プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:正月・とことん大分の旅
~前回のあらすじ~

 旅の初日、2010年の元旦も終了です。

 ホテルは去年の夏から続いています、ルートイン。
1001011759_P1610845

 現在私のマイブームですね。

 晩ご飯はお腹いっぱいトリ天を食べさせてくれるところをチェックしていたのですが私が前もって用意していた地図を無くしたのとauのナビの誤地図でたどり着かず;;
1001011811_P1610856

 さらに代替えで用意していた店はお正月で早じまい。
1001011818_P1610862

 さらにとどめとあざ笑うかのように飛び込んだ割烹の店では関サバ、もしくは関アジが時価で7000円^^;
1001011833_P1610864

 5Aランクのブランド牛が食えるじゃねえかとの思いを腹にしまい、食べたのは2000円台の海鮮ちらしだとさw

 2010年元旦、まさに呪われているとしか言いようのない一日の食事でありました・・・
1001011916_P1610869




 2010年1月2日。
1001020745_P1610883

 旅も2日目に突入。
1001020747_P1610885

 本日は臼杵に続き高千穂の旅で訪れた場所、竹田まで足を伸ばしてみるつもりです。
1001020753_P1610888

 そこへたどり着くまでにはたくさんの磨崖仏が点在しています。
1001020758_DSC_6038

 全部は無理ですが、出来るだけ多くお参りして回りましょう!
1001020759_DSC_6041

 まず最初に訪れたのは圓寿寺です。
1001020800_DSC_6043

 地図。
圓寿寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.220702,131.613453+(%E5%9C%93%E5%AF%BF%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%33.220702%%131.613453%%16

 そしてルート。
20100704164517_P1670427.jpg

 この圓寿寺。
1001020800_DSC_6044

 建立は幕末。
1001020801_DSC_6050

 かつては岩屋寺がここにありました。
1001020801_DSC_6052

 ここでピーンと来たあなた、エライです!
1001020802_DSC_6055

 そう、私は別にこのお寺にお参りに来たわけではありません。
1001020803_DSC_6059

 岩屋ってことは岩系の何かがあるってことでしょうw
1001020804_DSC_6063

 ちなみにこのお寺、府内藩主日根野吉明の菩提寺でもあります。
1001020805_DSC_6066

 でこれが廟。
1001020805_DSC_6067

 まあ、こちらはサクッと写真を撮って離脱。
1001020809_DSC_6077

 そこから100mほど坂を下ったところに本来の目的地があります。
1001020810_DSC_6089

 岩屋寺石仏!
1001020809_DSC_6080

 再び地図。
岩屋寺石仏%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.219226,131.613834+(%E5%B2%A9%E5%B1%8B%E5%AF%BA%E7%9F%B3%E4%BB%8F)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%33.219226%%131.613834%%17

 先ほど立ち寄った圓寿寺、かつての岩屋寺はこの辺りにあったそうです。
1001020809_DSC_6081

 ここにある石仏はその当時の名残。
1001020809_DSC_6082

 巨大な伽藍だったんですね。
1001020810_DSC_6092

 今日は朝から磨崖仏を片っ端から見ていこうという計画です。
1001020810_DSC_6093

 その第一弾がここな訳。
1001020811_DSC_6094

 正直、痛みはかなり激しいようです。
1001020811_DSC_6096

 ほとんど識別不可能。
1001020812_DSC_6103

 その中で比較的状態のがいいのがこれ、十一面観音菩薩。
1001020811_DSC_6095

 他はほとんど判別不可能な状態になってました。
1001020812_DSC_6106

 その隣には千仏龕。
1001020813_DSC_6110

 こちらはこの窓一つ一つに仏様が埋め込まれていたんですね。
1001020814_DSC_6112

 是非、もう少し状態がよければとつくづく思います。
1001020818_DSC_6122

 次の目的地は歩いてすぐの場所なのでそのまま歩いて行く事にしました。
1001020819_DSC_6124

 それが元町石仏。
1001020819_DSC_6126

 重くなりますがさらに地図。
元町石仏%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.220612,131.615674+(%E5%85%83%E7%94%BA%E7%9F%B3%E4%BB%8F)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%33.220612%%131.615674%%17

 石仏は比較的新しい立派な覆堂の中にありました。
1001020819_DSC_6127

 でかw
1001020820_DSC_6128

 しかも先ほどに比べてめっちゃ状態がいいです。
1001020820_DSC_6129

 この薬師如来像、座像なのですが5m以上あります。
1001020820_DSC_6130

 写真で見るより実際に見ると遙かに大きいです。
1001020820_DSC_6133

 残念なのは薬師如来像の両端にも石仏があり三尊だったそうですが今ではすっかり風化して判別できない状態になっている事でしょう。
1001020820_DSC_6135

 これもそうなのですが、元々何があったのかも判別出来ない状態になっています。
1001020821_DSC_6142

 しっかり拝んだところで離脱。
1001020821_DSC_6147

 それでは本格的に車で移動開始しましょう!
1001020829_DSC_6154



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 岩屋寺石仏 元町石仏 圓寿寺 日根野吉明廟

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
おそらくこれから、人生で一度も見た事がないような(たぶんw)ものが続くと思います。
つまり視点を変えれば万人受けするかもしれません・・・
たぶん^^;
旅をした本人はすごく楽しかったんですけど、今回の旅は当初から旅日記になったとき一般受けするかが最大の心配事だったんですよね~><

おはようございます
途中下車してませんよ  まだ(笑)
続きたのしみに v-22

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ