プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:正月・とことん大分の旅
~前回のあらすじ~

 羅漢寺本堂を眺めながら、二階にある望楼部分に上がれたらなんて思っていました。

 300円払って本堂の裏手には入れたのですが階段を登っていくうちに・・・
1001041210_DSC_9639

 あらびっくり。

 望楼部分に出てしまいましたw
1001041211_DSC_9644

 気持ちのいい最高の眺め。
1001041211_DSC_9650

 登りは間違って歩いてしまいましたが下りはリフトを使う事にします。
1001041230_DSC_9784

 禅海和尚の遺品を眺め。

 最後に猫ちゃんたちの写真を撮って離脱です。
1001041234_DSC_9810




 さて、羅漢寺離脱です。
1001041239_P1620835

 いやはや、なかなかしびれる造りで最高によかったです。
1001041242_P1620845

 これで今回、初物のどうしても行きたいところはすべて回りました。
1001041244_P1620853

 後は残り時間を見ながら出来る限り回っていきましょう。
1001041245_P1620857

 出来れば耶馬溪周辺の散策。
1001041248_P1620867

 宇佐神宮や海軍航空隊掩体壕へも行きたいのですが。
1001041251_P1620874

 可能ならちょっと国東に戻って昭和の町にも・・・
1001041252_P1620875

 時間はすでに1時です・・・
1001041255_P1620882

 まあ、なんにしてもまずは宇佐の三滝です。
1001041257_P1620887

 全部回れるかどうかも微妙ですが、やってみましょう!
1001041306_P1620906

 なんて言ってるうちに、どんどん山の中に入っていきます。
1001041309_P1620914

 国東を思い出すような強烈な道。
1001041313_P1620921

 そろそろゴールが見えました。
1001041318_P1620928

 日出生ダムです。
1001041323_DSC_9823

 いや、そっちじゃないです^^;
1001041324_P1620933

 もう少し奥へ行くと駐車場発見です。
1001041325_DSC_9825

 日出生ダムです。
1001041325_DSC_9826

 いや、だから違うって^^;
1001041325_DSC_9828

 冗談はさておき、車を捨てて徒歩で少し歩いて行きます。
1001041326_DSC_9832

 すると滝見台発見。
1001041327_DSC_9834

 西椎屋の滝です。
1001041327_DSC_9837

 地図。
西椎屋の滝%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.356965,131.250784+(%E8%A5%BF%E6%A4%8E%E5%B1%8B%E3%81%AE%E6%BB%9D)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%33.356965%%131.250784%%15

 ルート。
20100725161441_P1670600.jpg

 滝見台からの風景はこんな感じでした。
1001041327_DSC_9844

 滝見台から遙か山々も展望できました。
1001041327_DSC_9842

 ・・・
1001041326_DSC_9833

 ん~、1時半ですか。
1001041327_DSC_9846

 下りてみましょうか^^;
1001041328_DSC_9848

 てか、道がすごいんですが^^;
1001041329_DSC_9855

 急な階段、大量の荷物を抱えて歩くにはかなり厳しい階段です。
1001041330_DSC_9858

 まあ、ずっと下りなのでまだマシなのですが・・・
1001041332_DSC_9862

 ・・・つまり帰りはずっと上り?
1001041335_DSC_9868

 やっと見えてきました。
1001041336_DSC_9871

 上の滝見台から10分です。
1001041342_DSC_9888

 落差は86mです。
1001041339_DSC_9879

 三滝では一番高い滝となります。
1001041340_DSC_9881

 薄暗いのでホワイトバランスに苦労しましたが、スローシャッターにしやすくそういう意味では撮りやすかったです。
1001041342_DSC_9887

 ホワイトバランスは後からでも変えれますが、シャッタースピードは変えられませんからね。

 出発前、写真で見たときは凄まじい水量だったのですが、現物はちょっと少なめでした。
1001041343_DSC_9892

 それでも十分迫力ありましたけどね。
1001041343_DSC_9893

 それにしてもこの階段を上るのはさすがに死にそうになりました^^;
1001041349_DSC_9907

 なんでも滝壺の滝見台からさらに下におりる事も出来るそうですが、あまりに危険なのでやめました。
1001041355_DSC_9919

 てか、1時間ここで過ごしてしまいましたからね^^;
1001041355_DSC_9921



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 玖珠 西椎屋の滝 日出生ダム

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
いつも書き込みありがとうございます。
大原の旅とか鞆の浦の旅とか、のんびりした旅が続きましたが、本来の松村探検隊の旅はこういったせわしないものなんです^^;
賛否両論ありますし、私自身もこのスタイルがいいとは思っていないのですが、後でブログにする事を考えると貧乏性なのでついつい><
すぐ近くまで来たのになぜあそこに寄らなかったんだと悔しい思いをしたくないというのもありますが、回っているうちにどんどんボルテージが上がって、いつの間にやら手段が目的に取って代わってしまいます。
今回もその典型で・・・
ちなみにこの日のお昼ご飯は珍しく、青の洞門で超軽めにとろろそばをいっぱい食べています・・・よw
この頃にはすでにおなかすたい~なんて騒いでいましたが。


おはようございます
いつも思うのですが
本当に 意欲的に周られて凄いなあと思います
滝の風景 素晴らしいですね
水辺の景色が好きなので
うっとりでした
またお昼ご飯ぬき?(笑)
今日もお元気で!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ