プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:鎌倉・100名城の旅
 ~前回のあらすじ~

 さあ、鎌倉到着です。
200905020815_DSC_2427.jpg

 本日は丸一日、鎌倉を歩く予定。
200905020821_DSC_2443.jpg

 見たいところは山ほどあります、効率よく回っていきましょう。

 幸い時間はまだ8時、たっぷりあります。

 ですので鶴岡八幡宮はとりあえずスルー。
200905020824_DSC_2447.jpg

 後から寄るとして、まずは宝戒寺へ。
200905020828_DSC_2452.jpg

 新田義貞の鎌倉攻めで滅亡した北条家を菩提を弔うよう後醍醐天皇の命で足利尊氏によって建立されました。
200905020829_DSC_2457.jpg

 なぜでしょう、いきなり鎌倉幕府滅亡関連からのスタートとなってしまった鎌倉の旅です・・・
200905020837_DSC_2477.jpg




 宝戒寺離脱です。
200905020840_DSC_2491.jpg

 自宅でPCの地図ソフトから鎌倉市街地をプリントアウトし、ボールペンでグリグリと丸を付けてそれを見ながらの移動となります。
200905020841_DSC_2494.jpg

 ここ最近の歩き旅のスタイルです。
200905020843_DSC_2497.jpg

 京都紅葉の旅や薩摩の旅での鹿児島市街地の歩きでも同じように自ら地図にチェックを入れて使用です。
200905020843_DSC_2501.jpg

 古典的ですが、元々子供の頃から地図を見るのはすごく好きで、家の地図をこっそり持ち出してボールペンで道筋に線を書いて日本の端から端まで空想の旅をしながら楽しんでいました。
200905020844_DSC_2502.jpg

 親に見つかって大目玉もお約束w

 最近でこそ、カーナビや携帯のナビを頼りに旅をすることが多くなっていますが、地図を見るのが好きなのは今でも変わりません。
200905020845_DSC_2506.jpg

 カーナビでも通勤の時以外はずっと地図表示ですしね。

 さて、次の目的地に到着しました。
200905020846_DSC_2508.jpg

 鎌倉幕府執権、北条家菩提寺となります東勝寺跡です。
200905020846_DSC_2509.jpg

 地図。
東勝寺跡%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.320482,139.559331+(%E6%9D%B1%E5%8B%9D%E5%AF%BA%E8%B7%A1)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%35.320482%%139.559331%%17

 ごらんの通り、現在は跡形もなくただの広っぱになっています。
200905020846_DSC_2511.jpg

 鎌倉攻めの時に炎上してそのまま廃寺となり今に至ります。
200905020852_DSC_2534.jpg

 てか、がっちり柵がされて全く入ることが出来ませんでした^^;
200905020846_DSC_2513.jpg

 まあ、本来の目的地はここじゃないんで別にいいですけどね。

 その目的地は廃寺の裏、少し山を登ったところにあります。
200905020848_DSC_2518.jpg

 さすがにこの立て札を見たときには入っていくことを躊躇しました。
200905020849_DSC_2520.jpg

 北条時高腹切りやぐらです。
200905020850_DSC_2527.jpg

 ここに関してはいろんな人が、いろいろとネットで書いているようですが、この辺りに来ると空気が一変するというのは、よくわかりました。

 とはいえ、その理由もよくわかります。
200905020849_DSC_2523.jpg

 鬱蒼として光の入ってこない場所。

 歴史的に曰くのある場所、ここで800人以上が自害しています。

 そして、先ほどの立て札。
200905020850_DSC_2524.jpg

 まあ、仕方ないですわね。

 てか、それよりもここは一応北条高時他一族の墓所と言うことになっているようです。

 この鎌倉で言うやぐらとは壁に横穴をあけてそこを墓地とした古代から今に伝わるこの土地の風習から来てるそうです・・・と後に乗ったタクシーの運ちゃんが言っておりました。

 先ほど行った宝戒寺が管理してるんですね。
200905020850_DSC_2525.jpg

 てことは柵が張り巡らされていた東勝寺跡も宝戒寺がああやって管理してるって事なんでしょうね。

 でもその柵の意味やこの立て札の意味もネットでちょっと調べただけでよくわかりました。

 そもそもここ、史跡としてではなく心霊スポットとしてめっちゃ有名なんですね^^;
200905020854_DSC_2538.jpg

 東勝寺跡から腹切りやぐらまでの数十メートルの間にお年寄りの人とすれ違った時、すごい目で睨まれましたが心霊スポット巡りと勘違いされたんでしょうね^^;

 そりゃ、一眼レフぶら下げて墓参りもないでしょうし・・・
200905020854_DSC_2540.jpg

 違う意味でさっさと退散しましょうね。

 さあ、次の場所へ向かいましょう!
200905020852_DSC_2535.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : GW 神奈川 鎌倉 北条時高腹切りやぐら 東勝寺跡 東勝寺橋ひぐらし公園

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ