プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:霧島・黒豚・桜島の旅
 ~前回のあらすじ~

 旅最後の朝、まだチェックアウトもすませていないのに、いきなり本日最初の立ち寄り地。

 青井さん到着です。
P1500157.jpg

 2008年6月に国宝指定されたばかり、青井阿蘇神社。

 地元では愛着を込めて青井さんと呼ばれているそうです。
P1500193.jpg

 茅葺屋根と言えば本殿等で時々見ることはあります。
P1500205.jpg

 諏訪大社とか。

 しかし楼門から拝殿から弊殿と茅葺って始めてみました。
P1500194.jpg

 でも本殿は流造りの銅板葺ってところがいい味出してます。
P1500208.jpg




 青井阿蘇神社を離脱。
P1500234.jpg

 ここから戻るつもりでしたが、旅館から青井さんへ行く途中、人吉駅が見えて意外と近いことを発見。
P1500237.jpg

 帰りに寄ってみることにしました。
P1500239.jpg

 いや、別に駅を見るためとか列車を見るために寄ったわけではありません。

 何より、SL人吉号はこの年の春からのはずですし。

 私が見たかったのはこれ、からくり時計!
P1500244.jpg

 って時計見たら8時過ぎてる・・・
P1500251.jpg

 しかもよく見たら9時からでした><
P1500252.jpg

 一時間も待てるか!

 ってなわけで旅館に戻ろうとしたのですが、駅の向かいの岩肌に何か見えます。
P1500253.jpg

 なんだろ・・・

 駅をぐるりと回り、踏切を発見したので駅の裏口に回ってみました。

 帰りに気がついたのですが、駅の陸橋をそのまま抜けられました^^;

 まあ、そんなことはどうでもいいとして、遠回りして見つけたのは・・・穴?
P1500269.jpg

 岩肌に人工的な穴が空いてます。
P1500274.jpg

 以前も書いたように、私は史跡の中でもとりわけ石窟・岩窟系に思い入れのある人間です。
P1500278.jpg

 とはいえこれはいったい何だ?
P1500288.jpg

 墓?
P1500291.jpg

 住居跡じゃないだろ^^;

 コンデジを思いっきりズームにして液晶をのぞいてみると・・・絵?
P1500300.jpg

 何だこれは!
P1500302.jpg

 大村横穴群と名の付いたこの史跡、古墳時代後期のお墓だそうです。
P1500310.jpg

 地図を見ても本当に駅のそばです。
大村横穴群%%http://maps.google.co.jp/maps?q=32.216649,130.753548+(%E5%A4%A7%E6%9D%91%E6%A8%AA%E7%A9%B4%E7%BE%A4)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%32.216649%%130.753548%%16

 しかもこのお墓、20数基ある中の7基に装飾が施されていて、かなり以前から国指定の史跡となっているようです。

 すげぇ~、古代ロマンだ。
P1500308.jpg

 まさか、こんなところで古代の壁画を間近にお目にかかれるとは思っていませんでした。
P1500309.jpg

 もうかぶりつきです。
P1150907.jpg

 所々、落石のため立ち入り禁止があったのがすごく不満でしが・・・
P1500319.jpg

 こんな感じで寒さに震えながらも骨の髄まで楽しんだ私・・・
P1150903.jpg

 私だけ?

 帰り道はばっさりカットで、午前9時旅館をチェックアウトしていよいよ本当の出発です!
P1500122.jpg


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 熊本 人吉 人吉駅からくり時計 大村横穴群

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ