プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 永平寺探索続行中。
P1380693.jpg

 多くの建物を回廊でつないだその造りは、案内図を見ただけでは迷子になるのではと不安になります。
P1380756.jpg

 しかし実際に回ってみると理路整然と作られていて迷うことはありませんでした。
P1380746.jpg

 後で写真を見ると何が何やらって感じでしたが^^;
P1380747.jpg

 それでもここは、どこを撮っても絵になる。
P1380753.jpg

 そんな場所でした。
P1380801.jpg




 永平寺離脱後、車を駐車したおみやげ屋・あぜ川でお土産を再び購入^^;
P1380803.jpg

 それでも足らずにとろろ蕎麦、800円を食し合わせて3000円とします。
P1380822.jpg

 てなわけで離脱です。
P1380824.jpg

 お土産も朝、SAで買ってるしお昼ご飯も一乗谷でしっかり食べてきたし。
P1380830.jpg

 なんだか微妙な気分^^;
P1380832.jpg

 まあ、楽しかったから別にいいですけど。
P1380837.jpg

 しばらくは来た道を戻る形になります。
P1380839.jpg

 そして山間部に向けて進みます。
P1380843.jpg

 とは言っても山間部までは行きませんけどね。
P1380845.jpg

 白山スーパー林道を使って山間部突破は北陸中部の旅でやりましたね。
P1380848.jpg

 今回はやりません。
P1380850.jpg

 開通したばかりの東海北陸道を通って白川郷へと言うルートも当初、計画段階で考えたのですがここは開通直後から万年渋滞になってましたからね~^^;
P1380852.jpg

 もちろん回避です。
P1380858.jpg

 でもまあ、岡山の山間部とはスケールが違いますね。
P1380859.jpg
 ちなみにこの辺りでガソリン給油しています。

 49.9L入ってリッター191円でした。

 この頃、本当にしゃれにならないくらい高かったんですね^^;

 さて、目的地に到着・・・できずに近くの図書館だかなんだか、そういった公共施設の駐車場に車を投げ捨て、捜索開始!
P1380865.jpg

 いや、だいたいの場所はわかるのですがちゃんとした位置がわからずナビも途中で仕事を放棄しまして^^;
P1380867.jpg

 歩いて探すことになったわけです;;
P1380868.jpg

 10分ほどさまよい歩いてやっと発見。
P1380875.jpg

 実際着いてみると全然見当はずれの場所を探していたことに気がつきました^^;
P1380877.jpg

 朝倉義景墓所です。
P1380878.jpg

 地図。
朝倉義景墓所%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.981002,136.485641+(%E6%9C%9D%E5%80%89%E7%BE%A9%E6%99%AF%E5%A2%93%E6%89%80)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%35.981002%%136.485641%%15

 ルート。
P1470473.jpg

 やれやれ、わかりにくいところにありました^^;
P1380879.jpg

 織田軍の猛攻に遭い、一乗谷からこの大野に逃れた景義は従兄弟の朝倉景鏡に裏切られ自刃します。
P1380880.jpg

 義景は六坊賢松寺にて自刃したと伝わっていますが、その賢松寺はすでにありません。
P1380881.jpg

 どこにあったかという正確な位置もわからないとのことで、この墓所が自刃の地ではないそうです。
P1380882.jpg

 墓所は1800年に子孫によって建てられたものを1822年に現在の位置に移されたとのことです。
P1380884.jpg

 自刃した義景はどうなったかと言いますと、首級は京都でさらされたました。
P1380885.jpg

 そして、金箔を施され浅井親子の髑髏と共に家臣に披露されたとの事。
P1380886.jpg

 この時、その髑髏を杯にして酒を飲ませたというのは有名な話ですね。
P1380887.jpg

 どうやらそれは後にできた作り話のようですが。
P1380888.jpg

 裏切った景鏡は義景の母や側室、子の愛王丸ら朝倉一族の助命を条件に降伏したのですが結局それは無駄となりました。
P1380890.jpg

 一族は信長の手によりことごとく虐殺される結果となったのです。
P1380892.jpg

 唯一、義景はそのまま本領を安堵されるのですが、その後頻発した一向一揆と反乱軍の攻撃で戦死してしまったそうです。
P1380893.jpg

 武田信玄の病死。
P1380895.jpg

 そして朝倉氏の滅亡。
P1380896.jpg

 孤軍奮闘状態だった浅井も滅亡することになり、織田信長は尾張美濃をはじめ、近江越前若狭、そして京都を押さえることになり一大勢力を誇ることになります。
P1380897.jpg

 織田包囲網の瓦解は100年続いた戦国時代の終焉を意味し、
P1380900.jpg

 一気に統一へと動き出したわけですね。
P1380901.jpg

 さあ、場所は変わって次の目的地です。
P1380902.jpg

 せっかく墓所のすぐ近くにあるのですから越前大野城も寄らなければ。
P1380904.jpg

 てなわけで、再び山登りに出発です・・・^^;
P1380905.jpg


 つづく><
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 永平寺 大野 あぜ川 義景公園 朝倉義景墓所

コメント

撃沈!

一昨日、無事北信越の旅、無事書き終わりました。
66+FINALでの終了ということで我が旅ブログ最長となりました。
しかし、社員旅行のその1を書いてる途中で小人さんが降りかけてきましたので、急いで書き上げ速攻で寝ました。
昨日は・・・帰って夕食食べてさあ旅日記を書こうというときに撃沈。
小人さんの訪問もなく完全に落ちてしまいました。
再び意識が戻って時計を見ると3時^^;
よく寝た・・・
その後、お風呂に入って二度寝です。
風邪ひかなくてよかったよ^^;
その分、本日はがんばりました。
休みでしたからね。
午前中は洗車。
午後からは旅日記を書いてその4まで書き上げました。
明日は仕事。
さっさと寝ましょうかね。
お休みなさい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ