プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:正月・とことん大分の旅
~前回のあらすじ~

 宇佐三瀑布も二つ目です。

 福貴野の滝。
1001041432_DSC_9941

 滝見台から見下ろせる場所と滝壺に下りられる場所。
1001041425_DSC_9925

 全く別の場所からのアクセスとなるのですが、私は意に反して滝見台の方に到着してしまいました。

 滝壺の方にも行きたかったのですが、どう考えても時間がないのであきらめる事に。
1001041434_DSC_9948

 いつしか、手段が目的と変わってしまってる今回の旅。
1001041435_DSC_9953

 意地でも宇佐の三滝、コンプリートだぜ!
1001041436_DSC_9957




 三瀑布の最後。
1001041510_DSC_9975

 東椎屋の滝に到着です。
1001041511_DSC_9976

 地図。
東椎屋の滝%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.362109,131.386435+(%E6%9D%B1%E6%A4%8E%E5%B1%8B%E3%81%AE%E6%BB%9D)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%33.362109%%131.386435%%15

 ルート。
20100725161927_P1670602.jpg

 ここの駐車場は唯一有料。
1001041511_DSC_9978

 200円です。
1001041511_DSC_9979

 三つの滝の中では一番観光客の多いのもここだとか。
1001041511_DSC_9983

 東椎屋の滝は他の二つと違い、上から見下ろす滝見台がありません。
1001041512_DSC_9987

 その分、いきなり滝壺へ直行です。
1001041514_DSC_9993

 沢を歩いて数分。
1001041515_DSC_9996

 いきなり見えてきました。
1001041516_DSC_0001

 宇佐の三滝、コンプリート!
1001041516_DSC_0003

 さすが宇佐の華厳と呼ばれるだけはあります。
1001041518_DSC_0008

 ただ一つ気になる事があります。
1001041520_DSC_0014

 何って?

 この写真見てください。
1001041517_DSC_0007

 そしてこれ。
1001041525_DSC_0024

 滝って上から下へ落ちていく物ですよね。
1001041525_DSC_0026

 上の二枚の写真を比べてください。
1001041528_DSC_0031

 上の写真はまっす下へ。
1001041529_DSC_0035

 下の写真は・・・左に傾いてる?
1001041529_DSC_0032


 別に心霊現象ではないですよ?

 写真で見ていると、今日一日天気もよく穏やかな一日だったように感じるでしょう。
1001041529_DSC_0036

 実際には滝が傾くほどの風が吹き荒れ気温はいっこうに上がらず、とても気合いの入る一日でした。
1001041529_DSC_0037

 てか、ものすごく風が強く寒い4日間でした><
1001041529_DSC_0034

 天候もよく、晴天に恵まれた4日間ではありましたが。
1001041529_DSC_0038

 やっぱり正月ですね~。
1001041529_DSC_0040

 まあ、無事行きたいところはほぼ見終わりましたし、今回は大変満足のいく内容になっているのは事実。
1001041530_DSC_0044

 時間は3時30分です。
1001041530_DSC_0046

 さて、無事三瀑布もコンプリートできましたし、残り時間をどうしましょうか。
1001041530_DSC_0048

 宇佐のマチュピチュは寄りたかったのですが、時間がなかったので通り過ぎましたし。
1001041530_DSC_0049

 昭和の町にはちょっと距離がありますし。
1001041531_DSC_0051

 さすがに大分まで戻って柞原八幡宮は論外だし。
1001041531_DSC_0052

 掩体壕にいくか宇佐風土記の丘に行くか。
1001041531_DSC_0054

 昌寺跡の地獄極楽か一目八景か・・・
1001041531_DSC_0055

 四日間かけてあれだけいろいろいろんな所に行ったのに、ちょっと考えただけでもこれだけ行けてないところがあるんですよね。
1001041531_DSC_0056

 それでも最後はやっぱりあそこしかないでしょうね。
1001041531_DSC_0057

 最後ぐらい石匠から離れても許されるでしょう。
1001041532_DSC_0059

 その最後の場所とは?
1001041532_DSC_0062

 もちろん宇佐神宮です。
1001041533_DSC_0064

 社員旅行で行きましたが、あの時は駆け足でしたし。
1001041533_DSC_0065

 今回も駆け足なんでしょうが^^;
1001041533_DSC_0066

 てなわけで東椎屋の滝、離脱。
1001041538_P1630010

 走行距離が1200km、突破です。
1001041539_P1630011



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 九州 大分 宇佐 東椎屋の滝

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
当日はものすごく寒かったのですが、今となっては涼しく見えますよね。
冬が苦手な私ですが、こうも暑いと早く冬がこないかと考えてしまいます^^;
幻想庭園、行かれたんですね。
参考になって何よりです・・・ってまだうちのブログではアップしてませんでしたね。
それでも参考になって何よりです^^;

すごい滝ですね~!
そして、見ただけでちょっと涼しい気分に☆
以前こちらのブログで教えてもらった後楽園の「幻想庭園」に行って来たんです。(そしてブログにもUPしちゃいました)松村さんのおかげです♪感謝

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ