プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:京都・大原、紅葉の旅
 ~前回のあらすじ~

 大原、東の端の音無の滝から歩いて一時間。
0911181324_DSC_1280

 今度は北の端までやってきました。

 阿弥陀寺です。
0911181333_DSC_1302

 山の中にあるそのお寺。
0911181334_DSC_1307

 紅くないですが黄色いです。

 紅くないですがいい雰囲気です。
0911181342_DSC_1323

 お寺はやっぱりこうでなくっちゃ!
0911181342_DSC_1325



 麓に降りてきた時点で時間は2時。
0911181409_DSC_1355

 ここから再び歩いて戻ります。
0911181424_DSC_1359

 次に向かうのは大原の西の端。
0911181429_DSC_1363

 いったい何キロあるんでしょう。
0911181429_DSC_1364

 30分歩いて行きに通りかがった交差点にさしかかり、そこから西へ。
0911181434_DSC_1368

 三千院周辺とはまたちょっと雰囲気が違いますね。
0911181437_DSC_1372

 ちょっと紅いですよ。

 紅、紅・・・?
0911181438_DSC_1377

 えっと、やっぱり黄色?
0911181443_DSC_1384

 もう、このあたりまで来るとそんなことは気にしていなかったのですが寂光院です。
0911181444_DSC_1390

 地図。
寂光院%%http://maps.google.co.jp/maps?q=35.123927,135.821077+(%E5%AF%82%E5%85%89%E9%99%A2)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%35.123927%%135.821077%%18

 拝観料は600円。
img564.jpg

 パンフはこちら。
img565.jpg

 ここに来てやっとです。
0911181444_DSC_1391

 紅葉来ました。
0911181444_DSC_1394

 黄葉もいっぱいあるんですが・・・
0911181445_DSC_1400

 でも紅葉もいっぱいあります。
0911181445_DSC_1401

 なんて言いながらなかなか紅い絵が出てこないのはご愛敬。
0911181446_DSC_1410

 たまたまです。
0911181446_DSC_1414

 それよりも三千院もそうでしたがここも全体的に雰囲気がいいですね。
0911181447_DSC_1418

 そらそうです。
0911181447_DSC_1420

 私にとっても特別な地。
0911181447_DSC_1421

 平家物語灌頂巻、大原御幸の段の地なのです。
0911181447_DSC_1427

 つまり、この寂光院は建礼門院こと平徳子隠居の地。
0911181448_DSC_1428

 言わずと知れた平清盛の娘で安徳天皇の母でもあります。
0911181448_DSC_1432

 壇ノ浦で平家が滅亡したとき、次々と入水する女人たちの中で生き残ってしまいました。
0911181448_DSC_1434

 京に送還され大原に隠居するわけですが、後に後白河法皇がここを訪れます。
0911181450_DSC_1443

 その法皇に徳子が自らの人生を語って平家物語は完結します。
0911181450_DSC_1445

 そうなんです。
0911181450_DSC_1446

 義経を追いかけて平泉や首塚、胴塚まで行ったわけですがここにももう一つ。
0911181450_DSC_1447

 ここもまた、私が追いかけてきた物語の一つが完結する場所なんですね。
0911181450_DSC_1448

 壇ノ浦、鎌倉、平泉。
0911181451_DSC_1451

 そして大原。
0911181451_DSC_1452

 寂光院にて私の旅、その中の一つが終わりを迎えたわけです。
0911181451_DSC_1453

 感無量です。
0911181451_DSC_1455

 残念なのは本堂ですね。
0911181451_DSC_1459

 この本堂、2000年に火災で全焼しています。
0911181452_DSC_1460

 原因は不審火。
0911181452_DSC_1461

 悲しいことに放火だったそうです。
0911181453_DSC_1466

 結局犯人は捕まることなく時効を迎えてしまったとのこと。
0911181455_DSC_1468

 現在の本堂は2005年に再建されました。
0911181501_DSC_1482

 忠実に復元したそうです。
0911181501_DSC_1483

 どっぷりつかって時間は3時。
0911181501_DSC_1487

 そろそろ旅の終わりも意識して残り時間を消化していきましょう!
0911181502_DSC_1490


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 京都 大原 寂光院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ