プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:正月・とことん大分の旅
~前回のあらすじ~

 国東半島、寺巡りも佳境に入ってきました。

 日本三大文殊のひとつ、文殊仙寺です。
1001031246_DSC_8276

「三人寄れば文殊の知恵」
1001031247_DSC_8279

 この発祥の地がこのお寺だそうです。
1001031250_DSC_8300

 文殊山の山腹にあるこのお寺は、その地形を巧みに利用して風情ある伽藍を構成していました。
1001031259_DSC_8360

 お寺の展望から見る風景もまた格別です。
1001031300_DSC_8374




 先ほど、旧千燈寺跡から文殊仙寺へアクセスする道も強烈でした。
1001031311_P1620549

 木が折れて道の真ん中をふさいでたりして・・・
1001031312_P1620553

 しかし文殊仙寺から両子寺へ抜ける道も強烈で^^;
1001031315_P1620563

 落石注意の看板の意味、こういう事です。
1001031313_P1620556

 でっかい落石です、しゃれになりません^^;
1001031318_P1620572

 ナビの地図を見てもわかるように要するに文殊仙寺がすごい山の中にあったという事なんですね^^;
1001031318_P1620574

 やれやれ一服と思ったのですが、あまり状況は変わっていません。
1001031322_P1620589

 道ばたにはまだ雪も残ってます。
1001031326_P1620600

 さすがに凍結している場所はありませんでしたが、国東を後回しにしてよかったです。
1001031328_P1620609

 初日とかだったら雪が残っていたでしょうね。
1001031331_P1620616

 実際、初日の福岡からの移動では深夜で写真にこそ写っていませんでしたが、一面銀世界になっていましたからね。
1001031332_P1620621

 しかし、冬タイヤ規制は解除されてません^^;
1001031333_P1620624

 さあ、到着です。
1001031334_DSC_8403

 両子寺です。
1001031335_DSC_8405

 地図。
両子寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.574017,131.603246+(%E4%B8%A1%E5%AD%90%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%33.574017%%131.603246%%15

 ルート。
20100725150851_P1670589.jpg

 拝観料は200円ですが、本日は無人でした。
1001031336_DSC_8409

 頂いたパンプ。
img584.jpg

 もちろん料金箱はあるので、お金はそこに投入です。
1001031337_DSC_8411

 ここにはかなり大きめな仁王石仏があるとの事でやってきました。
1001031337_DSC_8412

 が、初詣客で一杯です。
1001031337_DSC_8417

 なんだか、久しぶりにたくさんの人を見た気がします。
1001031337_DSC_8418

 適当に賽銭を投げて、仁王像探しスタート。
1001031338_DSC_8424

 しかし見つかりません。
1001031338_DSC_8425

 そもそも、仁王像ですから通常は入り口だろ・・・
1001031339_DSC_8428

 あった・・・?
1001031339_DSC_8431

 いや、絶対違うw
1001031339_DSC_8432

 訳もわからず階段をのぼっていきます。
1001031339_DSC_8433

 が、ますます目的の仁王像からは離れている気がする・・・
1001031341_DSC_8441

 でっかい岩だ~。
1001031342_DSC_8455

 到着したのは奥の院。
1001031343_DSC_8456

 すごい、断崖絶壁に張り付いてるよ^^;
1001031343_DSC_8461

 奥の院本殿の横には岩窟洞窟の入り口なる物を発見!
1001031344_DSC_8462

 突入~!
1001031344_DSC_8463

 ちょうど本殿の真裏辺りになります。
1001031344_DSC_8464

 いい感じです。
1001031344_DSC_8465

 いい感じですがちょっと待て!
1001031345_DSC_8470

 本来の目的を忘れてないかい?
1001031346_DSC_8471

 ああ、そうでした。
1001031346_DSC_8473

 仁王像って結局どこにあるのでしょう?
1001031349_DSC_8482

 探し回ったあげく見つける事が出来ずに旅を終え、自宅に戻ってからホームページで確認したところ、駐車した場所よりも遙か下、車用のアクセス道路が出来る前からある本来の入り口、山門の所にあったのでした。
1001031349_DSC_8486

 要するに仁王像をそのまま飛ばして、楽ちんコースを行っちゃったのね^^;

 ちなみに旅の序盤で紹介した行く年来る年。
1001031352_DSC_8492

 その時の梵鐘がこれだそうです。
1001031352_DSC_8493



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 国東半島 国東 両子寺

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ