プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 高館義経堂から歩いて移動。
0908131203_DSC_2112.jpg

 毛越寺へ。
0908131217_DSC_2130.jpg

 結構距離がありましたね。

 GW最終日に続き、今回も雨。
0908131219_DSC_2140.jpg

 一眼レフ抱えて10kg近いバックパック背負ってそれだけでも結構大変なんですが、傘さしてカメラが濡れないように気を遣い何キロも歩くって口で言うより大変です^^;

 そもそも毛越寺・・・
0908131229_DSC_2180.jpg

 何でこんなに広いんやー!
0908131236_DSC_2227.jpg




 毛越寺、広すぎです。
0908131242_DSC_2238.jpg

 もう、歩いて車が駐めてある中尊寺の駐車場まで戻る元気ないです。

 タクシーでも駐まってないだろうかと思ったら周回バスの乗り場を発見。
P1570874.jpg

 5分ほどで出発と言うことで乗り込みました。
P1570878.jpg

 るんるん号という名前だけにるんるん気分で中尊寺前に到着です。
P1570881.jpg

 で、さすがにブランチのソバだけでは小腹が空いたのでつまみ食い。
P1570884.jpg

 焼きだんごケット!
P1570886.jpg

 てなわけで午後1時、中尊寺離脱です。
P1570887.jpg

 先ほど歩いて行きバスで戻ってきた道を再び車で移動。
P1570890.jpg

 駐車代けちらずに車で移動すればよかったのですが、中尊寺以外あんなに空いているとは思っていなかったの;;
P1570894.jpg

 そして、展開早いですよ。
0908131315_DSC_2239.jpg

 1時15分、達谷窟毘沙門堂に到着です。
0908131315_DSC_2240.jpg

 地図はこちら。
達谷窟毘沙門堂%%http://maps.google.co.jp/maps?q=38.968347,141.058498+(%E9%81%94%E8%B0%B7%E7%AA%9F%E6%AF%98%E6%B2%99%E9%96%80%E5%A0%82)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%38.968347%%141.058498%%16

 ルートです。
P1630270.jpg

 拝観料は300円。
img504.jpg

 頂いた冊子はこちら。
img505.jpg

 ここは写真で一目見たときから惚れ込んで、是非見てみたいと思っていたところです。
0908131316_DSC_2242.jpg

 そうなんですよ、名前の通りなんですよ。
0908131317_DSC_2246.jpg

 私の大好きな岩窟堂なんですよ!
0908131317_DSC_2247.jpg

 最大35mの高さが続く断崖絶壁に沿うように立っている毘沙門堂。
0908131317_DSC_2249.jpg

 建立は801年、蝦夷を討伐した記念として時の征夷大将軍、坂上田村麿によるものです。
0908131318_DSC_2255.jpg

 兵火や火災などで4度の消失を繰り返し、現在の毘沙門堂は昭和36年に再建された物です。
0908131319_DSC_2263.jpg

 中は残念ながら撮影禁止でした。
0908131322_DSC_2267.jpg

 毘沙門堂を出ると横の断崖に彫り込まれた磨崖仏があります。
0908131323_DSC_2274.jpg

 顔面大佛、全国でも5指に入る大佛と入り口で頂いた冊子には書かれていました。
0908131324_DSC_2278.jpg

 まあ、これを見て感動する人はそんなにいないんじゃないかと思います。
0908131324_DSC_2279.jpg

 しかし私としては今回の旅、毘沙門堂と共にビジュアル的に一番ググッと来た場所です。
0908131326_DSC_2294.jpg

 ええそうです、はっきり言います。
0908131326_DSC_2297.jpg

 私には金色堂より光り輝いて見えるんですよ、こっちの方がw
0908131327_DSC_2300.jpg

 何とでもいっとくれ。
0908131327_DSC_2301.jpg

 わざわざ初詣で大混雑していた鵜戸神宮まで出向き、
0908131328_DSC_2304.jpg

 人吉の大村横穴群では一人大興奮してました。
0908131330_DSC_2316.jpg

 宮本武蔵に全く興味がないのに雲巌禅寺にまで行ったのは五百羅漢と岩窟堂を見るため。
0908131330_DSC_2318.jpg

 一番好きな仏像は興福寺の阿修羅像、千手観音像と臼杵石仏の大日如来像。
0908131330_DSC_2321.jpg

 この三体のどれか選べっていわれても無理って感じ。
0908131333_DSC_2341.jpg

 いろいろ旅を重ねて岩窟・石窟系、磨崖仏系が最近一番お気に入りだと言うことに気がつきました。
0908131334_DSC_2345.jpg

 現在の目標は鳥取の国宝、投入堂に行くことです。
0908131335_DSC_2350.jpg

 一人での入山は拒否されるそうですし、体力的に運動不足のトド君は絶対に無理なのでなんとしても先輩を引きずり込まなければw
0908131335_DSC_2352.jpg

 2010年、お正月の旅もそもそも磨崖仏を見て回りたいと言うことで国東半島行きが決定したわけですし。
0908131337_DSC_2365.jpg

 熊野磨崖仏や普光寺磨崖仏、それに羅漢寺に行きたくて行きたくて仕方がなかったんですよ。
0908131338_DSC_2375.jpg

 たったそれだけのために・・・?
0908131339_DSC_2380.jpg

 なんて言われそうですが、そのくらいマイブームな岩窟・磨崖系な訳です。
0908131339_DSC_2383.jpg

 それが両方そろった達谷窟毘沙門堂。
0908131339_DSC_2387.jpg

 今回の旅でこれ以上の場所がどこにある!
0908131340_DSC_2389.jpg

 いや義経の胴塚、この後行きますので・・・
0908131340_DSC_2390.jpg



 つづく~^^;
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 平泉 達谷窟毘沙門堂

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ