プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 岩手の旅、初日が終了。

 蔵元レストラン・せきのいちで夕食。
P1570973.jpg

 郷土料理を頂きました。
P1570977.jpg

 そしてホテルはルートイン一関。
P1570996.jpg

 ずいぶん安いホテルでしたがまだ新しいこともあり、設備も新しく、すごくキレイでいい感じのホテルでした。
P1580008.jpg

 夜が明け旅二日目の朝!

 晴れだ!

 夏だ!

 東北だ!

 では旅の二日目スタート!
P1580018.jpg




 もうめちゃめちゃいい天気です。
P1580023.jpg

 てか夏です!
P1580034.jpg

 これ書いてるのは1月8日なんですけどねw

 てかすごい寒いっす、今年の冬^^;

 この旅二回目の給油、132円で50.3L入りました。
P1580038.jpg

 そして見えてきました。
P1580040.jpg

 雰囲気、岡山県は新見市にある井倉洞に似ているように感じます。
P1580041.jpg

 猊鼻渓に到着です。
0908140817_DSC_2804.jpg

 駐車場は500円です。
0908140816_DSC_2802.jpg

 地図はこちら。
げいび渓%%http://maps.google.co.jp/maps?q=38.989673,141.255345+(%E3%81%92%E3%81%84%E3%81%B3%E6%B8%93)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%38.989673%%141.255345%%17

 そしてルートです。
P1630279.jpg

 てなわけで前日の厳美渓に続き、今度はげいび渓です。
0908140819_DSC_2811.jpg

 ひらがなの方が通じるんですよね。
0908140819_DSC_2812.jpg

 お値段は往復で1500円。
0908140822_DSC_2813.jpg

 チケットはこちら。
img508.jpg

 朝一の八時半出発に間に合うように着たはずなのにもう人いっぱいでした。
0908140825_DSC_2821.jpg

 てか、まだ8時半前なんですが^^;
0908140830_DSC_2825.jpg

 でも、なんだかんだ言いながら8時半には出発できました。
0908140833_DSC_2830.jpg

 すでに2隻だったか3隻だったか出航していましたが・・・
0908140833_DSC_2834.jpg

 で、まあテレビとかでこのげいび渓は見ていたので、何となく雰囲気はつかめていました。
0908140835_DSC_2837.jpg

 ただ、そのテレビを見て本当に楽しいのか?
0908140837_DSC_2843.jpg

 なんて思ったりもしました。
0908140838_DSC_2851.jpg

 じゃあ、なんでわざわざ着たんだよってツッコミ来そうですね。
0908140839_DSC_2853.jpg

 今回初めての東北、しかもそう何度も行けるところではないのでお約束は押さえておきたいと思ったのです。
0908140842_DSC_2874.jpg

 松村らしくないと言われそうですが、今回は訪問先の選定時にスケジュール的余裕もあったので食わず嫌いはやめておこうと思いまして。

 てな訳でやってきました、げいび渓。
0908140859_DSC_2949.jpg

 すごく緩やかな流れです。
0908140905_DSC_2970.jpg

 船頭さんもこいでるのかと思ったら、あの長い竿を水底に当てて力を入れて押してたのね。
0908140906_DSC_2975.jpg

 ですから下りになる帰りの方が楽だとかいっていたような気がします。
0908140907_DSC_2978.jpg

 逆だったかな?
0908140910_DSC_2989.jpg

 とまあ、そんなことを行ってるうちに上陸です。
0908140910_DSC_2992.jpg

 気がついたらすでに30分以上経ってたんですね。
0908140912_DSC_2998.jpg

 ちなみに往復90分です。
0908140912_DSC_3001.jpg

 これ、有名なうん玉、5個で100円です。
0908140913_DSC_3006.jpg

 中央の小さな穴、見えますか?
0908140913_DSC_3007.jpg

 あそこに入れるそうです。
0908140916_DSC_3013.jpg

 そんなこんなで9時20分、再出発です。
0908140918_DSC_3023.jpg

 ちなみに緊急時の説明もありました。
0908140923_DSC_3038.jpg

 救命胴衣が積んであります。
0908140931_DSC_3073_20100109195509.jpg

 法律上、積まなければならないそうですが、何十年も船頭やってて使ったことはないそうです。
0908140934_DSC_3083.jpg

 でも実際に川に落ちた人はいるそうです。
0908140934_DSC_3085.jpg

 で、もし落ちた時の対処の仕方も説明がありました。
0908140943_DSC_3107.jpg

 川に転落したら、あわてずそのまま立ってくださいw
0908140950_DSC_3125.jpg

 水深は膝ぐらいしかないので泳げなくても問題ありません。

 そして、落ちたら絶対に船には再び乗り込もうとしないでください。
0908140952_DSC_3127.jpg

 船が横倒しになるから?

 いやいや、船が汚れるからw
0908140953_DSC_3128.jpg

 そのまま、川の中をじゃぶじゃぶと歩いて戻ってくださいとのことです。

 てかどんな緊急時の説明だよw
0908140955_DSC_3129.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 一関 猊鼻渓

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ