プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:鎌倉・100名城の旅
 ~前回のあらすじ~

 10時半、この鎌倉でのメインとも言える鶴岡八幡宮に到着です。
200905021025_DSC_2766.jpg

 この鶴岡八幡宮といえばやっぱり静御前でしょうね。
200905021026_DSC_2769.jpg

 古今東西、絶大な人気を誇る源義経ですが、その人気の理由の一つはこれではないかと私は考えています。
200905021027_DSC_2773.jpg

 天才的な活躍によって平家を滅亡に追いやり、源氏に勝利をもたらした義経。

 にもかかわらず、兄頼朝の不審を買い一転逆賊に。

 その悲劇性に静御前の存在を加味され、彼女の強い想いが寄り人々の涙を誘います。
200905021028_DSC_2783.jpg

 ドラマですね~w

 てかあの義経記ってどのくらいの真実が書かれているんでしょうね。

 本音を言えば義経記よりも、それを元にかかれたであろう司馬遼太郎著の「義経」の方がより本物の源義経像に近いんだろうなと、私個人は感じている今日この頃です・・・
200905021047_DSC_2826.jpg




 時間は11時30分。
200905021119_DSC_2879.jpg

 鶴岡八幡宮を離脱、そのまま歩いて北鎌倉方面に向かいます。
200905021124_DSC_2883.jpg

 まずは建長寺。
200905021128_DSC_2886.jpg

 鎌倉五山一位。
200905021130_DSC_2891.jpg

 日本で最初の禅道場です。
200905021130_DSC_2895.jpg

 こちら国宝に指定されている梵鐘です。
200905021131_DSC_2898.jpg

 そして仏殿。
200905021132_DSC_2906.jpg

 お江の霊廟だったそうです。
200905021134_DSC_2913.jpg

 浅井長政の三女で秀忠の正室、家光の母の崇源院ね。
200905021135_DSC_2921.jpg

 痛みは激しいですが折上二段の格子天井を見ても大変格式の高い造りになっていますね。
200905021134_DSC_2918.jpg

 仏殿の後ろには法堂。
200905021136_DSC_2927.jpg

 こちらは内部特別公開中とのことで天井には雲龍図。
200905021137_DSC_2930.jpg

 そして釈迦苦行像も公開していました。
200905021138_DSC_2936.jpg

 バシャバシャと大量の写真を撮りながらさらに奥へ行くと方丈があります。
200905021139_DSC_2950.jpg

 こちらは中に入る事が出来るのですが、そこから方丈庭園を眺めることが出来ました。
200905021144_DSC_2968.jpg

 こうやって旅日記になるとあまり写真を撮ってないように見えますが、この建長寺だけで140枚の写真を撮っています。
200905021150_DSC_2984.jpg

 なんだ、たいした枚数じゃないじゃんと私も数字を見て思いました。

 が・・・
200905021152_DSC_2988.jpg

 30分ほど、駆け足で見て回って140枚なんですよね^^;

 その前の鶴岡八幡宮でも100枚撮影しています。
200905021153_DSC_2990.jpg

 狂ったようにシャッターを押しながらどんどん先へ進みます。

 本当ならもっとたくさんの写真を載せたいんですけどね・・・
200905021153_DSC_2993.jpg

 迷惑だからやめてくれ?

 そりゃそうだw
200905021156_DSC_3007.jpg


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : GW 神奈川 鎌倉 建長寺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ