プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
~前回のあらすじ~

 宿場町、上下にやってきました。
1104271220_DSC_9998

 白壁の街という事でやってきたのですが、まず私たちを迎えてくれたのは昭和テイスト全開な街並み。
1104271222_DSC_0005

 もう、なんと言いますか・・・
1104271224_DSC_0020

 寅さんでも出てきそうw

 ちょっとノスタルジックな物語などの舞台になりそう。
1104271241_DSC_0063

 広島って尾道だったり鞆の浦だったり、こういう街並みがけっこう残っているんですね。
1104271241_DSC_0064


本編はこちらです »

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 府中 上下 上下白壁の道 翁座 吉井寺 上下代官所跡

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅先の駐車場
 車で旅をしていて一番困るのが駐車場の確保。
 旅先で駐車場が見つからず時間がかかったりした経験がありませんか?
 旅の計画段階でも駐車場探しが悩みの種。
 こればっかりは現地に行ってみないとわかりません。

 そんなわけで私が訪れた旅先の駐車場を紹介します。


 第21弾 霊巌洞

 今回は熊本です。

 霊巌洞、宮本武蔵が最期を過ごし五輪書を執筆した場所として有名ですね。

 で、この霊巌洞。

 熊本市内にありながらけっこうな山の中にあります。

 アプローチを間違えると大変細いミカン畑を縫うように登っていかなければいけないので注意が必要です。

 私は帰りにその道を通ってしまいました^^;

 加藤清正の菩提寺である本妙寺の方面からアプローチすれば、比較的普通の道を通る事が出来ます。
P1020990_20110914233112.jpg

 駐車場は霊巌洞のある雲巌禅寺より少し離れた場所にあります。
P1020992_20110914233111.jpg

 やはりメジャーな場所だけに観光バスも駐められるようになっていますが、そんなに広大というわけではありません。
P1030001_20110914233110.jpg

 地図はこちら。
雲巌禅寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=32.820438,130.622357+(%E9%9B%B2%E5%B7%8C%E7%A6%85%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%32.820438%%130.622357%%18

 怪しい武蔵像を横目に坂道をのぼっていくと霊巌洞があります。
P1030007_20110914233109.jpg

 周辺には展望台もあるようで、晴れた日には雲仙まで見渡せるそうです。

 私が行った時はあいにくの天気で、雲仙処か100メートル先すら視認できないほどの霧でした^^;

 まあ、そのおかげで幻想的な風景だったんですけどね。
P1030067_20110914233107.jpg

 ちなみに駐車場は無料です。

 拝観料は当時で200円でした。

テーマ : 旅先の駐車場 - ジャンル : 旅行

タグ : 駐車場 霊巌洞

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
~前回のあらすじ~

 上下の散策が続きます。
1104271247_DSC_0089

 途中、スコールにあって雨宿りする場面もありましたが、一通り回ることができました。
1104271258_DSC_0116

 と思ったのですが、後から確認すると抜けてる所もありましたね^^;

 なんにしても銀山街道の宿場町。
1104271259_DSC_0121

 白壁の昔情緒あふれる町並みもよかったのですが、何より昭和の香りがあふれる町並み。
1104271308_DSC_0150

 ノスタルジックで本当にこの街が気に入りました。
1104271305_DSC_0136


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 上下 安芸高田

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
~前回のあらすじ~

 上下町を脱出して安芸高田へ向かいます。
1104271330_P1750221

 途中でスコール。
1104271338_P1750229

 でも冷静に考えると本日は朝から雨の予報。
1104271343_P1750233

 半日曇りでもったのですから優秀ですよね。

 でもその半日分をためたように土砂降りってどうよ?
1104271345_P1750234

 てか、これから吉田郡山城に登るのに・・・どうよ?^^;
1104271434_P1750259


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 安芸高田 安芸高田市立歴史民俗博物館 三矢の訓碑 日本100名城 吉田郡山城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
~前回のあらすじ~

 安芸高田に到着してとりあえず博物館へ。
1104271511_DSC_0177

 ここで100名城のスタンプゲット。
1104271440_P1750270

 今回、この安芸高田には100名城のスタンプと吉田郡山城の登城が目的であります。
1104271501_P1750278

 しかし!

 それよりももっと重要なミッションがこの場所にはあるのです。
1104271515_DSC_0185

 それは!

 中国地方の覇者、毛利元就のお墓参りだ!w
1104271518_DSC_0194


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 安芸高田 日本100名城 吉田郡山城 毛利元就墓

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
~前回のあらすじ~

 雨が降る中、吉田郡山城に登城。
1104271529_DSC_0207

 毛利元就のお墓参りをまず済ませてから。
1104271538_DSC_0245

 左手に傘を持ち、右手に一眼レフのカメラを持ち。

 重さは2キロ弱。
1104271548_DSC_0274

 右手をプルプル震わせながら片手撮り。
1104271558_DSC_0303

 手振れ写真の量産ですw
1104271558_DSC_0304


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 安芸高田 日本100名城 吉田郡山城 毛利隆元墓

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
~前回のあらすじ~

 郡山城本丸までやってきました。
1104271602_DSC_0324

 雨のほうは相変わらず。
1104271611_DSC_0355

 夕方4時を過ぎて薄暗くなってきています。
1104271614_DSC_0368

 中国地方の覇者、毛利元就。

 彼の居城。
1104271633_DSC_0410

 お墓参りもできましたし、天気はいまひとつでしたが満足満足。
1104271641_DSC_0436


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 安芸高田 日本100名城 吉田郡山城 毛利元就火葬場跡 大佐上

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:花夢の里と郡山城の旅
 考えてみたら日帰り弾丸ツアーって、去年の水木しげるロード以来なんですよね。

 さらに去年、日帰り弾丸ってその水木しげるロードと高梁の桜、あと徳島のお遍路だけなんですね。

 最近、旅へ行く数が激減していますね。

 今年もかなり減ってますし。

 ピーク時には年に十何回も行ってたんですが・・・

 あきませんな^^;

 さて、そんな激減してる日帰り弾丸ツアー。

 その久々の旅でした。

 当初は関西人さんと白川郷へ行こうということで開けていたスケジュールだったのですが、中止になってしまったためにぽっかり穴が開いてしまいました。

 とりあえず、そこにねじ込んだのが今回の旅。

 なぜか岡山の観光案内にお隣の花夢の里が紹介してあったのがきっかけ。

 こんなの岡山にあったっけ?

 なんてノリで調べてみたらお隣の広島だったというオチでした。

 で、どうせ行くんなら郡山城へと考えたのですが、これまた中途半端に離れた場所でしたね~^^;

 週間天気予報で一週間前から雨予報になっていた今回の旅。

 ずれるかなと思ったのですが、結局当日になっても天気予報は変わらずw

 午前中は何とか降らずに助かりましたが、午後からはスコールで結局雨の旅となってしまいました。

 てか、本降りの雨の旅ってすごく久しぶりのような気がします。

 岩手の平泉以来かもw

 あの時、カメラをぬらさないようにとむちゃくちゃ苦労した思い出が、防塵防滴のD700購入につながったわけですが・・・

 片手で撮影するにはあまりに重かったですね^^;

 世の中ままなりません><

 とまあ、そんな感じで終わった久々の日帰り弾丸。

 また、植物関連でもとりにいけたらななんて思います。

 福島の花見山に行ってみたいんですよね。

 去年はスケジュール的に無理でしたから。

 そのためにはまず予算だな・・・

 まあ、なんにしても、2011年の花見の旅は岡山の桜とあわせて今回で終了です。

 また来年、切れにな花を撮りにいきましょう!

 てなわけで、

「花夢の里と雨の郡山城址の旅」

 これにて終了です!



 -完-


テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 世羅 安芸高田

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅先の駐車場
 車で旅をしていて一番困るのが駐車場の確保。
 旅先で駐車場が見つからず時間がかかったりした経験がありませんか?
 旅の計画段階でも駐車場探しが悩みの種。
 こればっかりは現地に行ってみないとわかりません。

 そんなわけで私が訪れた旅先の駐車場を紹介します。


 第22弾 熊本城


 はい、日本三名城の一つ、熊本城です。
P1030114_20110919202115.jpg

 熊本を、そして九州を代表する観光地の一つですね。

 私もこのブログですでに二回訪れています。

 本丸御殿の復元も終え、ますます魅力の増しました。

 私も大好きな場所の一つです。

 私が訪れたのは二回ともお正月です。

 最初に訪れた時は朝早く、駐車場はガラガラでした。
P1030112_20110919202118.jpg

 駐車したのは二の丸駐車場。
P1030113_20110919202116.jpg

 地図はこちら。
熊本城%%http://maps.google.co.jp/maps?q=32.805638,130.702011+(%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9F%8E)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%32.805638%%130.702011%%16

 他にも三の丸駐車場があります。

 料金は2時間までで200円。

 以後は1時間ごとに100円です。

 しかし、来た時はガラガラでも2時間ほど城をうろついた後、車に戻ってきた時にはすでに満車でしたが^^;
P1030277_20110919202114.jpg

 2回目に訪れた時も午後だったためにかなり混雑していて駐車するまで少し並ぶ事になりました。
P1500892_20110919202112.jpg

 それでも、比較的早く駐車する事は出来ましたけどね。

 夕方だったので帰る車も多かったのでしょう。

 人気スポットですし、特にイベントがある時には気合いを入れないとなかなか駐車出来ないでしょうね^^;

 

テーマ : 旅先の駐車場 - ジャンル : 旅行

タグ : 駐車場 熊本城

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
 近年、毎年3泊の大型旅行に出かけているゴールデンウィーク。

 2011年はカレンダー的に3連休しか取れず、その時点でどうしようかって感じになってました。

 また、三日間のうちのどこかは必ず仕事が入る予定だったので、その時点でどこかに出かけるなど不可能です。

 さらに関西人さんと4月中旬に白川郷の約束もしてましたし・・・

 いろんな条件が重なり、GWの旅はどこにも行かないことに決めていました。

 結局仕事が入らず、丸々休みは取れましたがたった三連休を大混雑の中で出かけたくもないなってのもありましたし。

 変わりにちょっと時期をずらして6月に一泊二日でどこかに行くことにしたわけです。

 最近ととど君と旅に行ってなかったということもあり、ちょっと誘ってみたら行くとの返事。

 どこに行こうか考えていたのですが、世界遺産に登録される前からずっと行こう行こうと話をしていた場所。

 登録されたがゆえに遠のいていた場所。

 石見銀山へ行ってみようって事になったわけです。

 そこまで行くのならついでに津和野へ行きたいと私。

 あそこは100名城の津和野もありますし、旅日記を始めるはるか前に行って以来なので、ぜひ行ってみたいと思いまして。

 ついでなので、黄泉比良坂とか日御碕神社にも行ってみたいので、スケジュールに組んでおきましょう。

 てかチョト待て・・・

 日御碕神社に行くということは当然・・・

 出雲大社とニアミス?

 何かにつけて大国主様関連と非常に相性の悪い松村です。

 最近ではできるだけ避けて通るようになってるし。

 それが、お膝元に行って大丈夫か?

 いやいや、ただの勘違いだ。

 そもそも天下の大国主さまたるものが、まったく無名で何の力もない小僧一人を相手にするわけがない。

 そうだそうだ!

 だったら久々に出雲大社にも行ってみよう!

 出雲大社自体は本殿修理中だしどうでもいいですが、そのそばにある古代出雲歴史博物館は前回、オープン一週間前で中に入ることができませんでしたから!

 よし、リベンジだ!

 てか、どうでもいいなんていってるから罰が当たるんじゃないのか?

 なんにしても生きるか死ぬか!

 勝つのは大国主様か松村か!

 史上最大のバトルが、今始まる!!



 ・・・いいのかこんなんで?

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
 2011年6月22日、午前1時。
1106220101_P1750379

 本日は水曜日。
1106220116_P1750382

 実は初めての平日泊まり旅です。
1106220117_P1750383

 旅のお供は久々のトド君登場。
1106220129_P1750385

 久々の珍道中、それでは始まり始まり~!
1106220133_P1750387


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 高梁下 蒜山高原下 すき家

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 久々にとど君との泊まり旅です。
1106220147_P1750391

 薩摩の旅以来になるから何年ぶりだろう・・・
1106220151_P1750393

 今回の目的地は島根。
1106220253_P1770522

 東の端、松江から西の端、津和野まで島根を横断します。

 そして何より天敵、大国主様のお膝元。
1106220319_P1750405

 松村探検隊は無事生還できるのでしょうか~^^;
1106220409_P1750427


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 美保関 美保灯台 美保之碕 沖之御前 地之御前

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 まず最初に訪れたのは美保灯台。
1106220431_DSC_0532

 朝日を狙おうとやってきたわけですが・・・
1106220431_DSC_0534

 分厚い雲^^;
1106220425_DSC_0517

 まあ、週間天気予報からずっと曇りですし、わかってはいたんですよ。

 でも朝焼けで雲が染まるくらいの事はないかなと思ったりしたわけです。
1106220433_DSC_0541

 甘かったですけどね><
1106220441_DSC_0562


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 美保関 美保神社

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 残念ながら美保灯台で朝日をとる事はできませんでしたが、それは織込み済み。
1106220511_DSC_0578

 ですから、特に気にとめる事もなく次の場所、美保神社です。
1106220512_DSC_0580

 出雲国風土記にも記載されている古社中の古社。
1106220514_DSC_0591

 本殿は美保造で国重文。

 境内は立派で私の大好きな造りの神社。
1106220515_DSC_0596

 朝っぱらから最高ですw
1106220516_DSC_0598


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 美保関 美保神社 青石畳通り 美保館

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 美保神社を出たところに、青石畳通りという石畳の通りがあります。
1106220529_DSC_0635

 雨に濡れると石が青く光るとか。
1106220530_DSC_0637

 そんな美しいとおり。

 古き良き、町並みが残っています。
1106220531_DSC_0646

 朝5時半。
1106220531_DSC_0649

 今回、初っぱなからいい感じですよ!
1106220531_DSC_0648


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 黄泉比良坂 道の駅「本庄」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅先の駐車場
 車で旅をしていて一番困るのが駐車場の確保。
 旅先で駐車場が見つからず時間がかかったりした経験がありませんか?
 旅の計画段階でも駐車場探しが悩みの種。
 こればっかりは現地に行ってみないとわかりません。

 そんなわけで私が訪れた旅先の駐車場を紹介します。


 第23弾 通潤橋


 熊本シリーズラストです。

 通潤橋、日本最大の水道橋です。
P1030386_20111006225604.jpg

 夏場は正午に放水しますが、そのシーンは有名で皆さん一度は写真や映像で見た事があるのではないでしょうか?

 私が行ったときはお正月で残念ながら放水は行われていませんでした。

 さて、本題です。

 ここの駐車場は笑えるくらい難易度が低いです。
P1030314_20111006225605.jpg

 というのも、隣接して道の駅がありますので。
P1030311_20111006225607.jpg

 そこに駐車して少し歩くと橋が見えてきます。
P1030313_20111006225606.jpg

 気持ち距離はありますが、橋が見えてますからそれほど距離は感じないのではないかと。
P1030310_20111006225608.jpg

 ちなみにこの通潤橋。

 上を渡る事ができます。

 渡っていった先には国民宿舎がありまして、そこでもお食事ができます。

 私達が行ったときにはなんと道の駅が正月休みで、さまよったあげくその国民宿舎でお昼を取ったのですが、あまり期待していなかったのですがすごくおいしかったです。

 なんにしても行くのなら夏ですわね。

 いつかリベンジしたいです。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 通潤橋 駐車場

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 いままで、なかなかこれなかった場所ですが、今回は最初からここに行くと決めて旅の計画を作りました。
1106220639_DSC_0680

 黄泉比良坂です。
1106220641_DSC_0689

 黄泉の国と根の国の境目。
1106220641_DSC_0686

 去年行った熊野、もしくはこの松江にあったのではないかといわれています。

 で、せっかく去年はその熊野にある花窟神社に行ったのですから、やっぱりこっちも行っておかないと。
1106220644_DSC_0700

 何せここは黄泉比良坂って名前ですからw
1106220641_DSC_0691


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 揖夜神社

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 黄泉比良坂の後は揖夜神社。
1106220659_DSC_0731

 イザナミを祀る神社です。
1106220659_DSC_0729

 黄泉比良坂があるという事は当然、黄泉の国と根の国があるわけで。
1106220701_DSC_0742

 実際、イザナギが暴いたであろうイザナミのお墓がなければ、そんな伝説は生まれなかったはずで、伊藤近くには陵墓参考地もあります。

 そうなれば当然、彼女を祀っている神社があってしかるべき。
1106220702_DSC_0745

 そしてあったのが揖夜神社。

 現地の看板で発見して、急遽立ち寄ってみましたw
1106220703_DSC_0748


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 松江 出雲

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 松江から移動開始。
1106220722_P1750478

 いよいよ大国主様のお膝元、出雲へ。
1106220735_P1750487

 前回は嵐のような天候でしたが今回は・・・

 やっぱり急に雨が降り出しました^^;
1106220756_P1750507

 それでも出雲大社に最接近をピークに離れるたびに弱くなっていく雨。
1106220758_P1750509

 冗談抜きで、やっぱり来るなと言ってるのでしょうか・・・?
1106220759_P1750512


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 出雲 日御碕神社

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 出雲大社を素通りしてやってきました次なる場所。
1106220815_DSC_0768

 出雲地方に来て、大社をパスしてほかの場所から参拝というのはどうかと思うのですが、とりあえず日御碕神社。
1106220821_DSC_0775

 起伏に富んだ境内に立ち並ぶ社殿。
1106220824_DSC_0785

 森の緑と建物の朱が調和して何ともいい感じです。

 到着したときには霧雨だった空も何とかやみました。
1106220834_DSC_0821

 風はこちらに吹いてきてます。
1106220838_DSC_0832


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 出雲 日御碕神社 経島

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 日御碕神社を出て、少し歩くと港へ出ます。
1106220841_DSC_0842

 国の天然記念物、経島です。
1106220841_DSC_0844

 海猫の繁殖地とのことですが、日御碕神社の神域でもあります。
1106220842_DSC_0846

 鳥居と小さな祠が見えています。

 お参りできるのかなと思ったのですが、年に一度神主のみが上陸を許されるとの事。
1106220852_DSC_0866

 もし可能だとしても、この海猫の数と岩場の糞の量ではあまり近づきたくはないですね^^;
1106220843_DSC_0852


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 出雲 出雲大社

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 古代出雲歴史博物館に向かっていたはずなのですが、標識を見てついつい出雲大社の駐車場に車を駐めてしまいました。
1106220924_DSC_0900

 まあ、通常は無料ですし。

 ただ、ここに駐めたという事は、やはり大国主様を素通りするわけにもいかず・・・
1106220928_DSC_0911

 とりあえずお参り。
1106220935_DSC_0922

 どうかこの旅が無事終わりますように。
1106220930_DSC_0916

 しっかり祈った御利益か、嵐を予想していた出雲大社で意外にも平穏に時が過ぎるのでした・・・
1106220940_DSC_0932


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 出雲 出雲大社 古代出雲歴史博物館

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅先の駐車場
 車で旅をしていて一番困るのが駐車場の確保。
 旅先で駐車場が見つからず時間がかかったりした経験がありませんか?
 旅の計画段階でも駐車場探しが悩みの種。
 こればっかりは現地に行ってみないとわかりません。

 そんなわけで私が訪れた旅先の駐車場を紹介します。


 第24弾 天岩戸神社


 本日から高千穂に移ります。

 私が旅日記を始める上でもっとも行きたいと思っていた場所。

 そして、初めて一年未満で訪れる事ができた場所です。

 その高千穂で最初に訪れたのが天照大神の天岩戸伝説を持つ天岩戸神社です。
P1030442_20111023222727.jpg

 ここは東本宮と西本宮に分かれています。

 歩いて行ける距離ですね。

 駐車場は西本宮に比較的大きな駐車場があります。
P1030440_20111023222729.jpg

 訪れたのは正月でしたがほぼ満車状態でしたが何とか駐車する事ができました。
P1030443_20111023222726.jpg

 警備員を出て誘導していましたね。

 逆に東本宮は写真にありませんが数台駐車できるスペースがありました。

 こちらはガラガラ。
P1030461_20111023222726.jpg

 東本宮に駐めれば良かったかなと後になって思いますが、実際には案内板にしたがって進んでいくと自然と西の駐車場にたどり着きますし、観光バスの駐車場や屋台も並んでいるので、仕方ないかなと。
P1030489_20111023222725.jpg

 本当は屋台で何か買いたかったのですが、この後旅館に泊まって晩ご飯が出るのでやめました。

 でも、おいしい食べ物がたくさん並んでいるしちょっと揺れましたけどねw

 ちなみに史跡でもあり御神体でもある天岩戸。

 拝観するには社務所に申し込みをしなければなりません。

 さらに撮影禁止です。

 残念ながらチェックインの時間もあり断念しました。

 またいつか、リベンジしたいですね。


テーマ : 旅先の駐車場 - ジャンル : 旅行

タグ : 駐車場 天岩戸神社

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 ずっといきたいと思っていた歴史博物館。
1106220952_DSC_0966

 やっとたどり着く事ができました。

 しかもうれしい事に、館内はすべて撮影OK!
1106220958_DSC_0979

 県立博物館ですよ?
1106221007_DSC_1007

 かつてこれほどサービスの良かった博物館がほかにあっただろうか?
1106221008_DSC_1012

 時間がかかる上に写真も撮れないので旅ブロガー殺しと言われる博物館。(勝手に松村が命名)

 こういった場所が全国に広がれば本当にうれしいですが・・・
1106221016_DSC_1066


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 出雲 出雲大社 古代出雲歴史博物館 道の駅「キララ多伎」

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 出雲大社のお参りも済んだし、念願の歴史博物館もたっぷり楽しめたし。
1106221053_DSC_1096

 到着までは、何が起こるかとヒヤヒヤものだった出雲。
1106221052_DSC_1091

 結果的に何事もなく、終了しました。
1106221057_DSC_1102

 逆に朝からいい感じできている流れは、ここでも継続中。
1106221107_DSC_1116

 まあ、お昼ご飯は微妙でしたが・・・

 それもご愛敬。

 さあ、午後の部に突入です!
1106221255_DSC_1126


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 大田 三瓶小豆原埋没林公園

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 石見銀山へ向かう途中、ちょっと寄り道。

 三瓶小豆原埋没林公園です。
1106221257_DSC_1129

 縄文時代、三瓶山の噴火による火砕流や土石流によって埋没した原始林がそのままの形で残っているという貴重な場所です。
1106221259_DSC_1144

 特に直立したまま現存しているのは世界でも非常にまれという事。
1106221258_DSC_1139

 シャフト状に作られた地下展示室には圧倒的な存在感を示す太古の森林が残っています。

 また、その木の根元には土石流で流れてきた倒木が激しく破損した状態で残っていました。
1106221303_DSC_1174

 自然の力、自然の神秘、そして圧倒的な存在感。

 すごい迫力です。
1106221301_DSC_1157


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 大田 石見銀山

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 石見銀山に到着しました。
1106221358_DSC_1246

 今回のタイトルにもなっているとおり、メインの一つです。

 実は世界遺産に登録される前、何度も計画はしていたのですが交通の便が悪く、日帰りでは厳しいため、なかなか実現しませんでした。
1106221401_DSC_1251

 そうこうしているうちに世界遺産登録。

 大量の観光客が押し寄せているとのニュースを聞いて、いったん計画は白紙に戻されていたのですが・・・
1106221403_DSC_1261

 そろそろ世界遺産フィーバーの熱も引いただろうと、やっと実現しました。
1106221405_DSC_1270

 ただ、見所が多いのか的が絞れないのか、サイトを回っても観光ガイドを見ても、今ひとつイメージしきれないという印象が準備段階での率直な感想です。
1106221407_DSC_1276


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 大田 石見銀山

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 龍源寺間歩までの道のり。
1106221410_DSC_1287

 片道2.3km。
1106221411_DSC_1289

 のんびり歩いて行きます。

 ただ、小雨は降ってるわ、蒸し暑いわであまりいいコンディションではありません。
1106221413_DSC_1298

 しかも、遊歩道の周りには間歩入り口がたくさんあるのですが、どれも鉄格子で中に入らないようにふさがれています。

 まあ、這って入らなければいけないような穴ばかりですし、そこを探検したいとは思いませんが・・・
1106221414_DSC_1301

 微妙に飽きてきたw
1106221425_DSC_1328


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 大田 石見銀山 龍源寺間歩

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:石見銀山と津和野の旅
~前回のあらすじ~

 石見銀山について、まず最初。
1106221439_DSC_1362

 銀山らしい場所と言えば坑道、ここで言う所の間歩。
1106221439_DSC_1370

 で、楽しみにしていたのですが・・・

 600mの通り抜け。
1106221441_DSC_1381

 ずっとトンネルを歩いて終了。

 出口を出たときの感想。

 あり?
1106221442_DSC_1390


本編はこちらです »

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 島根 大田 石見銀山

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅先の駐車場
 車で旅をしていて一番困るのが駐車場の確保。
 旅先で駐車場が見つからず時間がかかったりした経験がありませんか?
 旅の計画段階でも駐車場探しが悩みの種。
 こればっかりは現地に行ってみないとわかりません。

 そんなわけで私が訪れた旅先の駐車場を紹介します。


 第25弾 高千穂神社


 高千穂神社です。
P1030752_20111030221837.jpg

 ここは高千穂に訪れたら高千穂峡とともに必ず寄っとけって場所ですね。
P1030755_20111030221836.jpg

 そして、高千穂で有名な伝統行事、夜神楽の伝承でも有名な神社です。
P1030603_20111030221839.jpg

 基本的に夜神楽は冬の間に豊作を願って民家で夜通し行われるものですが、高千穂神社では観光神楽として一般公開しています。

 毎晩、夜に一時間、一番有名な天岩戸伝説のシーンなどを見る事ができるわけです。
P1030577_20111030221840.jpg

 で、普通は高千穂の旅館やホテルに泊まれば夜に送迎バスがあるので、安心してみる事ができる、高千穂の旅で一番の楽しみですね。

 駐車場は普通に隣接するそこそこの広さのものがあるのですが、夜神楽の時間はさすがに一杯でした。
P1030745_20111030221838.jpg

 翌日お昼に来たときも、結構駐車している車は多かったです。

 まあ、でも普通の駐車場ですけどね。

 お正月、といってもこの時はすでに3日だったのですが普通に駐車して普通に参拝する事ができました。

 また夜神楽見に行きたいですね。

 本物は大変でしょうけど。

 てか、民家でやるから見学も大変でしょうからね。

 

テーマ : 旅先の駐車場 - ジャンル : 旅行

タグ : 駐車場 高千穂神社

| BLOG TOP |

copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ