プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:正月・とことん大分の旅
~前回のあらすじ~

 旧千燈寺跡をさまよっています。
1001031125_DSC_8000

 最初に奥の院にたどり着いてしまったので伽藍跡へ行こうとあちらこちらを回ってみるのですが・・・
1001031126_DSC_8009

 奥の院より高い位置に本堂は普通無いですわね^^;
1001031126_DSC_8019

 少し場所を移動したところで見つけたこの周辺の案内板。

 そこを見ると、目的の伽藍はすでに通り過ぎ、けっこう麓にあったようです^^;
1001031138_DSC_8067

 それでも1000基にも及ぶ五輪塔群やすばらしい景色を見れたのですから文句なしです。
1001031143_DSC_8087




 長々といた旧千燈寺跡を離脱です。
1001031149_P1620484

 ゆっくりしすぎましたが、それでももう少しゆっくりしたかった^^;
1001031150_P1620486

 もう一度奥の院に戻ってそこから、伽藍を巡っていきたかったです。
1001031150_P1620488

 残念。
1001031152_P1620493

 時間が押しているので仕方がありませんね。
1001031156_P1620497

 そもそも私はお昼ご飯をどうするつもりなんでしょうか?
1001031158_P1620503

 二カ所ほどチェックしている場所はあるのですが、計画段階からすでにお昼に到着するのは厳しいだろうと思っていました。
1001031159_P1620507

 てか実際、すでに無理ですw
1001031201_P1620512

 走る道はお食事処どころか民家すらまばら。
1001031205_P1620518

 適当にどこかで食べようという野望も崩れかけています・・・
1001031208_P1620526

 てなわけで12時10分、岩戸寺に到着。
1001031209_DSC_8092

 地図。
岩戸寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.619249,131.618880+(%E5%B2%A9%E6%88%B8%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%33.619249%%131.618880%%15

 そしてルート。
20100725150503_P1670587.jpg

 いい名前ですね~。
1001031210_DSC_8100

 名前からして岩ですよ、岩!
1001031210_DSC_8102

 早速来ました、一日にアップする写真を40枚と決めているのでやむなくアップの絵は削除しましたが、右側。
1001031211_DSC_8109

 丸彫りの仁王像としては日本最古です。
1001031215_DSC_8121

 そして美しいですね。
1001031216_DSC_8129

 国東塔です。
1001031217_DSC_8136

 こちらも国東最古。
1001031219_DSC_8150

 てことは日本最古です。
1001031219_DSC_8151

 国宝にも指定されています。
1001031219_DSC_8154

 さらに奥へ。
1001031220_DSC_8158

 そんなに距離はないのですが・・・奥の院?
1001031221_DSC_8164

 さらに奥へ行くと。
1001031221_DSC_8166

 神社?
1001031222_DSC_8172

 本殿はと思ったら覆堂でした。
1001031222_DSC_8174

 てことは中に・・・あった!
1001031222_DSC_8175

 こちらは拝殿の中の様子。
1001031222_DSC_8176

 そういえば入り口にも鳥居がありましたね。
1001031224_DSC_8185

 神仏習合の形をしっかりと残すお寺です。
1001031225_DSC_8199

 四国に行ったときも感じたのですがあまり発展していない人口の少ない場所は神仏分離令が行き届いていない事もあるでしょうか。
1001031226_DSC_8201

 神仏習合の形をしっかりと残すお寺や神社が結構ありました。
1001031226_DSC_8204

 正直、九州でこうした雰囲気のいいお寺が沢山ある事にも驚きですが、さらにこうした古い形を残しているのもまた驚きです。
1001031226_DSC_8213

 てかそういう言い方は失礼?
1001031227_DSC_8216

 今まで旅をしてきた私の九州のイメージってやっぱりキリシタンてのが強いので^^;
1001031228_DSC_8226

 みんながみんなそうだったわけではないでしょうが、キリスト教が禁止になり信者は改宗させられたわたけですが、そこにお寺を建てて拝みなさいって感じの押しつけがましい物も多々あったようです。
1001031229_DSC_8230

 ですから明治に入り解禁になってからは廃仏毀釈の嵐が吹き荒れたってイメージがあったのです。
1001031230_DSC_8238

 そのイメージがどこから来たかと言えば去年の薩摩の旅だったわけですが、あそこは特に激しかったようですね。
1001031231_DSC_8242

 でもそれとキリシタンとは関係ないですよね~^^;
1001031231_DSC_8244

 まあ、九州ではあまりない古寺ですが、国東はさすがにかつて修行場だった事もあって本当に沢山残っています。
1001031232_DSC_8245

 そしてなにより雰囲気がすばらしくいいですね~。
1001031233_DSC_8249



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 国東半島 国東 岩戸寺

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
ランチ・・・
ほんと、どうなったんでしょうね。
結構食べられないときもあるのですが今回は・・・
てか、お食事処どころか普通に民家もないんですが^^;

おはようございます
結局ランチは・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ