プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 8月15日。
0908150723_DSC_4052.jpg

 旅も三日目。
0908150725_DSC_4060.jpg

 まず本日最初に向かったのは釜淵の滝。
0908150726_DSC_4064.jpg

 イーハトーヴと言えば宮沢賢治。

 宮沢賢治と言えば花巻!
0908150729_DSC_4085.jpg

 てなわけで、本日スタートはとことん宮沢賢治。

 行ってみましょう!
0908150733_DSC_4118.jpg




 さて、花巻と言えば宮沢賢治。
P1580341.jpg

 と連呼しておりますが、この花巻に訪れたのは8月14日から本日15日。
P1580346.jpg

 覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
P1580349.jpg

 この時ばかりは、花巻にいても宮沢賢治は遠く置き去り状態でした。
P1580354.jpg

 なにより、花巻の名がメディアで連呼されていた時です。
P1580356.jpg

 そう、花巻東の菊池君。
0908150754_DSC_4129.jpg

 実はこの花巻に到着して応援垂れ幕を見て初めて気がついたのはここだけの話・・・
0908150755_DSC_4134.jpg

 そんな私がこれまた、今ひとつというか実はさっぱり興味の無かった宮沢賢治関連の場所を巡っているという不思議な状況。
0908150755_DSC_4135.jpg

 花巻までやってきて、悲しいかな他に行く場所を思いつかなかったと言う悲しい現実があります。
0908150756_DSC_4137.jpg

 でも足跡だけは残しておきたかったんですよね^^;
0908150757_DSC_4138.jpg

 いっそ、宮沢賢治の墓参りでもしてくりゃよかった・・・
0908150757_DSC_4140.jpg

 そうすれば松村探検隊の体面も保たれたのにw
0908150757_DSC_4141.jpg

 なんの体面だよw
0908150758_DSC_4144_20100124134634.jpg

 いや、ぶっちゃけ忘れていたんです。
0908150758_DSC_4146.jpg

 それはいいとして、イギリス海岸です。
P1580357.jpg

 手遅れながら地図。
イギリス海岸%%http://maps.google.co.jp/maps?q=39.394552,141.129220+(%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%B5%B7%E5%B2%B8)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%39.394552%%141.129220%%16

 ルートです。
P1630297.jpg

 写真はすでに終わってしまっていますが、宮沢賢治がドーバー海峡のようだということで名付けたのですが、海岸と言いながら北上川の岸辺です。
P1580359.jpg

、到着してみると展望台入り口に鎖がしてありなぜか立ち入り禁止。
P1580363.jpg

 意味がわからず、とりあえず中に入ってみたのですが(マネしちゃだめだよ~)どうやら浸食により展望台の足場の崩落が始まっているようです。

 修復しろよ観光地なら、てか立ち入り禁止ってネットなり入り口なりに告知しろよ^^;
0908150817_DSC_4156.jpg

 なにより数日前からの大雨で川が増水してしまって、海岸らしき所はどこにも見あたりませんでした。
0908150817_DSC_4157.jpg

 で、次に訪れたのは同心家屋。
0908150817_DSC_4158.jpg

 地図。
同心屋敷%%http://maps.google.co.jp/maps?q=39.375229,141.123118+(%E5%90%8C%E5%BF%83%E5%B1%8B%E6%95%B7)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%39.375229%%141.123118%%16

 そしてルートです。
P1630298.jpg

 これはたまたま駐車場の側にあっただけで、寄るつもりはありませんでした。
0908150817_DSC_4159.jpg

 実際工事中でしたし。
0908150818_DSC_4166.jpg

 浅野長政の家臣の一部が、花巻にとどまって南部氏の配下になってしまったという「九戸政実の乱」関連の史跡です。
0908150818_DSC_4168.jpg

 長政の家臣に与えられた家屋の形をとどめている江戸中期の建物と言うことで市の文化財となっているようです。
0908150819_DSC_4169.jpg

 まあ、それはたまたま見つけたということで本来の目的は別にあります。
0908150819_DSC_4170.jpg

 と言っても、その本来の目的地もついでです^^;
0908150819_DSC_4171.jpg

 というのも、この後宮沢賢治記念館に行く予定なのですが、まだ時間が早すぎて今から行っても開館していないという状況に陥りまして^^;
0908150819_DSC_4172.jpg

 イギリス海岸のすぐ近くに何か無いかということで見つけたのが、「雨ニモマケズ」の詩碑があるこの場所だったんですよね。
0908150819_DSC_4173.jpg

 地図載せておきましょう。
宮沢賢治詩碑%%http://maps.google.co.jp/maps?q=39.374831,141.126787+(%E5%AE%AE%E6%B2%A2%E8%B3%A2%E6%B2%BB%E8%A9%A9%E7%A2%91)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%39.374831%%141.126787%%16

 といってもまだ、到着していないんですがw
0908150820_DSC_4174.jpg

 まだ、100mありますね。
0908150820_DSC_4175.jpg

 詩碑のためだけにここに来たのかといわれそうですが、その通りですw
0908150821_DSC_4178.jpg

 いや、実際に今までもそんな場所たくさんありましたし。
0908150821_DSC_4180.jpg

 今回も弁慶の立ち往生とかね。
0908150822_DSC_4182.jpg

 ちなみにこの詩碑のある小さな広場。
0908150822_DSC_4183.jpg

 宮沢賢治が暮らしていた羅須地人協会の跡地に建てられています。
0908150822_DSC_4185.jpg

 建てられたのは無くなって3年後。
0908150823_DSC_4191.jpg

 詩碑の下には遺骨も納められているそうです。
0908150823_DSC_4192.jpg

 ・・・マヂ?
0908150825_DSC_4205.jpg

 今の瞬間まで気がつきませんでした。
0908150826_DSC_4207.jpg

 現地の説明分を読まずに写真だけ撮っていたのですが、今読んだらそんなことが書いてあったw
0908150826_DSC_4209.jpg

 なるほど、それでお花とか備えられていたわけですね。

 図らずも宮沢賢治の墓参り、完了!

 いや、同じ花巻にある身照寺にちゃんとお墓ありますんで・・・


 つづく~
 
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 花巻 イギリス海岸 雨ニモマケズ詩碑 同心家屋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ