プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:四国巡礼・7箇所巡り
 ~前回のあらすじ~


 朝日を浴びながら瀬戸内海を渡ります。
P1470502.jpg

 見事な天気を堪能しつつ与島で朝食を取るために寄ったのですが・・・
P1470508.jpg

 スナックコーナーは閉まっていて結局自販機のカップヌードル;;
P1470530.jpg

 それでも素晴らしい風景も見ることができましたしまあOKかな。
P1470538.jpg

 前回霞んで見づらかった讃岐富士も今日はばっちり!
P1470559.jpg

 そんなこんなで8時45分、最初の目的地に到着です!
P1470576.jpg




 本日最初に訪れたのは七十七番札所、道隆寺です。

 地図はこちら。
道隆寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.276780,133.762696+(%E9%81%93%E9%9A%86%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.276780%%133.762696%%17

 久々ですね~、ここまでのルートです。
P1520933.jpg

 さ~て、それではいっちょ行ってみましょうか!

 って先輩、なかなか車から出てきません。
P1470577.jpg

 しかも車から出てきてもごそごそとなにやら準備をしています。

 この人は何やってんだろうと思ったら・・・

 おっさん、フル装備かよ><
P1470591.jpg

 なんだか抜け駆けされたようで悔しいな。

 と思ったら目の前に店があります。
P1470581.jpg

 とりあえず金剛杖だけでもと言うことになり店に入ったのはいいのですが・・・

 出てきたときには。

 もちろん金剛杖。
P1470584.jpg

 そして納経帳と経本。
P1470585.jpg

 着用白衣までゲットで私もフル装備w
P1470590.jpg

 そりゃじゃ、気合いを入れて行きますか!
P1470586.jpg

 で、先輩に一通り作法を教えていただきます。

 まず、金剛杖。

 この杖には弘法大師が宿っているといわれます。

 ですので決して粗末に扱ってはいけない、自分が休む時もまずは杖を置いてから自分が座る、橋の上で杖をつかない等色々ルールがあるみたいです。

 また杖は右手に。

 でも武士のタマシーは左の腰に、刃先を地面に突いてはいけない。

 とまあ、剣道やってた私にはその習慣がすっかり染みついてしまっていて、気がついたら左手に、しかも杖はもったまま地面に突かずに歩いてしまいます^^;

 でその日のお参りを開始する前にまずはその杖に、

「南無大師遍照金剛」

と唱えることによって、ただの棒っ切れだったのが弘法大師の宿る金剛杖になると言うことだそうです。

 そして入り口の山門でまずはお辞儀。

 水屋で手と口を浄めますが私は口に含むにはどうしても抵抗があるので真似だけです。

 先輩から鐘を打つ説明は全くなかったために、すべてスルーですw

 まずは本堂から。

 ろうそくに火を付けて、他人の火をもらうのは業も一緒に背負うことになるそうで御法度とのこと。
P1470599.jpg

 その火を使って線香をあげます。
P1470601.jpg

 さて、これが納め札。
P1470593.jpg

 日付と名前、簡単な住所を書いて裏にはお願い事を書いていきます。
P1470596.jpg

 悩んだすえ私は諸願成就w

 欲張りなのw

 で、この中に入れるのですがカラフルなものがありますね。
P1470597.jpg

 色によって八十八カ所を回った回数を表すそうでゴールドなんてのもあります。

 お賽銭を入れてお経を一通り読んで。
P1470598.jpg

 それが終わったら今度は大師堂へ。

 ここでも同じ事を繰り返します。

 違う点といえば本堂では本尊に合わせて真言を唱えますが大師堂は名の通り弘法大師祀っているので真言は唱えないそうです。

 一通りやるのに結構時間がかかってしまいます。
P1470600.jpg

 これが終わったら最後に納経所へ。

 ここで御朱印と御影札をいただいて終了です。
P1470606.jpg

 基本は三百円なのですが先輩はカラーの御影を別に頂いて二百円余分に払ってました。

 これが御朱印のスキャン。
img388.jpg

 罰当たりという無かれ、お心ですから。

 こちらは御影札です。
img389.jpg

 これから先、長い時間をかけて残り八十七枚集めていきます。
P1470610.jpg

 で、あとはのんびりお寺を見て回るわけですが・・・
P1470616.jpg

 七ヵ所めぐった後、時間があれば雲辺寺とか銭形砂絵とか行きたいって話をしていたのですが、現在すでに九時半。
P1470621.jpg

 ここに付いてからすでに45分経過です。
P1470626.jpg

 こんなペースで七ヵ所ってそれだけで1日仕事になりません?

 てか忘年会に間に合うのか私?
P1470627.jpg



 つづく><
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 四国 お遍路 香川 道隆寺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ