プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:読み切りの旅
 ~前回のあらすじ~


 一年ぶり、藤公園に参上です。
0905121343_DSC_7330.jpg

 何をしに?
0905121320_DSC_7151.jpg

 もちろん藤を見に・・・

 三日前は満開だったんですけどね。
0905121335_DSC_7287.jpg

 桜といい今年は満開になってから散るまでがあっという間ですね^^;
0905121328_DSC_7212.jpg

 いや、藤は遅すぎだろ?
0905121329_DSC_7233.jpg




 藤公園を離脱、ものすごい山道に突入です。
P1560977.jpg

 これから向かうのは岡山藩大名、池田宗家の墓所です。
P1560990.jpg

 てかここから岡山まで何キロあると思ってんの・・・
0905121434_DSC_7439.jpg

 お墓参りも大変だろうに光政さん、もうちょっと考えましょうや^^;
0905121436_DSC_7442.jpg

 ここも本日トド君ご推薦の場所です。
0905121436_DSC_7444.jpg

 以前、わざわざ一人で来たそうで、なんて物好きな・・・
0905121437_DSC_7449.jpg

 って私が言うな?
0905121437_DSC_7451.jpg

 いや、私は別にお墓参りが好きな訳ではないので。
0905121438_DSC_7453.jpg

 でもここ、戦国大名の池田輝政のお墓もあるんですよね。
0905121439_DSC_7456.jpg

 京都の菩提寺が炎上したのをきっかけに当時の藩主、光政がこの地に改葬したしたそうです。
0905121447_DSC_7467.jpg

 ですので数ある輝政の墓所の中でも実際に遺骨が埋まっている本物のお墓だそうです。
0905121450_DSC_7475.jpg

 本物とか偽物があるのかって話ですが、こういっては何ですがいろいろいったお墓の中でも静御前の墓なんていかにもバチモン臭いですしね。
0905121451_DSC_7480.jpg

 去年訪れた春日山林泉寺の謙信墓も上杉家転封の際に中身も移され、現在は米沢ですね~。
0905121457_DSC_7492.jpg

 てなわけで距離にして約一キロ。

 一のお山、池田輝政墓に到着です。
0905121459_DSC_7498.jpg

 規模は小さいですが前田家と同じようなお墓ですね。
0905121500_DSC_7501.jpg

 つまり円墳っていっていいのか?
0905121504_DSC_7504.jpg

 慶長18年正月(1月)25日、輝政の命日ですね。
0905121505_DSC_7510.jpg

 しっかり手を合わせ賽銭を入れた後、次へ行きましょう。

 とりあえず、目標は光政墓所。
0905121510_DSC_7519.jpg

 ほかはムシムシ。

 しかし地図もなくよくわからないので、とりあえず石畳になった道を突き進んでいきますw
0905121510_DSC_7521.jpg

 すると次のお墓を発見。
0905121511_DSC_7523.jpg

 光政か?!
0905121512_DSC_7529.jpg

 利隆とその婦人、てことは二のお山ですね。
0905121512_DSC_7525.jpg

 さくっと次へ向かいましょう。
0905121513_DSC_7533.jpg

 入り口のあまりにも簡単すぎるイラストマップを見ると、それぞれのお墓が一から七までのお山に点在しているとのこと。
0905121514_DSC_7535.jpg

 どんな広い墓所なんだと思っていたのですが、一のお山と二のお山は数分でたどり着きました。
0905121515_DSC_7538.jpg

 さらに二分ほどで次のお墓発見。
0905121516_DSC_7541.jpg

 こちらは慶政とその婦人ですので四のお山ですね。
0905121515_DSC_7539.jpg

 さらにすぐ隣にもお墓発見。
0905121517_DSC_7547.jpg

 五のお山、茂政です。
0905121518_DSC_7549.jpg

 10分ほどの間に立て続けにお墓を発見しました。
0905121518_DSC_7551.jpg

 でも本音を言えば、光政だけで充分なですけどね。
0905121521_DSC_7556.jpg

 ちなみにせっかく岡山の偉人なので紹介しておきましょう、第3代藩主光政のお墓です。
0905121524_DSC_7558.jpg

 このお方、日本初の藩校、花畠教場を開講したお方です。
0905121524_DSC_7559.jpg

 また岡山県で二つ存在する国宝建築物のうちの一つ、世界最古の庶民学校である和気・閑谷学校を開いた人でもあります。
0905121529_DSC_7572.jpg

 干拓でも功績を残し、我が家の近所に流れている人工河川、百間川をつくり干拓をおこない現在の岡山の礎を築いた人です。
0905121531_DSC_7576.jpg

 ちなみに江戸期に岡山で目新しい文化が発達しなかったのも、ある意味このお方が原因なのかも。
0905121536_DSC_7582.jpg

 教育の充実と質素倹約を旨とする備前風と言われる政治姿勢を打ち出したのですが、結果として娯楽があまり発展しませんでした。
0905121538_DSC_7585.jpg

 ですので歴史的に古いお祭りは岡山ではほとんど無く、有名なところでは西大寺の裸祭りくらいですかね。
0905121541_DSC_7589.jpg

 水どころ、米どころですが全国区な銘酒も少ないです・・・てかあるの?
0905121542_DSC_7591.jpg

 岡山の郷土料理、祭り寿司と呼ばれるばら寿司はその質素倹約の中から生まれた料理でもあります。
0905121543_DSC_7594.jpg

 まあ、いろいろありますが水戸藩主・徳川光圀、会津藩主・保科正之と並び江戸初期三名君の一人とたたえられた池田光政です。

 江戸時代、岡山は十指に入る大都市でもありました。

 現在池田宗家は京山の動物園を経営しています。

 地元では今でも池田の殿様といわれています。

 てなわけで本日のお墓参り終了です!

 次はその光政が開いた閑谷学校へ二年ぶりに行ってみましょう!


 完!

 ってつづくんじゃないのか?

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 和意谷 池田宗家墓所 池田輝政墓 池田光政墓

コメント

Re: お酒~

トド君いらっしゃい。
書き込みありがとう。

そうだね、今はどこでも地酒とかいろいろあるからね。
名産名物を作ろうとどこも必死だからね~。
岡山へお酒を飲みにって人は、日本中探してもほとんどいないだろうけど、いつの日かそんな銘酒が生まれたらいいね。

ちなみに学生時代、利き酒が趣味でソムリエを目指すんだなんて訳のわからない事を言っていた後輩がいましたが、地元酒造の大吟醸で750mlが1万円超える日本酒をよく一緒に飲もうと持ってきてくれました。
変なやつでしたが、そのお酒だけはすばらしかったのをよく覚えておりますw

お酒~

一応、軽く調べた所 、新酒評議会やモンドセレクションで金賞とか、あるようす。銘酒じゃないけど、酒米の雄町米とか有名だそうで、なお、H18年3月の時点で清酒製造免許場の数は73で全国6位だそうです。
詳しい銘柄は他のかたへお任せ
m(__)m
以上、ビールより、日本酒か焼酎な「とど」でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ