プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 相変わらず雨は続いています。

 月見坂の途中にあるそば屋でブランチの後、歩いて移動開始。
P1570873.jpg

 中尊寺の後に行く場所とすれば当然ここでしょう。
0908131120_DSC_2001.jpg

 高館義経堂です。
0908131134_DSC_2035.jpg

 そこから望む北上川。
0908131137_DSC_2049.jpg

 松尾芭蕉もここからの風景を眺めたのでしょうか。
0908131147_DSC_2080.jpg




 本来なら中尊寺を見学した後、購入した手の折りたたみ自転車を使って周辺散策に出る予定でした。
0908131159_DSC_2106.jpg

 しかし、あいにくの天気。
0908131200_DSC_2108.jpg

 歩いて回るしかありません。

 しかし気温22度って、今8月13日ですよ?
0908131203_DSC_2112.jpg

 自転車に比べ何倍もの時間をかけて次なる目的地、毛越寺に到着です。
0908131214_DSC_2120.jpg

 このだだっ広い広場は観自在王院跡です。
0908131215_DSC_2126.jpg

 二代基衡の妻の建立です。
0908131216_DSC_2129.jpg

 その隣に毛越寺です。
0908131217_DSC_2130.jpg

 地図。
毛越寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=38.987234,141.107453+(%E6%AF%9B%E8%B6%8A%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%38.987234%%141.107453%%16

 拝観料は500円。
img502.jpg

 頂いた冊子です。
img503.jpg

 まずは宝物館。
0908131218_DSC_2133.jpg

 そして散策をスタート。
0908131219_DSC_2134.jpg

 てか、建物はどれも結構新しいってか鉄筋物も多いです。
0908131219_DSC_2140.jpg

 ちなみにこれは本堂、平成元年に再建された物です。
0908131220_DSC_2141.jpg

 そして南大門跡から見た大泉が池。
0908131220_DSC_2143.jpg

 典型的な浄土庭園ということで限りなく当時のまま、だそうです。
0908131222_DSC_2149.jpg

 平等院も同じく浄土庭園ですね。
0908131222_DSC_2150.jpg

 本当なら南大門から大泉が池を挟んでその向こうには金堂があり、回廊が張り巡らされていました。
0908131223_DSC_2153.jpg

 当時の礎石はそのまま残っているそうです。
0908131224_DSC_2157.jpg

 復元図を見ましたが、イメージ的には陸に上がった厳島神社といった感じでしょうか。
0908131225_DSC_2159.jpg

 どうせやるなら、それを復元してくれたらうれしかったんですけどね。
0908131225_DSC_2160.jpg

 戦国時代に兵火にさらされてからは荒廃していたそうです。

 本格的に発掘作業が行われたのは1950年代。
0908131227_DSC_2168.jpg

 結果、当時は中尊寺をしのぐ大伽藍だった事が判明したそうです。
0908131228_DSC_2173.jpg

 それにしても広いです。
0908131228_DSC_2174.jpg

 空から見れば伽藍もビジュアル的にわかっていいのでしょうが、歩いて回ってもよくわかりません。
0908131229_DSC_2180.jpg

 しかも広です^^;
0908131229_DSC_2181.jpg

 風景としては悪くないのですが、復元の悲しさ。
0908131229_DSC_2182.jpg

 あっさりしすぎて、いろんな角度から見ていると途中で飽きてきます。
0908131230_DSC_2186.jpg

 さらにいえば、中尊寺って結構歩くんですよね。
0908131230_DSC_2189.jpg

 そこから高館義経堂って結構距離があるんですよね。
0908131231_DSC_2190.jpg

 さらに毛越寺まで歩くなんて暇な人、あまりいないでしょうね。
0908131231_DSC_2192.jpg

 しかもこんな雨の中^^;
0908131232_DSC_2193.jpg

 そもそも私寝てません。
0908131232_DSC_2197.jpg

 前日の夕方6時半に出発して1100km走ってきてます、ここまで。
0908131232_DSC_2198.jpg

 正直、死にそうです^^;
0908131232_DSC_2200.jpg

 前日は仕事もきつかったしな・・・
0908131233_DSC_2203.jpg

 もう若くはないって事か^^;
0908131233_DSC_2204.jpg

 いや、若くてもこの強行軍はきついでしょうに><
0908131233_DSC_2206.jpg

 毛越寺をぐるりと回った後、先ほど通り過ぎた観自在王院跡を跡から見ようとたくらんでいたのですが、さすがにそんな元気は残っていませんでした。
0908131234_DSC_2212.jpg

 てか、本日は歩くのがしんどいです。
0908131234_DSC_2214.jpg

 晴れてりゃ自転車で回れたのに・・・
0908131235_DSC_2220.jpg

 一回りして入り口に戻ってきたとき、売店でずんだ餅が売ってました。

 めっちゃ食べたかったです。
0908131235_DSC_2225.jpg

 でも来月には宮城に行きます。

 ずんだ餅は仙台の老舗で食べるまで我慢我慢。

 てなわけでそのまま離脱となりました><
0908131236_DSC_2227.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 平泉 毛越寺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ