プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:紅葉の京都を歩く
 ~前回のあらすじ~


 せっかくここまで来たら素通りは出来ませんよね。
P1470179.jpg

 寄りたい場所は他にあったのですが、この後立ち寄る場所の中で知名度は群を抜いています。
P1470182.jpg

 そう、訪れたのは三十三間堂。
P1470215.jpg

 今更ですが初なので。
P1470221.jpg

 何事にも初はある、てなわけで途中で見飽きてしまうくらいの強烈な量の千手観音像を拝むことが出来ました。

 1001躯とのことですが、修復中で空席も結構あったので正確な数字ではないでしょう。
P1470210.jpg




 三十三間堂を出て斜め向かい。
P1470226.jpg

 本来行きたかったのはこちら。
P1470227.jpg

 養源院です。
P1470229.jpg

 地図を見るとどれだけ近いかよくわかりますね。
養源院%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.987947,135.773608+(%E9%A4%8A%E6%BA%90%E9%99%A2)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%34.987947%%135.773608%%16

 このお寺、淀殿が父である浅井長政の供養のため秀吉に頼んで建立されたお寺です。
P1470231.jpg

 その後戦災で焼けるも今度は妹の江が夫の秀忠に頼んで再建されました。
P1470234.jpg

 その後は徳川家の菩提寺として今に続きます。

 その時に伏見城から移築されたのが本堂ということになります。
P1470237.jpg

 その本堂には血天井がありまして、以前このブログで紹介したのは岐阜城の血天井でしたね。
P1470238.jpg

 今回のは伏見城です。
P1470239.jpg

 関ヶ原の前哨戦、伏見城の戦いで鳥居元忠以下1800人の兵が篭城戦を行いましたが西軍4万に包囲され落ちてしまいます。
P1470240.jpg

 しかしその兵力差でも10日以上持ちこたえ、落城のきっかけは城内の甲賀衆の内通だったと言うことですからすさまじいものです。
P1470241.jpg

 結局鳥居元忠らは自刃しますが、その後遺体は猛暑の中9月、関ヶ原の合戦決着までの一ヶ月近く放置されたため、その血天井には生々しく跡が残っています。

 その血天井がこちら。
P1470243.jpg

 天井の端から端まで自害した兵達の血の後が均等に並んでいます。

 みんな一列に並んで一斉に自刃したのでしょう。

 案内の方が説明してくれるのですが、こっちが胴体、足がこれで腕がこれ。

 こっちが・・・

 なんて一つずつ説明してくれます^^;

 元忠がこちらです、かれは足が悪かったために足がこちらにのばしていますね、うつむくような格好になっていました・・・なんて感じです^^;

 上の写真の中央がその元忠自刃の後です。

 さらに上の写真の襖絵は俵屋宗達作の重文です。

 正直、想像以上に生々しくちょっと気分が悪くなりました。

 建物も保存の観点からでしょう、非常に暗かったので余計でした。

 外に出てほっと一息。

 今回、高台寺と共に特に来たかった場所でしたが、ちょっとすごかったですね。

 すごかったといえば、この紅。
P1470245.jpg

 今回の旅で一番紅葉が美しかったのがこの養源院でした。
P1470246.jpg

 紅葉自体も美しかったんですけどね。

 何より落ち葉によってつくられた真っ紅な絨毯がとても幻想的でした。
P1470248.jpg

 で、せわしなくなってますが仕方がありません。

 養巌院を出るとすぐに次の目的地です。

 そう、日本一の大天狗のお墓参りです。
P1470249.jpg

 地図です。
後白河天皇陵%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.987477,135.773221+(%E5%BE%8C%E7%99%BD%E6%B2%B3%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%99%B5)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%34.987477%%135.773221%%18

 この人が平安末期、日本を混沌の渦に巻き込んで、結局武家政権を誕生させたきっかけになったんだよ~なんて言ってたら、雨が降り出しました。
P1470250.jpg

 トド君あわてます。

 あやまっとけ、あやまっとけ。
P1470251.jpg

 悪口言ってるから雨降り出したじゃないか。

 って感じですw
P1470252.jpg

 私も慌てて稜前で手を合わせて謝罪。

 あの時代、今の世にも語り継がれるドラマチックな物語を演出したのは紛れもないこの方ですしね。
P1470254.jpg

 ありがとうございます!

 やっぱり、この人のお墓参りはしておかないとね。
P1470256.jpg

 次はGWに頼朝のお墓参りでぃ!


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 養源院 後白河天皇陵

コメント

超久しぶりの後書きです・・・

本当にご無沙汰していました後書きです^^;
なかなか手が回らずにしばらくお休みしていましたね。
今後もお休みが続きそうです><
ちなみに現在私は年度末まっただ中です。
このクソ忙しい時期に国のアホな政策のおかげで、儲けもないETC特需に振り回され大混乱中の我が社です・・・
ほんま、麻生ええ加減にせえよ・・・
普段、高速使って旅をしている私などは今回の特別割引は旅の大きな障害となる大変迷惑な政策です。
今度のGW、東海道の旅はどうなるか想像も付きません。
そして場合によっては盆の東北の旅は不可能になるかもしれないと今から戦々恐々としている所です・・・

とまあ、そんなことのためにわざわざお休みしていた後書きを復活させたわけではなく^^;

5月からNHKで新たな街道てくてく旅がやるそうです。
去年はお遍路ということでとても楽しく見させてもらいました。
それが今年もやるそうです。
どこ歩くのかなと思っていたら、旧山陽道だそうです。
大宰府から奈良まで春と秋、2回にわけてやるそうです。
おお~、見所一杯じゃん。
今からすごい楽しみです!
・・・ん?
旧山陽道?

・・・我が家の目の前の道、それって山陽道じゃん。
ってことは?
我が家の目の前通過するんだ^^;

ってそれが書きたかっただけなんです、はいw
ちなみに旅日記の方は正月の旅を書いてます。
京都の旅は終了目前。
次のお遍路の旅は10回+FINALでしたが間にグルメや安土が入るため薩摩の正月の旅は4月下旬からのスタートとなります。
もうちょっと待ってやってください。
それからもうすぐ我がブログは3周年。
4月2日なんですよ。
その日は岡山市、政令都市移行記念ということで再び探検隊全員集合。
三人で後楽園、岡山城、そして隣の総社市になりますが鬼ノ城などを自転車で回る予定です。
3年目にして初の記念日の旅です。
そちらもお楽しみに!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ