プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:正月・とことん大分の旅
~前回のあらすじ~

 再び磨崖仏です。
1001031025_DSC_7779

 川中不動。
1001031027_DSC_7786

 字を読んでごとく。
1001031029_DSC_7805

 川の中にある不動明王像と言う事になりますねw
1001031027_DSC_7791

 その磨崖仏のあるお寺、天念寺は他にも特徴があります。

 無形文化財に指定されているお祭り、修正鬼会です。

 もう一つ特徴があるのですが・・・私には無理です・・・^^;
1001031032_DSC_7826




 天念寺、川中不動尊とは別のもう一つの特徴。
1001031040_DSC_7874

 ここに付くまで気がつきませんでした。
1001031040_DSC_7878

 国東をチェックしているときにすごく行ってみたいと思いながら、高いところが苦手な私には絶対無理な場所。
1001031041_DSC_7879

 あきらめていたのですが、下から見る事が出来たんですね・・・
1001031043_P1620413

 この時はあの絶壁の山を見ながらどこかで見た事あるんだけどな~なんて思っていたわけですが。
1001031044_P1620414

 車で移動を開始して左手にその絶壁が見えて、初めてここが私が行きたいと思って断念した場所だと気がつきました。
1001031045_DSC_7880

 先ほど頂上の祠らしき物が見えた絶壁を横から見てます。
1001031047_DSC_7884

 岩と岩の間のアーチ見えます?
1001031045_DSC_7881

 天念寺無明橋です。
1001031047_DSC_7885

 修行場という事で、断崖絶壁を鎖を伝いながら進んでいく事になります。
1001031049_DSC_7893

 橋自体は単一の石造アーチです。
1001031049_DSC_7894

 長さは6m弱、幅は1mちょっと。
1001031050_P1620416

 手すりも何もなく、橋の幅も短くしかもアーチになっているので見るだけで怖そうです。
1001031051_P1620420

 ネットで見ましたが、写真を見ているだけで身の毛もよだつ思いをしました。
1001031051_P1620421

 はっきり言って怖すぎです。
1001031052_P1620422

 絶対無理!
1001031052_P1620424

 でも、行きたいよな・・・
1001031053_P1620426

 いや、無理な物は無理ですから!
1001031053_P1620429

 かなり心揺れる物があったのですが、それでもぐっと我慢して先へ進む事にします。
1001031054_P1620431

 何より、落ちたら確実にあの世行きですから^^;
1001031055_P1620433

 やばすぎます。
1001031056_P1620435

 何より本日はてんこ盛り予定を詰め込んでいます。
1001031056_P1620436

 全部回れないかも知れません。
1001031056_P1620437

 てかすでに昭和の町はあきらめてますし;;
1001031057_P1620439

 とりあえず最初に決めたいくつかのお寺と杵築だけは是非行きたいです。
1001031058_P1620441

 そしてこれから行く場所。
1001031058_P1620444

 ここがどのくらい時間を取られるかわかりません。
1001031059_P1620447

 何より無事たどり着くかどうかもわかりません。
1001031100_P1620449

 何せ廃寺ですから^^;
1001031100_P1620451

 約400年前に廃寺となり、今は山の中に埋もれている場所です。
1001031101_P1620453

 何しにそんなところに行くんだw
1001031102_P1620456

 至極もっともな意見です。
1001031102_P1620458

 しかし!
1001031103_P1620460

 なんとそこには1000基を超える五輪塔や石垣、石仏などがそのまま残っていると言うではないですか!
1001031104_P1620463

 ならば行くしかありませんよね。
1001031105_P1620467

 幸いな事に季節は冬、場所は九州。
1001031105_P1620468

 熊の心配はありませんw
1001031106_P1620470

 蛇やスズメバチの脅威もありませんし、その他虫などに悩まされる事もありません。
1001031107_P1620473

 草も枯れ足下も開かれています。
1001031110_DSC_7899

 後の予定が詰まっているのでゆっくりは出来ませんが、時間いっぱいとことん行くぜ!
1001031110_DSC_7900



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 国東半島 豊後高田 天念寺無明橋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ