プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:岩手・イーハトーヴの旅
 ~前回のあらすじ~

 せっかく花巻に来たんだからと怒濤の宮沢賢治巡りです。

 一発目、釜淵の滝から移動してイギリス海岸へ。
0908150757_DSC_4141.jpg

 ・・・想像とは全く違い濁流です・・・
0908150758_DSC_4144_20100124134634.jpg

 続いて「雨ニモマケズ」の詩碑へ。
0908150822_DSC_4183.jpg

 せっかく時間があるのだから宮沢賢治の墓参りでも行けばよかったと、後になって後悔したのですが、実はこの句碑。
0908150822_DSC_4185.jpg

 下には経文と共に遺骨が納められているそうです。

 図らずも宮沢賢治のお墓参り、その一終了。

 てか、たいへん失礼ながらなんだか最近、お墓参りシリーズが讃岐のうどん屋探しと同じレベルになってるような気がする・・・・
0908150826_DSC_4209.jpg




 朝一発目から釜淵の滝、イギリス海岸、「雨ニモマケズ」詩碑と回ってきました。
P1580366.jpg

 前日最後にめがね橋に行ってるので4連チャンですね。
P1580368.jpg

 と言うのも次に向かう場所に開館時間があるため。
P1580370.jpg

 いや、まだ時間は8時半なんで、別にホテルをゆっくり出ればよかったのですが・・・
P1580372.jpg

 それが出来ないのが悲しい性;;
P1580373.jpg

 いやいや、松村探検隊真骨頂だ!
P1580375.jpg

 ・・・・・・
P1580377.jpg

 10時頃とかにゆっくりチェックアウトなんで私には出来ませんわね~。
P1580378.jpg

 そんなことを言ってるうちに宮沢賢治記念館の駐車場に到着です。
0908150844_DSC_4221.jpg

 地図はこちら。
宮沢賢治記念館%%http://maps.google.co.jp/maps?q=39.399064,141.162296+(%E5%AE%AE%E6%B2%A2%E8%B3%A2%E6%B2%BB%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%39.399064%%141.162296%%16

 ルートです。
P1630299.jpg

 おっ注文の多い料理店、山猫軒発見!
0908150843_DSC_4212_20100125221253.jpg

 後で寄ります、てかここである料理を食べるためにここに来たのですから!
0908150843_DSC_4213.jpg

 で、展望台があったのでそちらへ。
0908150843_DSC_4214.jpg

 逆光で読めない・・・、いやレタッチすれば読めますがやめました。
0908150843_DSC_4216.jpg

 ここから早池峰山が見えるそうなのですが・・・
0908150843_DSC_4217.jpg

 その肝心要、早池峰山だけ見えません;;
0908150844_DSC_4218.jpg

 さて、この一帯は宮沢賢治関連が集中していてイーハトーヴ館やボランの広場、宮沢賢治童話村等が集まっています。
0908150845_DSC_4222.jpg

 周回バスも出ているようで、ファンならば一日過ごせそうな場所ですね。
0908150846_DSC_4223.jpg

 実際、記念館の入り口で一緒になった女の子がいたのですが、私が一周して出ようとしたときに、その女の子はまだ最初の説明書きが並んでいるパネル二枚目の所で必死に読みふけってました。
0908150846_DSC_4224.jpg

 連れの女の子が退屈そうにしていたのが印象的でした^^;
0908150846_DSC_4226.jpg

 タイトルからしてイーハトーブ館は行かなければとは思ったのですが、図書館なんですよねここ。
0908150846_DSC_4228.jpg

 ですから結局やめました。
0908150846_DSC_4230.jpg

 童話村は歩いて行くには距離があり、わざわざ車で移動するのも、周回バスに乗るのはさらに面倒と言うことでパスしました。
0908150847_DSC_4231.jpg

 入館料は記念館単独なので350円でした。
img517.jpg

 共通券で550円だそうです。
img518.jpg

 記念館の中身は結構充実した内容でおもしろかったです。
0908150847_DSC_4232.jpg

 しかし!
P1580379.jpg

 先ほども書きましたが、本来の目的はここではありません。
0908150918_DSC_4233.jpg

 記念館はあくまでもついで。
0908150918_DSC_4235.jpg

 本来の目的地はこっちだ!
0908150919_DSC_4237.jpg

 注文の多い料理店、山猫軒です!
0908150920_DSC_4239.jpg

 雑誌で見たわらしべ餅めぐり、これがおいしそうで是非食べてみたかったんです。
0908150920_DSC_4240.jpg

 ただ、開店9時で、現在9時20分。
0908150921_DSC_4242.jpg

 まだモーニングの時間ですが、その餅めぐりって定食になるそうです・・・
P1580382.jpg

 注文したら、厨房に料理できるか確認取ってました。
P1580383.jpg

 しかもこれ雑煮が付いてくるのですが、シイタケ入ってるかどうか確認して、入ってるようなら抜いてほしいなんて注文つけてw
P1580384.jpg

 まあ、シイタケは入ってませんでしたが、注文が多いのは店ではなく客だったというオチでしたw
P1580385.jpg

 来月の楽しみにしてたのにまたずんだ餅です^^;
P1580386.jpg

 そしてこちらがメイン。
P1580387.jpg

 このみごと呼ばれる稲穂の芯で好みの大きさに切るわけです。
P1580389.jpg

 そして味付けはあずき、酢の物、ごまの三種類。
P1580388.jpg

 ただ、見た目より難しく切断した後、箸に持ち替えているうちにお餅の切断面が再び引っ付いて、せっかく切った意味が無くなったり・・・
0908150951_DSC_4245.jpg

 食べてるうちに、お餅が冷えて堅くなってきたり・・・

 途中でみごが切れて、箸を使ってかぶりつきになってしまいました^^;

 面白かったけど、味の記憶はさっぱり残ってませんw

 ただ一つ言えるのは、朝ホテルのバイキングでしこたま食べて、2時間ほどでこのお餅の量。

 正直腹一杯です^^;

 お昼はじゃじゃ麺を食べる予定なのですが・・・大丈夫なのだろうか^^;

 てなわけで9時50分、記念館離脱。

 そのころには駐車場も満車になってました・・・
0908150951_DSC_4246.jpg


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岩手 花巻 宮沢賢治記念館 山猫軒 ポランの広場

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ