プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:霧島・黒豚・桜島の旅
 ~前回のあらすじ~

 人吉城を出た私たちは100名城のスタンプをゲットするために人吉城歴史館へ。
P1500538.jpg

 相良清兵衛の家老屋敷跡に建てられた資料館。
P1500533.jpg

 その資料館の地下には井戸を配した地下遺構が発掘されました。
P1500552.jpg

 何に使ったのか全く資料が残っていない謎の地下施設。
P1500541.jpg

 秘密基地?

 いやいや、地元ではキリシタンの礼拝堂だというのが一般的な説のようですが・・・
P1500546.jpg




 いったん人吉城を離れて次なる目的地に歩き始めた私たち。

 本当は車で行く予定だったのですが、地図を見ると結構近く感じたので・・・
人吉武家屋敷%%http://maps.google.co.jp/maps?q=32.208725,130.759076+(%E4%BA%BA%E5%90%89%E6%AD%A6%E5%AE%B6%E5%B1%8B%E6%95%B7)&hl=ja&ie=UTF8&z=19%%32.208725%%130.759076%%19

 その途中で門発見。

 人吉城の遺構で唯一現存する堀合門です。
P1500588.jpg

 ちなみに武家屋敷として中を見学できるとの事で入ってみることにしました。
P1500589.jpg

 私的には焼酎アイスってのにすごく心惹かれる物があったのですが、とにかくお酒に弱い私。
P1500590.jpg

 そして運転手でもある私;;
P1500592.jpg

 ウイスキーボンボンでもやばそうですから、ここはパスでしょう^^;
P1500595.jpg

 ちなみにこの武家屋敷。
P1500597.jpg

 西南戦争中、西郷隆盛も宿舎としても利用したとのことで見学することにしたわけですが・・・

 この建物自体は藩主の御仮屋を明治時代に移築された物だそうで、西郷隆盛が宿泊した建物は西南戦争で大砲が撃ち込まれて現存してないそうです。
P1500602.jpg

 おいおい、話が違うじゃん^^;
P1500605.jpg

 とはいえ、建物としては築200年から150年との事。
P1500607.jpg

 茅葺屋根の立派な建物で間道があり二階へと上がれるようになっていました。
P1500610.jpg

 武家屋敷はいろいろ見てきましたがこういうのは初めてだったのでちょっとワクワクw
P1500611.jpg

 ただ、後ろを歩くトド君。
P1500617.jpg

 床抜けそうでやばいよ^^;
P1500621.jpg

 ちなみにこの武家屋敷。
P1500624.jpg

 人吉では現存する唯一の物になるそうです。
P1500631.jpg

 そしてこの庭園は東海道五十三次を模った物といわれるそうです。
P1500634.jpg

 いや、私にはサッパリわかりませんでしたが^^;
P1500637.jpg

 案内の人がいろいろと説明をしてくれて屋根裏に案内してくださって。

 縁側に座ってしばらく庭を眺めた後、本来の目的地へ。

 ちなみにこれが重文の堀合門です。
P1500635.jpg

 さて、それでは本来の目的地に向かっていきましょう。
P1500638.jpg

 高千穂の旅の時からずっと行きたかった場所。

 通称、幽霊寺です!
P1500639.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 熊本 人吉 武家蔵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ