プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:宮城・親孝行の旅
 ~前回のあらすじ~

 さあ旅も三日目。

 最初に訪れたのは青葉城こと仙台城です。
0909220925_DSC_7804.jpg

 政宗殿に挨拶して・・・
0909220823_DSC_7712.jpg

 念願だった牛たんまんじゅうを食べて・・・
0909220843_DSC_7748.jpg

 100名城のスタンプをゲットして・・・
0909220901_DSC_7753.jpg

 仙台の街並みを眺めて、次はお墓参りです!
0909220905_DSC_7761.jpg




 9時半、仙台城離脱です。
P1590955.jpg

 駐車場はすでに満車。
P1590956.jpg

 大手門脇櫓前まで戻ってくると、ものすごい渋滞になってました。
P1590963.jpg

 皆さん本丸へ向かっているようですが、この時間ですでにこの渋滞。
P1590970.jpg

 朝一に寄ってよかったです。
0909220944_DSC_7805.jpg

 その次による予定だった瑞鳳殿も渋滞がかなり心配だったのですが、無事駐車場にとめることができました。
0909220945_DSC_7809.jpg

 地図はこちら。
瑞鳳殿%%http://maps.google.co.jp/maps?q=38.250516,140.866447+(%E7%91%9E%E9%B3%B3%E6%AE%BF)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%38.250516%%140.866447%%15

 ルートです。
1004060047_P1640401.jpg

 3台ほど並んでましたけどね。
0909220949_DSC_7821.jpg

 こちら、鹿児島県人七士の墓です。
0909220946_DSC_7811.jpg

 西南戦争で投降した西郷軍の兵士は全国の監獄へ護送されたのですが、こちらのお墓は仙台で獄中死した方々のものです。
0909220950_DSC_7826.jpg

 そして瑞鳳殿の入り口に到着しました。
0909220951_DSC_7830.jpg

 拝観料は550円
img533.jpg

 こちらは頂いたパンフレットです。
img532.jpg

 まずは涅槃門です。
0909220952_DSC_7833.jpg

 って工事中かよ><
0909220953_DSC_7835.jpg

 まあいいや、本来の目的は瑞鳳殿ですし。
0909220953_DSC_7836.jpg

 てなわけでやってきました伊達政宗墓所です。
0909220954_DSC_7841.jpg

 これでまた、わがブログにビックネームのお墓が加わりました。
0909220954_DSC_7845.jpg

 残念ながらオリジナルは大戦で消失してしまったそうです。
0909220955_DSC_7847.jpg

 現在の建物は昭和54年に再建されたもの。
0909220955_DSC_7848.jpg

 その関係もあり、すごく新しく見えます。
0909220955_DSC_7850.jpg

 旧車をレストアに出したらまるで新車のようにピカピカに全塗されて帰ってきたって感じでしょうか。
0909220958_DSC_7864.jpg

 塗装も年式相応にといったのにって感じでw
0909220958_DSC_7867.jpg

 まあ、その再建を行う前に発掘調査を行っています。
0909221003_DSC_7886.jpg

 当然ですわね。
0909221006_DSC_7901.jpg

 瑞鳳殿の斜め横に資料館があります。
0909221007_DSC_7902.jpg

 その時の発掘された資料などが展示されてました。
0909221007_DSC_7903.jpg

 発掘された頭蓋骨から伊達政宗の顔を復元したようで、それも展示してありました。
0909221008_DSC_7906.jpg

 刑事ドラマの鑑識のようですね。
0909221008_DSC_7909.jpg

 その後は二代藩主の忠宗、三代藩主の綱宗の廟へ。
0909221008_DSC_7910.jpg

 こっちも再建なんですかね。
0909221009_DSC_7913.jpg

 まあ、それにしても派手ですね。
0909221009_DSC_7915.jpg

 こんなに派手な廟というのもなかなか見ることはできません。
0909221009_DSC_7917.jpg

 徳川家康とて東照宮はきらびやかですが、廟自体は地味ですしね。
0909221012_DSC_7929.jpg

 それに比べてなんと派手なこと。
0909221016_DSC_7941.jpg

 派手好きだとは聞いていたのですが、なるほどって感じですね。
0909221016_DSC_7942.jpg

仙台藩は62万石でしたが実高は100万石だそうです。
0909221017_DSC_7945.jpg

 そうして考えると、財政的にもかなり余裕があったでしょうし、贅沢もできたんでしょうね。
0909221019_DSC_7954.jpg

 私の住んでいる岡山なんて江戸時代、贅沢禁止令なんてのも出ましたし。
0909221020_DSC_7958.jpg

 そこまで言わなくとも、どこの大名も天下普請と参勤交代で財政難に陥り苦しんでいたわけですから、してやったりって感じなんでしょうね。
0909221021_DSC_7964.jpg

 さて、それでは前日の瑞巌寺に続いてもう一つの国宝を見に行くことにしましょう。
0909221024_DSC_7967.jpg

 では離脱です!
0909221025_DSC_7968.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 宮城 仙台 瑞鳳殿

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ