プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:姫路城攻略の旅
※お知らせ

現在、ファイル使用量が上限付近の990MBまで行っています。
そのため、古い記事より順次画像を縮小しています。
大変見づらいと思いますがご了承ください。

もしよろしければ、別館にてVGAサイズで同じ内容をアップしてますのでそちらもよろしくお願いします。

別館はこちらです
↓↓↓↓
松村博司の旅行ブログ


 二日間の休憩を挟み、姫路城攻略再開です。

 で、おさらいすると7月8日、朝7時40分に岡山を出発した私とトド君。

 竜野西SAで休憩を挟み、姫路城前の追手門パーキングに車を止め、まずは好古園へ。

 暑さですっかり蒸し上がった私たちは休む暇の無く姫路城へ。

 11時過ぎ、姫路城を出た私たちは正面のおみやげ屋さんで昼食を取り特上穴子丼に舌鼓~。

 そしてお腹もふくれいい気分になったところで書写山へ。

 ロープウェイで中腹まで、そこからは徒歩で山登り。

 30分かけて書写山圓教寺へ。

 さらに歩きくたくたになった私たちは雨に追い出されるように急いで下山。

 その後、たつの市観光をあきらめ、そのまま赤穂へ。

 やっとの思いで到着した赤穂城、そこはいたる所工事中でしたとさ・・・^^;
001

 龍野城にしとけばよかった;;

 さて、やっとこさで本来の目的地、本丸後の看板が出てきました。
002

 やれやれ^^;

 しかし、まだまだ歩くことに^^;
003

 二の丸門跡地。
004

003

 このあたりも工事中のよう。
005

 写真は取り忘れてしまったのですが、どうやら屋敷跡を含めたこの辺り一帯、整備して日本庭園にする計画があるようです。

 どうやら来る時期が早すぎたようです^^;

 工事完了後の絵が載っていましたがかなり大規模な公園になるようです。

 感じとしては午前中行った好古園のような物になるのでしょうか。

 あそこも発掘調査の後、復元された庭園です。

 なるほど、将来楽しみです。

 これが完成した暁には再びここを訪れたいですね。

 そしてやっと到着の本丸跡。
006

 で~ん!
007

 なかなか渋いですね。
008

 でも堀は・・・
009

 この水は何とかならんもんだろうか^^;
010

 水が赤く見えるのは気のせいでしょうか・・・

 で、中にはいるとこんな看板が。
011

 らっき~!

 てな訳で石段の上からの眺め。
012

 正面奥に見えるのが天守台です。

 手前の敷き詰められたコンクは屋敷跡地。

 無料開放された中身w
013

 興味のない私たちにとっては今ひとつ・・・

 今年の冬は忠臣蔵を見よう、そう心に誓うのでありました><

 そして屋敷跡地をじっくり見ます。
014

 岡山城は色分けされてたりしてわかりやすかったのですが、赤穂城はちとわかりにくいです^^;

 中から入り口を撮影。
015

 ゴミ焼き場に見えた^^;
016

 実はこういう事。
017

 好古園を見た後だけに・・・もう少し何とかならないだろうか^^;
018

 気を取り直して天守台に上っていきます。
019

 なんだかえらいことになっています。
020

 草がぼうぼうですがこれでいいのか?

 天守台から。
021

 今ひとつセンスに欠けるような気が・・・

 なるほど、御屋敷跡のコンクのブロックが景観を悪くしているんですね^^;

 あまり見る物もなく、心惹かれる物もなくとぼとぼと赤穂城本丸を後にします。

 この方はどなた?
022

 神社が見えてきたので立ち寄ってみました。
023

 大石神社です。

 どうやら今日はお祭りのようです。
024

 でも屋台はまだ準備中;;

 ずいぶんにぎわっていますね。
025

 浴衣の着付けサービスなどもあり、男女問わず浴衣を着ている人が目立っていました。

 で、祭殿。
026

 建物新しすぎ^^;
027

 宝物殿。
028

 興味がないので却下です^^;

 大黒様と・・・
029

 恵比寿様・・・
030

 さあ、帰ろう!
スポンサーサイト

テーマ : 史跡巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 赤穂城 姫路 赤穂

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ