プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:正月・とことん大分の旅
~前回のあらすじ~

 磨崖仏で始まり磨崖仏で終わった旅2日目。

 大野から一気に中津まで一気に移動です。

 途中、手堅く別府湾SAで夕食。
1001021801_P1620224

 東北に北陸に信州にと、どこへ行っても蕎麦が名物なのにわざわざ大分で食べるのか?
1001021800_P1620222

 ホテルも続きます、またもやルートイン。
1001021906_P1620274

 いいの、他のビジネスホテルに比べて私はルートインが好きなのw
1001021917_DSC_7553

 ちなみに連泊なのでチェックアウトせずにそのまま外出。

 旅三日目、スタートです!
1001030800_P1620316




 1月3日、旅も折り返し地点に来ました。
1001030802_P1620318

 本日は国東半島をほぼ一周して再び、同じホテルに戻ってくる予定。
1001030803_P1620320

 日光以来の同じホテル連泊です。
1001030816_P1620326

 それにしても空が重いです。
1001030834_P1620338

 今にも雨が降り出しそう・・・
1001030838_P1620341

 前日はけっこう雨が降りましたからね~。
1001030842_P1620342

 実際、降り出したしw
1001030842_P1620343

 まあ、小雨程度ですぐやみましたが。
1001030847_P1620353

 でも国東っていわば山だし、折りたたみ傘をバックに忍ばせておきますかね。
1001030849_DSC_7559

 さあ、到着です。
1001030851_DSC_7564

 地図。
熊野磨崖仏%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.478193,131.525675+(%E7%86%8A%E9%87%8E%E7%A3%A8%E5%B4%96%E4%BB%8F)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%33.478193%%131.525675%%16

 ルート。
20100704172250_P1670440.jpg

 拝観料は200円、って久しぶりにお金を払った気がするw
img580.jpg

 パンフレットも久しぶりですね。
img581.jpg

 考えてみれば初日の野上弥生子文学記念館以来です。
1001030853_DSC_7573

 トータルでも臼杵石仏と文学記念館に続いて三つ目。
1001030856_DSC_7580

 エンゲル係数も久々にグングン下がってますし安上がりな旅になってるな・・・
1001030856_DSC_7581

 ちなみにこの強烈な石畳の階段。
1001030857_DSC_7592

 鬼が一夜にして築いた石段との伝説が残っています。
1001030900_DSC_7598

 これね。
1001030849_DSC_7560

 いや、それよりも足場悪いしとにかく急だし、足を滑らせると確実にしたまで落ちてしまいそうな結構怖い階段でした^^;
1001030901_DSC_7601

 さあ、見えてきました熊野磨崖仏です。
1001030902_DSC_7605

 大変珍しいほほえんでいるように見える不動明王像です。
1001030903_DSC_7608

 ちなみに熊野となっていますが、同じ山の中でもここは九州大分、国東です。
1001030903_DSC_7609

 こちらは大日如来像。
1001030904_DSC_7617

 平安後期の作品だそうです。
1001030905_DSC_7621

 これも保存状態がいいですね。
1001030907_DSC_7631

 しかも雨ざらしになっていて覆堂などもないのに。
1001030908_DSC_7635

 そうそう、ここは国重文ですね。
1001030910_DSC_7645

 磨崖仏を離れさらに上に行くと今度は拝殿が・・・

 拝殿?
1001030908_DSC_7637

 ・・・流造り?
1001030910_DSC_7646

 ってここ神社?
1001030917_DSC_7659

 麓にあった胎蔵寺の奥の院だと思っていたのですが。
1001030921_DSC_7668

 熊野神社だそうです。
1001030921_DSC_7670

 しっかり旅の安全を祈願して離脱。
1001030922_DSC_7675

 三枚上の写真、どれだけ急な階段かわかりますわかります?
1001030925_DSC_7682

 さすがに写真を撮りながら下っていくのは怖かったです^^;
1001030928_DSC_7688

 下まで下りてきました。
1001030928_DSC_7690

 右側の建物がチケット売り場、左側がお土産屋です。
1001030928_DSC_7691

 駐車場は写真の右手にあります。
1001030928_DSC_7694

 すぐそばの胎蔵寺に行ってみると・・・なにこれ?
1001030928_DSC_7695

 梵字・・・?
1001030928_DSC_7696

 そして仁王像。
1001030930_DSC_7706

 やっぱりこちらの地方の石像はデフォルメされてかわいいですね。
1001030930_DSC_7707



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 国東半島 豊後高田 熊野磨崖仏 国東熊野神社

コメント

Re: 耶馬渓の蕎麦も美味しいです。

あつあげさん、いらっしゃいませ。
書き込みありがとうございます。
そばですね~そば、そばか~。
それよりも出発前の調査でおいしい唐揚げ屋さんの情報をゲットしてたのですが・・・
結果的には・・・
そのときの模様はまた後日、ブログにて紹介させていただけいますw
予定では青の洞門、盆明けの公開となります。
よろしくお願いします~

耶馬渓の蕎麦も美味しいです。

こんばんは。
耶馬渓にも蕎麦屋さんがありますね。
並ぶ飲食店の一番奥に位置する蕎麦屋さんが実に美味しいですよ。
他の店とは比較になりません。
また、無性に行きたくなりました。
行くのなら晩秋の頃にします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ