プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:霧島・黒豚・桜島の旅
 ~前回のあらすじ~

 鹿児島城、別名鶴丸城に到着です。
P1490631.jpg

 屋形造の簡素な造りは77万石の大大名にしてはあまりに寂しいお城です。
P1490655.jpg

 しかし幕府への配慮と外城制度を考えれば納得いきます。
P1490699.jpg

 書院造りの御殿があった本丸はかつては篤姫も暮らした大奥もありました。

 鉄筋コンクリートの資料館や図書館が出来ていますが、77万石の壮大な本丸御殿を再建してほしかったです・・・
P1490657.jpg

 なんにしても100名城、二つめのスタンプゲットだぜ!
P1490668.jpg





 時間はいつのまにやら11時40分を過ぎています。
P1490703.jpg

 予定からはかなり遅れています。
P1490711.jpg

 本当なら駐車場に戻った後、島津家墓所や月照上人のお墓がある南洲寺に行きたかったのですが、この段階ですでに不可能になってきました。
P1490718.jpg

 昨日の打ち合わせで午後からは指宿へ行くことになったので、本来なら今の時間ここにいるのもすでに手遅れ感がいっぱいです^^;

 ここで指宿をばっさりカットする決断をすればよかったのですが、無理でした^^;

 ならばせめてこれだけでもと言うことで、西郷隆盛像です。
P1490724.jpg

 せっかく鹿児島まできたのですからせめてこれだけは見ておかないと。
P1490726.jpg

 案内を見ると道路の向かいに撮影ポイントがあると言うことで陸橋を使って行ってみました。
P1490728.jpg

 遠いよ^^;
P1490732.jpg

 ズーム!
P1490735.jpg

 すぐそばには帯刀像もあるはず。
P1490737.jpg

 あったあった。
P1490739.jpg

 こちら、薩摩藩家老の小松清廉。
P1490742.jpg

 こと、篤姫ですっかり有名になった小松帯刀ですね。

 この方、一番大事なときに病気になってしまい西郷、大久保の影に隠れてしまいましたね。
P1490749.jpg

 飛ぶが如くでも知らないうちにフェードアウトって感じでしたし^^;
P1490750.jpg

 そしてラスト!

 食事前、離脱前にもう一カ所寄っておきましょう。

 月照上人の遺跡の碑です。
P1490752.jpg

 お墓参りが出来ないのでせめてこれだけでも^^;

 月照上人が薩摩にきてから日向送りになるまでの間、過ごした旅館の跡地です。
P1490754.jpg

 西郷は彼を保護して薩摩へ迎え入れたにもかかわらず、藩から日向送りを命じられました。
P1490755.jpg

 これはすなわち国境で月照上人を切り捨てろとの意味。
P1490756.jpg

 彼は月照上人とともに錦江湾で入水するも上人だけ亡くなって、西郷は生き残ってしまいます。
P1490758.jpg

 島津斉彬が亡くなった時、殉死しようとした西郷を説得したのは月照上人でした。
P1490759.jpg

 西郷隆盛の最後は自刃、戦死など様々な説がありますが、私は自刃はしていないんじゃないかなと思います。

 その理由は、彼が自らの意に反してこの時生き残ってしまったから。

 そして、生きることを選んだから。

 自らを天命の全うするために生きている。

 死するときは自らの意志ではなく天命によって。

 そんな気持ちがあったのではないでしょうか。

 とまあ、堅い話になってしまいましたが離脱前にお昼ご飯をとりあえず食っていきましょうw

 鹿児島と言えば黒豚!

 前日は豚しゃぶだったので、今日はとんかつだ!
P1490762.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 薩摩 鹿児島 西郷隆盛像 小松帯刀像 月照上人の遺跡の碑

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ