プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:京都御所、特別拝観の旅
 ~前回のあらすじ~

 京都御所が続いています。
0911061103_DSC_9237.jpg

 てか、めっちゃ広いです。

 春と秋、年二回と前もって申し込みした時に拝観できる南側を終了。
0911061104_DSC_9247.jpg

 今度は普段非公開になっている北側です。
0911061105_DSC_9261.jpg

 のんびり写真を撮りながら歩いて11時20分。
0911061110_DSC_9299.jpg

 京都御所、離脱です!
0911061111_DSC_9312.jpg




 駐輪した場所は御所の南側。

 今、歩いてるのは御所の北側ということで自転車を取りに戻るのも面倒だし歩いていこうという話になりました。
0911061132_DSC_9351.jpg

 が、これだったら自転車を取りに帰ったほうがよかったと思えるほど京都御苑は広かったです^^;
0911061133_DSC_9353.jpg

 とりあえず次なる場所に向かっていたのですが、昼時になると混雑するからとたまたま見つけた喫茶店に入ることにしました。
0911061134_DSC_9357.jpg

 メイプルツリーです。
0911061138_DSC_9360.jpg

 地図はこちら。
メイプルツリー%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.026345,135.767165+(%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.026345%%135.767165%%16

 ランチメニューが出ていたのが店に入った理由だったりします。
0911061155_DSC_9368.jpg

 先輩は茄子とひき肉のカレーライス。
0911061159_DSC_9369.jpg

 私のほうは同じく茄子とひき肉のトマトソースパスタです。
0911061201_DSC_9372.jpg

 私は220円余分に出してコーヒーとキャロットケーキ付です。
0911061214_DSC_9373.jpg

 店に入ったのが11時34分で、店を出たのが12時23分。
0911061223_DSC_9378.jpg

 ゆっくりしすぎですが、食事が出てくるのに30分近くかかってます^^;
0911061226_DSC_9386.jpg

 まあ、おいしかったのでOKですが。
0911061227_DSC_9388.jpg

 その後、本来の目的地である廬山寺へ。
0911061227_DSC_9389.jpg

 地図はこちら。
廬山寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.024582,135.768345+(%E5%BB%AC%E5%B1%B1%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%35.024582%%135.768345%%16

 拝観料は確か500円でした。
img538.jpg

 頂いた冊子。
img539.jpg

 ここは紫式部の邸宅址です。
0911061227_DSC_9391.jpg

 源氏物語を執筆した場所だそうで。
0911061228_DSC_9393.jpg

 現在は廬山寺が建っていますが、それは1573年にこの地に移ってきたからとの事。
0911061228_DSC_9394.jpg

 別にお寺に住んでいたわけではありません。
0911061228_DSC_9395.jpg

 また、この建物が当時の建物なわけももちろんありません。
0911061230_DSC_9396.jpg

 もしそうだったら国宝だろう。
0911061243_DSC_9397.jpg

 ですからこの庭園も当時のものとか、復元というわけではありません。
0911061244_DSC_9400.jpg

 源氏物語をイメージして作られたそうです。
0911061245_DSC_9402.jpg

 ちなみにこの日、拝観受付にはスーツ姿の若い女性の方が座っていました。
0911061254_DSC_9406.jpg

 ちょっと場違いだな~なんて思っていたのですが、中に入ってもスーツ姿の男性や女性がいます。
0911061254_DSC_9407.jpg

 手作りっぽいテロップをめくりながらたどたどしく説明してくれます。
0911061254_DSC_9411.jpg

 特別公開ということでご本尊も拝観させていただきました。
0911061256_DSC_9412.jpg

 もちろん撮影禁止でしたが。
0911061256_DSC_9413.jpg

 いったん外に出て伽藍を散策してると御陵へ続く道を発見。
0911061256_DSC_9414.jpg

 ここまで来たのですから、手を合わせて帰りましょう。
0911061257_DSC_9420.jpg

 てなわけで慶光天皇稜です。
0911061258_DSC_9422.jpg

 江戸時代、尊号事件により光格天皇の父でありながら上皇の尊号が贈られませんでした。
0911061258_DSC_9423.jpg

 慶光天皇の諡号が送られたのは明治に入ってから。
0911061258_DSC_9425.jpg

 幕府の反対で尊号が贈られなかったわけですから、明治に入って贈られたのは納得ですね。
0911061258_DSC_9426.jpg

 その兼ね合いもあり、御稜とはいってもただの墓地のような造りになっていました。
0911061259_DSC_9428.jpg

 ほかにも沢山の皇族のお墓がありましたし。
0911061300_DSC_9429.jpg

 亡くなったときに親王だったからでしょうね。
0911061300_DSC_9430.jpg

 さて、御陵へのお参りも終わりましたし次なる場所に向けて移動開始です。
0911061300_DSC_9431.jpg

 その前に、自転車を置いた場所まで戻らなければ;;
0911061304_DSC_9434.jpg

 それにしても改めて歩くと遠いです。
0911061307_DSC_9436.jpg

 南北に長細い京都御苑をとぼとぼと歩いて行きます。
0911061309_DSC_9438.jpg

 歩き続けて20分。
0911061310_DSC_9439.jpg

 自転車を置いた場所に戻ったときにはすでに1時20分でした^^;
0911061320_P1600677.jpg



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 京都御所 メイプルツリー 廬山寺 廬山寺陵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ