プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 気がつけば青空まで見えてきました。
0908131511_DSC_2569.jpg

 本日は午後から雨の予報。

 朝一発目からずっと雨だったのが昼過ぎにはやみ、今は青空。
0908131514_DSC_2575.jpg

 天気予報の嘘つき!

 何にしてもこの年のGW、藤沢で義経の首塚を参ってから4ヶ月。

 今度は胴塚にやってきました。
0908131509_DSC_2562.jpg

 伝とは言えこれで史実上、首と胴がつながりました。
0908131521_DSC_2591.jpg

 これで一つ、長年の夢が叶いました。

 って、どんな夢だよ^^;
0908131523_DSC_2602.jpg




 3時40分、判官森離脱。
P1570927.jpg

 再び岩手に戻ります。
P1570931.jpg

 そしてここで高速使用、若柳金成ICを通過です。
P1570934.jpg

 かなりの強行軍にさすがの私もお疲れ気味だった旅初日ですが、あこがれの地平泉や大興奮の達谷窟毘沙門堂、甘い物で英気を養ったかっこうだんごに長年の夢を完遂させることが出来た義経の胴塚。
P1570936.jpg

 とまあ、完全復活と行きたい所なんですが、疲れたときに栄養ドリンクを飲んでも疲れそのものが取れるわけではないのと同じ原理、高速を走行中、ほとんど意識が飛んでいたようで降りるはずのICを通り過ぎてしまいました^^;
P1570938.jpg

 残りの時間、正法寺と黒石寺に行ってみようと考えていたのですが拝観時間があるためUターンしても、とても間に合いません。

 とりあえず、本来降りる予定だった次のインターチェンジ、水沢ICを通過。
P1570940.jpg

 この時点で4時半ですしホテルも夕食に考えている場所も一関。

 かなり戻ることになりますし、本日はここでうちどめといきましょう・・・ってなに?
P1570942.jpg

 本当なら明日寄る予定でしたが、スケジュール的に厳しいかもと思っていたえさし藤原の郷がすぐ近くにあるではないですか!
0908131639_DSC_2620.jpg

 急遽そちらに寄ることにしました。
0908131639_DSC_2621.jpg

 NHK大河ドラマ「炎立つ」の撮影で使われたセットの跡地だそうですね。

 これを書いたのは1月はじめですが、その事実を知ったのはこれがアップされる2月3日でした。

 実はその「炎立つ」レンタルで借り始めたところで2話までしか見てませんw

 それでは地図。
えさし藤原の郷%%http://maps.google.co.jp/maps?q=39.194343,141.189576+(%E3%81%88%E3%81%95%E3%81%97%E8%97%A4%E5%8E%9F%E3%81%AE%E9%83%B7)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%39.194343%%141.189576%%16

 ルート。
P1630273.jpg

 拝観料は800円です。
img506.jpg

 頂いた冊子はイラストマップにもなっています。
img507.jpg

 閉館時間は5時なのですが、入館は4時までとのことで40分も過ぎてるってか、広いテーマパークを20分で回らなければなりません。
0908131640_DSC_2624.jpg

 当然、受付ではもう無理ですよと断られたのですが・・・
0908131641_DSC_2627.jpg

 遠く岡山からわざわざ来たんです、これ逃すともう次はいつ来れるかって感じで泣きを入れました^^;
0908131641_DSC_2629.jpg

 以前、吉野ヶ里遺跡に行ったときはものすごく不愉快そうに最悪の対応だったのですが、こちらは大違い。
0908131641_DSC_2630.jpg

 受付のお姉さん、にっこり笑ってそれならと中に入れてくれました。
0908131642_DSC_2637.jpg

 しかも、時間がないので見所まで丁寧に教えていただきました。
0908131642_DSC_2640.jpg

 本当にありがとうございます。
0908131643_DSC_2641.jpg

 しかも館内では案内で立っていた女性にも親切に案内していただき、時間を気にせずにゆっくり見ていってくださいね~、なんて本当に優しいやらうれしいやら。
0908131643_DSC_2643.jpg

 それこそ吉野ヶ里遺跡の時なんて人が見ているところを押しのけるように、どんどん扉を閉めて行かれて、もう帰れ状態でしたからね。
0908131643_DSC_2652.jpg

 そかもまだ閉館まで30分以上あったんですよ、あの時。
0908131645_DSC_2664.jpg

 まあ、あっちは財団法人。
0908131645_DSC_2667.jpg

 こっちは株式会社。
0908131645_DSC_2668.jpg

 対応が違って当然なんでしょうが、それにしたってね。
0908131645_DSC_2669.jpg

 こういった場所での対応一つ一つがその土地のイメージを決定づけるんですから気をつけないとね。
0908131645_DSC_2671_20091228234614.jpg

 鹿児島やここ岩手、高千穂の旅が最高の思い出になったのはやっぱりその土地の人たちに親切にされたって言うのも大きいですからね。
0908131647_DSC_2686.jpg

 特に私のように人見知りが激しくて、声をかけるにも心拍数が一段上がるような人にはw
0908131648_DSC_2690.jpg

 ちなみに今、私がいるのは日本国内で唯一、平安時代の寝殿造りの様式を再現したと言われる伽羅御所です。
0908131648_DSC_2695.jpg

 ここ、奥州藤原三代の頃を模したテーマパークでして、どうしても寄りたい場所というわけでもありませんでした。
0908131648_DSC_2697.jpg

 ネットでぱっと情報を見てもどちらかというと体験型の施設が多いようで、それだったらお寺とか回っている方がましかなと。
0908131649_DSC_2701.jpg

 それでも時代劇のロケ地にもなっているようで、大河ドラマ天地人でも兼続とお船の出会い(再会?)の場面でも使用されていましたし、2010年大河ドラマの龍馬伝でも使用したそうです。
0908131649_DSC_2704.jpg

 とまあ、そんな場所なのでそれほどしょぼくも無いだろうなんて考えていたのです。
0908131650_DSC_2719.jpg

 拝み倒して無理して入館させてもらった割にはなんて失礼なことを考えていたのでしょうかw
0908131650_DSC_2723.jpg

 いや、でも中にはいるとさすがにしっかり造ってありますね。
0908131651_DSC_2731.jpg

 特に伽羅御所とそこから眺めることが出来る浄土庭園はすばらしくいいですね。
0908131652_DSC_2739.jpg

 他の場所も全体的によく雰囲気が出てますし、何よりスタッフの皆さん優しいしw
0908131653_DSC_2750.jpg

 そうでなくても時間がぎりぎりだったのに、トドメとばかりにインターチェンジを降り損ねたときはどうしようかと思いました。
0908131655_DSC_2765.jpg

 あきらめてホテルとお食事どころに向かうためにナビの設定を変えようとして、この藤原の郷が意外と近いことに気がついて・・・
0908131657_DSC_2777.jpg

 急遽予定を変更したわけですが、来てよかったです。
0908131657_DSC_2781.jpg

 閉館間際であわただしい見学となりましたがそれでも良かったです。
0908131658_DSC_2787.jpg

 何より翌日、この予定変更があって本当に良かったと思いました。
0908131701_DSC_2799.jpg

 そして、せっかくのスタッフの皆さんのご厚意にあぐらをかくのは私的にはしたくありません。

 5時過ぎることなく、必ず受付まで戻ってきますので。

 そう言った私の責任という物がありますからね。

 てなわけで5時ジャスト、藤原の郷離脱です。
0908131701_DSC_2801.jpg



 つづく~
 
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 江刺 えさし藤原の郷

コメント

Re: タイトルなし

星田直彦さん、はじめまして。
書き込みありがとうございます。
えさし藤原の郷、この時は閉館間際に駆け込みでの入館でした。
本当なら広い藤原の郷。
ゆっくり回りたかったんですが^^;
ブログの方も消化不良となってしまいました。
それでもすごくいい場所でした。
炎立つを見終わって、あれから他にもいろいろ大河ドラマを借りて見たのですが、至る所で見た事がある場所が登場して、本当にロケでよく使われているんだなと実感しました。

はじめまして。
藤原の郷を調べていて、たどり着きました。

写真がたくさんあって、丁寧な説明、
たくさん思い出すことができました。

ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ