食にオムカレーをゲットして、
1010130921_P1700961

 9時44分、北房IC通過です!
1010130939_P1700969


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 北房 高梁下 コスモス街道 コスモスの里

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 北房、コスモス広場を離脱。
1010131035_P1700977

 時間は10時半を過ぎてきました。
1010131040_P1700979

 何のかんので1時間、ひたすらコスモスの写真を撮ってきたことになります。
1010131101_P1700992

 とりあえず、次は今年B1グランプリ2位を獲得した蒜山焼きそばです。
1010131106_P1700998

 ついでという割に北房から蒜山まで地道で1時間。
1010131109_P1710002

 撮影旅行のはずなのに・・・なぜ?
1010131122_P1710012


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 蒜山 蒜山焼きそば 高原亭 蒜山不動滝 男滝 女滝 道の駅「風の家」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 さて、蒜山離脱で移動開始です。
1010131345_P1710079

 途中新庄村を通過。
1010131346_P1710081

 道の駅、メルヘンの里新庄です。
1010131347_P1710083

 ここから川を挟んだ対岸に赤い屋根の家が並んでいるのですが、ちょっと行ってみたい気が・・・
1010131350_P1710084

 しかし凱旋桜か・・・来年の春のお楽しみに取っておきいましょうかね。
1010131350_P1710085


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 真庭 勝山町並み保存地区 道の駅「メルヘンの里新庄」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 3時半、勝山を離脱して高速経由で一気に倉敷まで。
1010131646_DSC_1916

 4時40分過ぎ、倉敷美観地区前の市営駐車場に到着です。
1010131648_DSC_1924

 本日の締めくくりは、なんと倉敷美観地区w
1010131650_DSC_1933

 岡山県北をウロウロしていいたはずなのに、なぜ?
1010131650_DSC_1937

 ・・・最後に夜景を撮ろうと思って思い浮かんだのがここでした・・・
1010131650_DSC_1938


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 倉敷 倉敷美観地区

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:北房・カメラテストの旅
 時間は5時40分です。
1010131741_DSC_2145

 なんだかんだ言いながら1時間、美観地区を徘徊しています^^;
1010131739_DSC_2138

 それもこれも、夕暮れを待って夜景を撮るため。
1010131740_DSC_2141

 周囲もだいぶん暗くなり、明かりが灯り始めました。
1010131742_DSC_2151

 それでは見せてもらおうか、ニコンD700の高感度の性能とやらをw
1010131743_DSC_2159


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 倉敷 倉敷美観地区

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ