プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福山・鞆の浦の旅
 ~前回のあらすじ~

 お昼の12時。

 途中雪に遭うも、無事鞆の浦に到着。
0912171150_P1610249

 そうそうお昼ご飯に選んだのは鯛飯がおいしいと評判の鯛亭。
0912171202_P1610264

 鯛飯だけでなく、何から何までおいしかったです。
0912171201_P1610260

 そして、最初に立ち寄った場所が庄屋、桝屋跡。
0912171232_DSC_4144

 坂本龍馬がいろは丸事件で宿泊した場所から鞆の浦散策、スタートです!
0912171231_DSC_4140




 龍馬宿泊所跡では現地で非公開だったことを知り少々意気消沈気味です。
0912171234_DSC_4150

 とりあえず、気を取り直してイラストマップを広げ、散策再開。
0912171235_DSC_4151

 本当は阿伏兎観音まで行きたかったんですが、地図を見ても載ってません。
0912171235_DSC_4152

 現地の案内板を見て初めて知りました。
0912171235_DSC_4154

 歩いて行けるような距離になかった・・・
0912171236_DSC_4156

 でも宮崎駿監督はここから阿伏兎観音まで毎日散歩をしていたという話を聞いたような聞いていないような・・・
0912171236_DSC_4157

 時間があったら車で行きましょうw
0912171236_DSC_4158

 てか、トランクに折りたたみ自転車があるのになぜ活用しないんだ^^;
0912171236_DSC_4159

 そのときはこんな道がたくさんありますし、町並みの写真を撮りたかったので思いもよりませんでした。
0912171236_DSC_4160

 同じ備後の港町と言うこともあり、何となく尾道と雰囲気がよく似ています。
0912171237_DSC_4162

 あっちは坂道ばっかりですが。
0912171238_DSC_4165

 あと、学生時代の友人が住んでいて何度か行ったことがあるのですが、忠海もよく似た雰囲気ですね。
0912171238_DSC_4167

 狭い路地が入り組んでいて昔ながらの町並みを形成しています。
0912171239_DSC_4168

 ただ、尾道も忠海も新しい建物がポツポツあったりするのですが、鞆の浦は圧倒的に古い家が多いですね。
0912171239_DSC_4169

 昭和の比較的新しい建物はもちろん、明治や江戸時代の建物も多く残っているというのですから驚きです。
0912171240_DSC_4172

 その町並みが保存地区として残されてきたわけでなく、開発の遅れからやむなく残ってしまったというのが複雑と言えば複雑ですが^^;
0912171240_DSC_4173

 さて、もっとも鞆の浦を象徴する場所の一つにやってきました。
0912171240_DSC_4175

 対潮楼です。
0912171241_DSC_4179

 地図。
対潮楼%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.383096,133.383426+(%E5%AF%BE%E6%BD%AE%E6%A5%BC)&hl=ja&ie=UTF8&z=18%%34.383096%%133.383426%%18

 拝観料は200円です。
img569.jpg

 サザエさんのオープニングでも登場する鞆の浦と言えばここって言う場所ですね。
0912171241_DSC_4180

 しかもありがたいことにここまで来て青空が出てきました。
0912171241_DSC_4182

 お昼時と言うこともありちょうど拝観客の切れ目で誰もいません!
0912171243_DSC_4188

 てなわけで大手をふるって写真撮りまくりw
0912171244_DSC_4191

 レンズを18-200mmに変えたり12-24に変えたりと大忙し。
0912171245_DSC_4197

 変わりやすい天候になっている本日。
0912171246_DSC_4198

 青空が出ているうちに一気に写真を撮りましょう。
0912171246_DSC_4203

 PLフィルターつけたら、空の色がムラになった・・・^^;
0912171248_DSC_4208

 ちなみにここ、福禅寺というお寺です。
0912171255_DSC_4214

 対潮楼はその客殿となります。
0912171255_DSC_4216

 江戸時代には朝鮮通信使のための迎賓館だったようです。
0912171255_DSC_4217

 対潮楼というなも正使の洪啓禧が名付けたとか。
0912171256_DSC_4219

 ここは縁側をフレームに入れて撮って一番にいい感じになりますね。
0912171256_DSC_4220

 もちろん、縁側を外して風景だけを撮影してもすばらしい風景なんですけど。


 まるで額縁のようでいい感じです。
0912171257_DSC_4224

 人がいなくて、本当に最高ですw
0912171302_DSC_4225

 人がいっぱいいたらこんな写真は撮れませんからね~。
0912171306_DSC_4228

 まあ、本物のサザエさんか100歩譲って観月ありさだったら一緒にとっても良いですが・・・
0912171306_DSC_4230

 いや、どちらかといえば本物のサザエさんより観月ありさの方が良いですw
0912171307_DSC_4233

 最近は京都の二回の旅でも、庭園撮影にあえて軒や縁側を入れて撮るようにしてます。
0912171307_DSC_4235

 個人的な好みなんですけどね。
0912171307_DSC_4236

 ただ、どうしても観光客がいっぱいいるのでなかなか狙った写真は撮れないことが多いんですよね。
0912171309_DSC_4238

 だから、個人的に新鮮に感じるんでしょうけどね^^;
0912171309_DSC_4239



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 広島 福山 鞆の浦 福禅寺 対潮楼

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
鯛飯ですね~。
備後周辺は鯛飯を食べさせてくれるところが多いみたいで、しまなみ海道でもお店がたくさんありました。
おいしいですよ。
これが安芸まで行くと穴子飯に変わっていくんですよね。
これもまたおいしいですよね~。
おなかすいてきた・・・


おいしそうな写真!!
ご飯が いいですね~
味わい深い ごはんって感じでしょうか

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ