プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:北信越2000kmの旅
~前回のあらすじ~


 義景墓所のすぐ近くにある越前大野城。
P1380990.jpg

 朝倉景鏡の拠点がこの大野と言うことで大野城と何か縁があるのかと思ったのですが・・・
P1380919.jpg

 何の縁もありませんでしたねw
P1380968.jpg

 築城は当時の織田家臣、金森長近が長篠の戦いや一向一揆鎮圧での武功からこの大野に所領を与えられそこに築城したのが始まりです。
P1380962.jpg

 残り時間も少なくなってきていた関係で一気に山を登り、一気に山を下りました。
P1380926.jpg

 標高250m。
P1380926.jpg

 登って拝観して下って、計30分。
P1390016.jpg

 さすがに気合い入りました^^;
P1380994.jpg




 3時30分、大野離脱です。
P1390029.jpg

 一部区間、通行止めの表示がでていますが祭りのために歩天になっているようです。
P1390030.jpg

 さあ、一気にペースを上げていきますよ!
P1390031.jpg

 で到着間際、右手に巨大な建物発見・・・
P1390041.jpg

 城?
P1390043.jpg

 さあ、日本一大きな大仏殿も見えてきましたw
P1390046.jpg

 そして日本一大きな五重塔も見えてきましたっw
P1390049.jpg

 はい、到着です。
P1390050.jpg

 無料無料と大きく書かれてますが、料金所のゲート後もあり以前は金取っていたようです・・・
P1390051.jpg

 意外と車が駐まっていると驚いたのですが、無料駐車場ですからね。
P1390052.jpg

 越前大仏の清大寺ではほとんど人を見ることはありませんでした。
P1390054.jpg

 とりあえず地図。
越前大仏%%http://maps.google.co.jp/maps?q=36.053644,136.519321+(%E8%B6%8A%E5%89%8D%E5%A4%A7%E4%BB%8F)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%36.053644%%136.519321%%14

 そしてルート。
P1470475.jpg

 門前町だそうです。
P1390057.jpg

 シャッター通りです^^;
P1390058.jpg

 真夏ですが、お盆ですが・・・寒><
P1390059.jpg

 五重塔が見えますね、東寺を抜いて日本一の高さだそうです。
P1390064.jpg

 拝観料は500円です。
img352.jpg

 以前は3000円もしていたそうで^^;
img351.jpg

 大門だそうです。
P1390065.jpg

 普通の寺で言うところの山門?
P1390067.jpg

 さらに奥には中門。
P1390072.jpg

 ああ、仁王が立ってるから仁王門?
P1390083.jpg

 とりあえず何もかもでかいです。
P1390086.jpg

 それは認めます。
P1390088.jpg

 でも何か悪趣味な香りがするんですよね~^^;
P1390089.jpg

 以前は五重塔でさらにお金を取っていたようですね。
P1390091.jpg

 そら観光客も来ないだろう。
P1390094.jpg

 4階までエレベーターを使いそこから階段で最上階へ。
P1390096.jpg

 一応仏様が祀っています。
P1390097.jpg

 さすがに景色はいいですね。
P1390098.jpg

 こうしてみると大仏殿の大きさも実感できます。
P1390109.jpg
 さっき見た城ですね。
P1390104.jpg

 日本一巨大な天守閣、勝山城博物館・・・言ってて恥ずかしくないのだろうか^^;
P1390112.jpg

 石垣の所に龍のレリーフがあったりして、すごく悪趣味です。
P1390116.jpg

 歴史的根拠は何もなく、どうやら地元の有力者が建てて寄付したようですが・・・
P1390119.jpg

 中国の国宝を模したという九龍壁だそうです。
P1390123.jpg

 そして大仏殿来たー!
P1390135.jpg

 いや、もうこの時点で帰りたくて仕方ないって気分です。
P1390137.jpg

 子供の頃、マンガやアニメで見た成金悪役の住まいがまさにこんな感じ。
P1390145.jpg

 幼い日の思い出がオーバーラップされます。
P1390141.jpg

 まあ、そのイメージも決して間違いではないのですが。
P1390160.jpg

 ほとんど人を見ることがなかった清大寺ですが外国人グループが歓声を上げながら見ていました。

 頼むからこれが日本の文化だと思わないでくれよ・・・

 もっといいところ沢山あるのになぜわざわざここに来る;;

 と思わず、その外国人の人たちに言いたくなっていた松村でありました。

 抵当に入って競売にかけられた(買い手がいなかったんですよね?)五重塔と、ほとんどの店のシャッターが降りてる自称門前町と、そして数人しかいない観光客。
P1390162.jpg

 話のネタにはなりますが、次にもう一度訪れようという気にはなりませんね^^;

 さあ時間は4時30分、ここに来る途中で気になる看板を見かけましたしそこへ行ってみましょうかね。
P1390164.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 北信越 勝山 清大寺

コメント

社員旅行、終了!

社員旅行、FINAL完了です。
ついでにサイクリングの旅、その1も勢いに任せて書き上げました。
サイクリングの旅は来年5日からのスタート予定です。
ちなみに本日の旅に日記、北信越の旅、その62ですが清大寺をこきおろしてますが、勢い余って勝山市までこきおろすような文章になってしまっています。
しかし、これはその63への伏線と言うことでご了承ください。
勝山市は世界でもっとも美しい都市として9位に選ばれたほか、その63で訪れる場所は日本で唯一、そして世界三大○○の一つでもあるすばらしい場所でした。
いや、マジで感動しましたがその様子は明後日お送りします~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ