プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 旅も2日目が終了。
1009191748_P1690491

 昨日食べる事が出来なかったラテンでジャンボスパゲティーを食べよう!

 今日もお休みでした;;

 さらになれ鮨は無理でもサンマ寿司なら!

 徐福寿司もオーダーストップでした;;
1009191816_P1690504

 てなわけで今回の旅、3回目のめはり寿司って事でめはりやへ。
1009191848_P1690521

 さすが、元祖めはり寿司の店。
1009191828_P1690515

 3回目でしたが最高の晩ご飯でした。
1009191848_P1690522


本編はこちらです »

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 串本 橋杭岩

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:あいさつ
 無事5周年を迎えることが出来ました。

 思えば、あっという間の5年間でしたね。

 本当にいろんな所に行って、いろんな事して。

 熟れてきて油断して大失敗したり、これまでの経験をうまく生かせたり。

 ほんと、いい5年間でした。

 ただ、素直に喜べない部分も当然あります。

 ご存じの通り、今年の3月11日東日本大震災が発生しました。

 この未曾有の大災害は瞬く間に美しい街並みを破壊し、跡形もなく消し去り、多くの人命を奪いました。

 被災した街の中には実際に旅をした場所もあります。

 いわき

 南相馬

 仙台

 多賀城

 宮古

 そして岩手の旅の時には写真をほとんど掲載していませんが、宮古から釜石まで海岸沿いを走りました。

 美しい街並み。

 もう一度、この地を訪れよう。

 強くそう思ったのを憶えています。

 ですから第一報が飛び込んできた時は血の気が引き、携帯のワンセグで津波のライブを見た時は信じられない気持ちでした。

 実際に、そこを旅した時もいたる所に津波に対する注意や避難経路の看板を目にしました。

 津波到達地点の碑があったり巨大な堤防があったり・・・

 素人の私の目から見た時、防災に対する意識が非常に高い地域だという印象がありました。

 本当に今でも信じられません。

 しかし、今でも多くの人が避難生活を余儀なくされ、被害の全貌もまだはっきりしていない部分があります。

 原発による被害も拡大していき風評被害も深刻化しているようで、一体どこまで広がっていくのか想像もつきません。

 私がフォローしていたツイッターの中には風評をあおるような発言を連発していた人物もいて、読んでいて吐き気がしてそのままブロック、アク禁にしたなんて事もありました。

 ちょうど、地震発生と同時期に場所は違えど海岸沿いの旅を日記に書いていたこともあり、このまま載せるかどうかも非常に迷いました。

 やはり南紀も津波の被害が多い所ですし。

 それでも、それはそれ、これはこれと割り切らなければならないと思い、そのまま掲載することにしました。

 自粛するのも一つではありますが、災害を受けてない西日本の私たちが立ち止まっていてはどうにもなりません。

 旅日記とて同じ。

 全国的に自粛の波は広がり、観光地や街は閑散としているとのこと。

 九州限定で流れている九州新幹線全線開通のCMは本当に素敵なものでした。

 やっぱり前に進まないと。

 だから私はいつも通り旅日記を続けます。

 少しお休みしていた旅にも出かけます。

 残念ながら4月に予定していた新メンバーの方との白川郷の旅は中止になりました。

 その方の会社は全国区なのですが、震災の影響で仙台の営業所が壊滅的な被害を受けたそうです。

 社員の方は全員無事だったそうですが皆さん自宅なども被災していて、とても旅行に行っているどころではなくなってしまったそうです。

 残念ですが仕方がありません。

 とりあえず4月は桜ともう一つ、何か考えます。

 旅を続けます。

 これからも・・・

 今回の件で一つ、強く思うようになりました。

 日本中の街を写真に納めていこうと。

 そして将来、何年先になるかわかりません。

 必ず、

 必ず、また三陸に行こうと。

 あんな被害を受けた街々はこんなにすばらしく復興したと。

 みんな前を向いて、よりすばらしい街を造ったんだと。

 このブログで伝えたいと・・・

 心から、そう思います。

 最後に、五年間応援して頂き本当にありがとうございました。

 そしてこれからも、なにとぞよろしくお願いします。

 挫折禁止~松村博司の貧乏旅日記~

 6年目に突入します。



 これ以上、世界に悲しみが広がりませんように・・・

 すべての人がやさしさに包まれますように・・・






4月


5月
P1270033_t.jpg

6月
P1270263_t.jpg

7月
1003221929_DSC_1410_t.jpg

8月
0908160511_DSC_5133_t.jpg

9月
0909201022_DSC_5714_t.jpg

10月
P1440159_t.jpg

11月
0911180913_DSC_0285_t.jpg

12月
0912171243_DSC_4185_t.jpg

1月
20100654_DSC_4696_t.jpg

2月
P1360332_t1.jpg

3月



テーマ : 旅行の計画 - ジャンル : 旅行

タグ :

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 9月20日、旅も最終日となりました。
1009200843_DSC_2433

 本日は新宮から串本、白浜と海岸線を通りながらそのまま関西に抜ける予定。

 まず最初に訪れたのが名勝、橋杭岩です。
1009200845_DSC_2439

 海に向かって一列にまっすぐに並ぶ岩は約40。
1009200846_DSC_2452

 長さは850mにも及びます。
1009200849_DSC_2462

 弘法大師が鬼と競って橋を造ろうとした跡と言う伝説も残っています。
1009200850_DSC_2468


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 串本 串本海中公園

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 串本海中公園にやってきました。
1009200904_DSC_2482

 ここの見所の一つが、船底がガラス張りになっていて海底が見れるという観光遊覧船。
1009200907_DSC_2492

 この近海は日本でも有数の珊瑚の生息地。
1009200909_DSC_2504

 ダイビングをしている知人もよく、ここは潜っているという話です。

 それを船の中から楽しむことが出来ると楽しみにしていたのですが、台風の影響で運休。
1009200920_DSC_2553

 残念に思うのですが、この船に関して乗船したことがある誰に聞いても同じ感想が帰ってきます。

「船酔いするよ・・・」
1009200921_DSC_2557


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 串本 串本海中公園

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 串本海中公園。

 名の通り、海中に潜ってなんぼのもんです。

 遊覧船が台風の影響で動かないのなら、海中展望台でしょう。
1009200928_DSC_2591

 サンゴが群生しているこの海。
1009200936_DSC_2631

 実は生サンゴを見たのは生まれて初めてだったりしますw
1009200943_DSC_2668

 普段はもう少し、透明度がある海。
1009200941_DSC_2656

 波も強く、やっぱり台風の影響ってあるんですね。
1009200947_DSC_2684


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 古座川 一枚岩 道の駅「一枚岩」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 串本海中公園が予想以上に短時間で終わってしまったために、予定の変更です。

 準備段階で消えていった場所へ、急遽行く事へ。
1009201042_DSC_2766

 一枚岩です。
1009201034_DSC_2729

 紀州のお殿様も感嘆の声を上げたと言われるこの名勝。

 一枚岩です。
1009201040_DSC_2755

 そのままですが、一枚岩ですw
1009201040_DSC_2756

 ほんと、一枚岩です><
1009201041_DSC_2758


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 古座川 虫喰岩

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 時間が余ったという理由で虫喰岩までやってきました。
1009201100_DSC_2769

 ここで時間がうまくつぶせるとも思っていないのですが^^;

 それでも移動時間を考えればかなり時間を消費することが出来るでしょう。
1009201102_DSC_2773

 見たとおり、まるで虫喰いにあったような岩です。
1009201102_DSC_2776

 だからどうしたと言われてしまえば反論できませんが、最近岩ガン系を自称する私としては見ておきたい場所でもあります。
1009201103_DSC_2786

 でも一番不思議だったのは国の天然記念物のはずの岩の中に人工の木造の建物が・・・
1009201103_DSC_2789


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 古座川 串本 滝の拝 串本海中公園 アクロポーラ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 案内表示の看板が気になってやってきた滝の拝。
1009201136_DSC_2830

 どんな所かと思っていたのですが、想像とはまったく違っていました。
1009201141_DSC_2850

 それよりもなによりも、この暑い中で皆さん泳いでいる姿を見ると・・・
1009201142_DSC_2852

 うらやましいです^^;

 その後、再び戻った串本海中公園でお昼ご飯。

 名物、トビウオ丼!
1009201233_P1690785

 なんだか小骨がいっぱいあったのですが、はずれを引いた?
1009201233_P1690787


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 陸の黒島 沖の黒島 すさみ 道の駅「志原海岸」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 串本海中公園でお昼を取った後、白浜に向けて移動開始です。
1009201311_DSC_2879

 その途中、ちょっと寄り道。
1009201314_DSC_2892

 和歌山の夕日百選、陸の黒島・沖の黒島です。
1009201314_DSC_2891

 ただ、写真を撮ろうと思っても展望台は崩落の危険があるとのことで立ち入り禁止。
1009201311_DSC_2883

 むぅ~
1009201311_DSC_2881


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 白浜 三段壁

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 白浜に到着しました。
1009201415_DSC_2923

 最初に訪れたのは三段壁。
1009201415_DSC_2928

 白浜を代表するスポットですね。
1009201416_DSC_2936

 迫力いっぱいの断崖絶壁。

 けっこうギリギリまで行くことが出来るのですが、足がすくんでしまいます。
1009201423_DSC_2969

 腕をいっぱい伸ばして写真をとってみるのですが・・・

 やっぱり高い所は苦手です^^;
1009201431_DSC_3022


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 白浜 三段壁 三段壁洞窟

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 三段壁洞窟に進入です。
1009201451_DSC_3118

 元々あった洞窟なんでしょうが、観光用に大きく改造されていました。

 どこまでが自然でどこまでが人工物なのか?
1009201443_DSC_3041

 どこまでが史跡でどこまでが観光施設なのか?

 その境目がわからずずいぶん戸惑いました。
1009201445_DSC_3059

 何の先入観も持たず、何も考えずに見るのが一番かも。
1009201446_DSC_3072

 そうすれば、すげぇと素直に感動できるかな?
1009201447_DSC_3083


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 白浜 千畳敷

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:岡山県北・桜の旅 2011
 てなわけで2011年の桜です。

 今年は三年連続になりますが岡山です。

 しかも、県北中心。

 のはずなんですが、実は大寝坊してしまいましたw

 前日、探検隊の新メンバーとして紹介した方が岡山に来ていたので仕事で会ったのですが、その後食事をということでその方の同僚と三人でまた岡山の街へ出ていました。

 私はひたすら食いまくっていたのですが、結局帰ったのが1時、寝たのが3時ということで、おきたら9時過ぎてました。

 それからダラダラと準備して出発したのが11時前というそれってどうなのって感じ^^;

 最初に訪れたのは新見の城山公園。
1104121312_DSC_9320.jpg

 なぜ城山と呼ばれるのか、私にはわかりません。

 天守閣の石垣っぽい物がありますが、コンクリートで造っていた最近の物と推測されます^^;

 学生がいっぱいいました。

 それから次に美咲町の三休公園。
1104121513_DSC_4884.jpg

 ここは人がいっぱいいましたね。

 最後に訪れたのは津山城こと鶴山公園。

 岡山を代表する桜の名所ということですごい人でした。

 昨日はまだつぼみも結構あったそうで、今日満開になったそうです。

 ラッキー。

 久々の夕日を撮ってそのまま、ライトアップへ突入。
1104121819_DSC_9546.jpg

 思い三脚を担いでいたのですが、結局面倒になって最後まで使いませんでした。
1104121859_DSC_9635.jpg

 やっぱり、家に帰ってみるとやっぱり高感度によるノイズが気になりますね・・・
1104121926_DSC_9730.jpg

 なによりも、皆さんあちらこちらで宴会を初めてバーベキューやらなにやら、とってももいいにおい。

 死にそうになりました。

 それにしても昼間は25℃。

 夜には10℃切って着る物にも苦労する一日でした。

 鶴山公園に着いたのはまだ4時前で汗ばむくらいだったので、三脚とかに持つも多く薄手のままだったのですが、やっぱり日が落ちると寒くなりましたね^^;

 もうこれは仕方ない><

 本当は今年は醍醐桜と凱旋桜に行きたかったのですがまだちょっと早かったですね。

 また来年以降ですわ。

 今月は後半にもう一度、花夢の里で芝桜見てきます。

 てなわけで!

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 新見 美咲 津山

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 三段壁でこの旅三杯目のかき氷を食べた後、移動開始。
1009201512_DSC_3138

 千畳敷にやってきました。
1009201534_DSC_3145

 ひたすら白い岩。
1009201535_DSC_3148

 そして海。
1009201540_DSC_3169

 のんびりと海を眺める人々。

 ゆったりとした時間が流れます。

 ちょっと不思議な雰囲気の場所でした。
1009201547_DSC_3194


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 白浜 円月島

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 夕日スポット、円月島です。
1009201604_DSC_3206

 夜、円月島をシルエットに月を撮っても絵になりそうですね。
1009201604_DSC_3210

 今回は、あわよくば夕日をと思っていたわけですが、残念ながら分厚い雲。
1009201609_DSC_3235

 てかさ・・・

 この旅三日間、とてもいい天気だったのになんで夕方になったら雲が出てくるの?
1009201606_DSC_3228

 そこまで私に夕日を撮らせたくない?

 てか、最後に夕日を撮ったのは一体いつだ;;
1009201609_DSC_3241


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 田辺 闘鶏神社

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 今回の旅、最後に訪れた闘鶏神社です。
1009201654_DSC_3252

 熊野三山を含め、南紀のいろんな所をまわった今回の旅。

 最後に不思議な体験をすることになりました。
1009201658_DSC_3269

 私の姿を白い犬と見間違えた神主さん。

 私と白い犬とどう関係があるのかわかりません。
1009201657_DSC_3267

 ただ・・・

 白戸家のおとーさんのように、白い犬の姿になる前触れ・・・
1009201701_DSC_3289

 いや、すでに周りが気づいていないだけで私は白い犬の姿になっているのでしょうかw
1009201700_DSC_3287


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 紀ノ川上 岸和田上 龍野西下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
 三回に分けてお送りしています紀伊半島の旅第二段。

 熊野古道の旅、終了です。

 五年前、ブログを立ち上げた時に掲げた目標。

 行きたい所三ヶ所制覇。

 高千穂。

 日光。

 そして熊野古道。

 今回、その中で一番近かった熊野古道を最後に行くことによって、三ヶ所コンプリートとなりました。

 まさか、こんなにかかるとは思っていませんでした^^;

 それでもやはり私にとっては特別な場所。

 本当にすばらしい場所でしたね。

 実は熊野古道に関してあまり知識もなく、とりあえず熊野三山に行きたいと思っていました。

 それでも旅を計画するにあたって、いろいろ調べ実際に熊野古道を歩くことにしました。

 ルートは四ヶ所。

 本当は往復すべて歩く予定でしたが、出発前に足を怪我してしまい急遽バスやタクシーを使い半分の距離を歩くことになりました。

 ちょうど、靴にこすれる小指外側の部分を切ってしまったために、靴にすれて痛いこと痛いこと^;

 それでも歩き始めると、すぐに痛みにも慣れてくるものです。

 途中からはほとんど痛みを感じなくなっていました。

 まあ、夜にホテルで靴下を脱ぐ時とかお風呂に入る時には痛みで大騒ぎでしたけどね。

 それも三日目にはほとんど痛みを感じなくなっていましたけどね。

 そんな三日目は新宮から串本、白浜と海岸沿いを巡る旅となりました。

 前日のクジラ公園や串本海中公園などなかなか楽しめました。

 今にして思えば、勢いに任せて白浜でパンダも見てくればよかったかなと^^;

 何にしてもとても楽しい旅となりました。

 熊野古道はまた歩きたいですね。

 本当に歩いていて気持ちがよかったです。

 さあ、紀伊半島の旅も残す所、あと一つ。

 伊勢の旅のみになってきました。

 が!

 その前に久々の探検隊の旅です。

 新しく導入したカメラ、D700をひっさげ、出陣してきましたよ!

 まあ、そんな感じで、

「残暑の南紀・熊野詣の旅」

 これにて終了です!



 -完-

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:週刊 安土城をつくる
 お久しぶりの安土城をつくるです。

 去年の秋に注文していたオプションが全部そろいましたので番外編としてちょっとだけ復活w

 写真の枚数が多いのでサクサク行きましょう。

 まずはディスプレイベース。
1103091626_DSC_4812.jpg

 安土城を乗せるためのテーブルです。
1103091631_DSC_4816.jpg

 左右に分かれていますから、それをこのテーブルに載せたまま開閉できるようにがコンセプト。
1103091631_DSC_4818.jpg

 私は閉じたまま飾るつもりなのでこんな感じ。
1103091632_DSC_4819.jpg

 正面、打った後があり、さらにそこを上から塗装している・・・
1103091632_DSC_4822.jpg

 目立つ所に傷って気分悪いですね^^;

 続いて4月になってやっと届いたディスプレイテーブルとケース。
1104160917_DSC_5087.jpg

 いきなり足がグラグラなので変だと思ったら・・・
1104160932_DSC_5093.jpg

 タッピングスクリュが折れてやがる><
1104160932_DSC_5092.jpg

 しかも取り付けで折れたのではなく、折れたスクリュを無理矢理ねじ込んだまま出荷しているのだからまったく固定されていない状態。
1104160933_DSC_5094.jpg

 これって不良品とかの以前の問題じゃない?
1104161012_DSC_5098.jpg

 犬たろうさんがクオリティが低いとコメント書いてくださいましたが、低いという次元をはるかに凌駕されてる・・・
1104161027_DSC_5100.jpg

 品質が悪いから国産に切り替えたために納期が遅れたと説明書きが入ってましたが、いい加減にしてくれって感じです。
1104161058_DSC_5103.jpg

 結局、我が家というか私が在庫していたタッピングスクリュがあったので、それで修復しました。

 次はケース。
1104161118_DSC_5107.jpg

 こちらも微妙。
1104161126_DSC_5109.jpg

 立て付け悪くて隙間が開いてるし^^;
1104161127_DSC_5110.jpg

 足が折れた!
1104161130_DSC_5111.jpg

 しかも先ほど修理したのとは別の足。

 さすがにディアゴのカスタマーズセンターに電話して・・・久々に素で怒鳴ってしまった^^;

 いや、ホントマヂでぶち切れました^^;

 だって、さっきと同じで折れたスクリュを無理矢理ねじ込んだだけですもん。

 これ、安土城を設置した後足が折れたら大惨事なってますよ;;

 もうすっかりどうでもよくなってしまいましたが、目録です。
1104161147_DSC_5113.jpg

 安土城そのものもクオリティにいろいろ問題がありました。
1104161150_DSC_5115.jpg

 LEDは置くスペースが無く、正面の物は天板に貼り付けました。
1104161155_DSC_5120.jpg

 後は左右に。
1104161155_DSC_5122.jpg

 しかし、安土城だけでなくオプションのクオリティも恐ろしいほど低い・・・
1104161155_DSC_5124.jpg

 一緒に飾ろうと思って今まで箱から出さずに置いていたバインダーも。
1104161238_DSC_5125.jpg

 箱から出したばかりの新品でこれはないでしょ?
1104161339_DSC_5127.jpg

 3冊がこの状態だったんですよ。
1104162236_DSC_5133.jpg

 いい思い出にしたかった安土城ですが、最後の最後で最悪の結果になってしまいました。

 今回の件で物作りに対するディアゴスティーニの考え方がよくわかりました。

 ホント心底失望しましたね。

 高いお金を出して最後にこれでは泣きたくなります。

 何となく、もう安土城炎上させてもいいかもw

 もし実現したらその時はまた、炎上編としてやりましょうかねw

 いつになるかはわかりませんが。

 何にしても・・・

 でかすぎて邪魔!

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 週刊 安土城をつくる

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
 久々、探検隊三人での旅です。

 三人で旅をしたのはたしか・・・

 2009年のブログ三周年の旅でしたね。

 あの時は自転車で岡山を旅したのですが、はちゃめちゃになってしまいました。

 以来、三人は懲りたと探検隊で旅することはなくなったのですが^^;

 こりもせず再びです。

 本当は今回の旅。

 大阪か岩国に行こうという所から話しが始まりました。

 岩国城や錦帯橋に行きたい!

 ついでに山賊で山賊焼きを食べたいとw

 もしくは大阪のモノレールに乗って大阪城と住吉大社、四天王寺に行きたい!

 ついでに食い倒れの街で串カツとたこ焼きを食べたい!

 これが私の希望でした。

 が、三人寄れば何とやら・・・

 あえなく却下となりました;;

 次に出てきたのが広島の竹原。

 かつて毒ガス工場があった大久野島に行こう!

 船の時間もあるので空き時間を狙って竹原の情緒溢れる街を歩こう!

 おいしい尾道ラーメンの店もチェックだぜ!

 これでほぼ本決まりだったのですが・・・

 今回の旅、火曜日なのですが竹原の町は資料館といい店といい、ことごとく火曜日が休み。

 そもそも毒ガス資料館が休みでは何しに行くのかわかりません。

 結局、どこから話が出たのか水木しげるロードに行きたいと先輩が言い出しました。

 それに乗ったのがトド君。

 二対一。

 負けた;;

 妥協案として、こちらの希望を出すことに。

 境港の周辺、100名城が二つ。

 松江城と月山富田城。

 スタンプゲットのために、これだけは譲れないということで了承してもらいました。

 てな訳で始まった探検隊の旅。

 そもそも水木しげるロードって妖怪の銅像が並んでいる以外何があるのよ?

 妖怪に興味がない私に何をしろと?

 一体この旅どうなるのか?

 旅日記として成立するのか??

 大いに不安を感じつつ出発となりました。

 それでは水木しげるロードと100名城の旅。


 はじまりはじまり~


テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 島根 境港 松江

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
 2010年10月19日。
1010190659_P1710183

 朝6時40分に我が家でトド君と待ち合わせをした後、7時に先輩を待ち合わせ場所で拾って山陽ICへ。
1010190700_P1710184

 インターチェンジの写真を撮り忘れましたw
1010190709_P1710185

 何にしても久々の探検隊全員集合での旅。
1010190712_P1710188

 2009年4月、3周年の旅以来のこのメンツ。

 さて、どうなることやら・・・・
1010190722_P1710191


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 高梁下 蒜山高原下

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 一年と半年ぶり、探検隊全員集合の旅です。
1010190737_P1710195

 ニコンのフルサイズカメラ、D700を購入して最初の旅。

 とはいえ、ここまでカメラテストと称して2度、岡山道を通って県北に出撃しています。
1010190742_P1710200

 10月に入って3回目の岡山道。
1010190835_DSC_3417

 そして北方面。
1010190841_P1710222

 水木しげるロードにどうしても行きたいという隊員二人の希望から実現した旅ですが・・・

 同じ方角に三連チャンでというのはあまりうれしくないですね^^;
1010190843_P1710223


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 松江城 日本100名城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 前回、旅日記を初めて一年で訪れた松江城です。
1010190946_DSC_2288

 当時、コンデジのルミックス片手に訪れました。
1010190948_DSC_2297

 それから4年。

 いつの間にやらデジタル一眼レフ。
1010190950_DSC_3422

 しかもセミプロ仕様のニコンフルサイズをひっさげての登場です。
1010191000_DSC_2317

 しかし・・・どうにも成長が見られませんね・・・
1010191010_DSC_2335


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 松江城 日本100名城 松江神社 興雲閣

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 松江城、天守閣からの戻りです。
1010191021_DSC_2370

 さすがに中も広いです。
1010191027_DSC_2381

 そして姫路城ほどではないにしても、大きいです。
1010191031_DSC_2396

 松江神社。
1010191048_DSC_2444

 そして興雲閣。
1010191051_DSC_2452

 2回目ということもあり本編ではスルーだったのでw

本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 磯の家

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 松江城を離脱した所でお昼ご飯です。
1010191111_P1710254

 この後境港に行くのですが、ここはあえて松江駅でお昼。

 磯の家。
1010191113_P1710258

 なんと読むのか知りませんが、何も考えずに読めば「いそのけ」になりますよね。
1010191114_P1710260

 サザエさんはいませんでしたw

 ここで魚料理を食べた後は鳥取へ。
1010191128_P1710266

 境港に到着で、いよいよ目的地の水木しげるロードです!
1010191129_P1710272


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 境港 水木しげるロード

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 境港に到着です。
1010191234_DSC_2471

 巨大な駅ターミナルがお出迎え。
1010191234_DSC_2474

 でもホームはかわいいですね。
1010191239_DSC_2498

 しかし、到着するやいなや妖怪一色。
1010191235_DSC_2477

 周りの人間までよ・・・

 いや、なんでもございませんw
1010191237_DSC_2490


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 境港 水木しげるロード

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 次から次へと出てくる妖怪の像。
1010191252_DSC_2546

 もう何が何だかわかりません。
1010191300_DSC_2570

 その中で、次々と名前を言い当ててる探検隊二人。

 私には鬼太郎のレギュラーメンバーくらいしかわかりません。
1010191257_DSC_2560

 てか私の心を打ったのはこの一言。
1010191250_DSC_2538

 いわれなくともなまけ者になってやる、てか私は生まれながらのなまけ者w
1010191304_DSC_2581


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 境港 水木しげるロード 水木しげる記念館

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 水木しげるロードのハイライト。

 駅から歩けば、ほぼ一番奥にあたる場所。

 水木しげる記念館です。
1010191312_DSC_2622

 行く前にはどうなんだろうね~なんて思っていた記念館。
1010191339_DSC_2640

 水木しげるロードを歩きながら、おそらく私は楽しめないだろうと思っていた記念館。
1010191346_DSC_2656

 いや、以外とおもしろかったですw
1010191353_DSC_2663

 てか、水木しげる氏。

 境港には人間がいない、みな妖怪だって・・・言っちゃったよw
1010191356_DSC_2672


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 鳥取 境港 水木しげるロード

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
 お疲れ様です。

 本日は先輩と共に、広島に行ってきました。

 今まで、行ってみたいと思っていてなかなか実現しなかった芝桜です。

 訪れたのは芝桜の名所、花夢の里。
1104271005_DSC_9883.jpg

 本州最大級とのことで、楽しみにしていったのですが・・・

 実はけっこう多くを去年植え替えたと言うことで、まばらな所が非常に多かったんですよね^^;
1104271010_DSC_9902.jpg

 まだ生えそろって無くて、地面が見えてるような所がいっぱい。

 手入れをしていたおばあちゃん曰く、3年後ぐらいには最高の見時を迎えるよとw

 コラコラ、それを言っちゃダメでしょう><

 まあ、部分的にはいい感じの所も結構あったんですけどね。

 なぜか芝桜の中にチューリップがw
1104270952_DSC_9835.jpg

 その後は上下町で白壁の街を撮影。
1104271222_DSC_0005.jpg

 途中でスコールで大変な目に遭いましたが、雨が止むこともなくそのままずっと降り続きました。

 移動の途中は前が見えないくらい^^;

 この後、山城登るのに大丈夫か?

 そこから大移動で安芸高田市へ。

 100名城のスタンプをゲットした後、いよいよ郡山城址に登城です!
1104271602_DSC_0324.jpg

 毛利元就のお墓参りもすませて。

 山登りを始めるのですが、ずっと雨が降り続きます;;

 左手に傘。

 右手には2kg近いカメラを片手持ち。

 しかも夕方で大変薄暗いです・・・

 シャッタースピード優先にしておけばよかったんですが、雨でそこまで気が回りませんでした。

 帰って写真を見るとほとんど手ぶれ;;

 ・・・旅日記、どうなるんだ?

 かなりピンチです><


テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 世羅 安芸高田 上下 花夢の里 郡山城址

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 水木しげる記念館を出て、来た道を戻ります。
1010191356_DSC_2673

 今度は車道を挟んで反対側の歩道。

 相変わらず、妖怪の像がいっぱい。

 本物の妖怪も?
1010191359_DSC_2681

 妖怪列車。
1010191420_DSC_2775

 隠岐行きの船。
1010191424_DSC_2788

 一通り押さえて、境港離脱!
1010191424_DSC_2791


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 安来 月山富田城 安来市立歴史資料館 道の駅「広瀬・富田城」 日本100名城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 境港から月山富田城のある安来へ。
1010191611_P1710378

 朝、松江に行くのに途中まで来たのに、また戻ってきました。

 行きたい所と入館時間とお昼ご飯の時間と。
1010191539_P1710360

 そういったことを加味して予定を組むとこんな段取りになってしまいます。
1010191547_P1710372

 しかも、本日3ヶ所しか立ち寄り先がないにもかかわらず、月山富田城に付いた頃にはすでに夕方。
1010191602_P1710374

 これから山城上りには地と厳しい時間となってきました^^;
1010191614_DSC_2801


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 安来 月山富田城 日本100名城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:水木しげるロードの旅
~前回のあらすじ~

 月山富田城に登城開始です。
1010191617_DSC_2808

 標高は197m。
1010191623_DSC_2823

 山城としては普通か、やや低い方ですね。

 それでも登となるとけっこう大変です。
1010191628_DSC_2838

 しかも夕暮れ時。

 街灯なんてもちろんありませんし、懐中電灯などももちろん携帯していません。

 日没してしまえば、確実にアウト。
1010191647_DSC_2901

 時間との戦いです。

 てな訳で頂上に到着・・・ではない?
1010191649_DSC_2915


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 安来 月山富田城 日本100名城 蒜山高原上

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ