プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:高梁・桜とベンガラの旅
~前回のあらすじ~

 吹屋ふるさと村周遊チケットをゲットしてしまったために目的がすり替わってしまった松村探検隊。
1004081406_P1640536

 いつの間にやら、そのチケットで回れる5ヶ所。

 これを全部回ろう!

 そんなノリで少し郊外へ移動して訪れたのがベンガラ館。
1004081412_DSC_2250

 赤い壁が特徴の吹屋地区。
1004081413_DSC_2255

 その赤い顔料、ベンガラの生産工場です。
1004081419_DSC_2283

 見ると今にも動きそうな施設。

 イベントとかで動く事もあるんですかね?
1004081422_DSC_2297




 次はベンガラ館からすぐ近くです。
1004081431_P1640554

 車で5分かかりません。
1004081432_P1640555

 吉岡銅山です。
1004081433_DSC_2299

 地図。
笹畝坑道%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.853027,133.472278+(%E7%AC%B9%E7%95%9D%E5%9D%91%E9%81%93)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%34.853027%%133.472278%%15

 ルート。
20100829151138_P1680765.jpg

 そしてパンフ。
img603.jpg

 見学にはヘルメットの着用義務があります。
1004081434_DSC_2301

 てか先輩似合いすぎw
1004081435_DSC_2302

 さて、周遊券4ヶ所目となるこの銅山。
1004081435_DSC_2303

 ベンガラの元となる酸化第二鉄が採取されていた銅山です。
1004081435_DSC_2304

 その笹畝坑道がこれ。
1004081436_DSC_2305

 てか、先輩写真に写り込むから後ろ歩いてw
1004081436_DSC_2309

 撮影の邪魔しないの!
1004081437_DSC_2315

 一応パンフレットを見ると三大鉱山の一つと書かれています。
1004081438_DSC_2319

 でもネットで調べると六大鉱山の一つとずいぶん範囲が広まっています^^;
1004081438_DSC_2323

 ちなみに一番身近なところで有名な石見銀山。
1004081439_DSC_2328

 ここは、このブログが始まった当時、行く気満々だったところです。
1004081440_DSC_2331

 世界遺産に登録されてしまってからすっかり足が遠のいてます^^;
1004081440_DSC_2333

 そろそろ行こうかなとは思っているのですが、今のところなかなか・・・
1004081441_DSC_2337

 その前に来てしまいました。
1004081442_DSC_2338

 そんなつもりはなかったのですが、結果オーライです。
1004081443_DSC_2341

 実際、この中に入ってみて思ったより広々していておもしろかったですし。
1004081444_DSC_2352

 てか、鍾乳洞みたいです。
1004081444_DSC_2354

 まあ、人形はどうでもいいんですが・・・
1004081445_DSC_2362

 この銅山。
1004081446_DSC_2363

 発見されたのは807年という事で平安までさかのぼります。
1004081448_DSC_2368

 地下水に悩まされていたようで、水抜坑道が完成した時代はずいぶん発展していたようです。
1004081448_DSC_2370

 明治に入り三菱金属所有になってからは機械化により莫大な利益を上げるようになったそうで。
1004081448_DSC_2371

 その関係もあり吹屋地区も大いに賑わっていたそうです。
1004081450_DSC_2373

 とまあ、これがこの吹屋地区と吉岡鉱山の大まかな解説という事で。
1004081451_DSC_2376

 それにしてもこれ、断面図なんですけど現在地わかります?
1004081450_DSC_2374

 ちょっと小さすぎて見えないかな^^;
1004081451_DSC_2379

 右上の、本当に上の方なんです。
1004081453_DSC_2384

 公開されてない部分は一体どこまで下に降っていくんでしょうか。
1004081453_DSC_2386

 てか、めっちゃ広いですね^^;
1004081454_DSC_2391

 外に出た-!
1004081455_DSC_2393

 少し上に行くと露頭があるというので行ってみました。
1004081455_DSC_2397

 露頭とは鉱石の一部が地表に露出している部分の事です。
1004081456_DSC_2399

 これがそう。
1004081457_DSC_2401

 この露頭をたどり鉱脈を見つけていく事になるわけで、この穴がそのスタート地点となります。
1004081457_DSC_2403

 とりあえず、チケットに付いているからと来てみたのですがなかなかおもしろかったです。
1004081458_DSC_2408

 さあ、時間も3時を過ぎてきました。
1004081504_DSC_2415

 本来の目的地だった広兼邸へ向かいましょう!
1004081505_DSC_2417



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 岡山 高梁 吹屋ふるさと村 吉岡鉱山 笹畝坑道

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
>かならず人形置きますよね
ですよね?
なぜなんでしょうか^^;
まだ行った事がないのですが石見銀山にもたくさん人形があるとか。
でも実際行ってみると、あの人形がなければ鉱山だってわからない部分がたくさんありますよ。
ただの洞窟でしかないので^^;

ちなみにお天気の件です。
今度の日曜日、私が天神様の逆鱗に触れなければ13時から16時の間は雨がやむそうです。
天気予報は曇り時々雨で降水確率60%。
ただ、その日は天神様が当番出勤で私が遊びに行くという事で、ちくしょうなんて思われたらその瞬間雨が降る可能性ありです^^;


Re: おはようございます

yumaさん、おはようございます。
鉱物だったんですよ。
建物に使われる染料って鉱物が主だったようです。
植物系ってやっぱり衣類とかが中心ですかね。
でも木材が赤色ってどんな感じなんでしょう。
見た事ないので興味がわきます。

>まで読みました。面白いですよ~
ありがとうございます。
まあ、いろいろ気になるところ、突っ込みたくなるところが満載でしょうが気にせずに読んでいただけたら、最後まで読めるのではないでしょうか^^;

おはようございます
大きな 銅山ですね
しかし こういうところに かならず人形置きますよね
なんか 想像力を失わせる気がして・・
北海道のこういうところもそうなんです・・
でも面白かったようで 良かったです
広兼邸も楽しみにしています

お天気を操る方のお話
凄いですね
驚きました あそこまで照明されると
認めざるを得ませんね
私の場合 きちんと雨が降り止むくらいで・・
私のコンサート
今まで 雨だったことあまり無いです
っていうか 無いと思います
芸暦○○年・・気のせいかな
松村さん 今日もお元気で
お仕事頑張ってくださいね

おはようございます

ベンガラって鉱物だったんですね。
植物系の染料かと思っていました(今更何を・・)
実家で使われてる材木が全て赤色をしていて
ちょっと興味あるんです。
築50年以上経ってるんですが赤い色は褪せてないです。
そんな訳ないやろ~と思いながらも
もしかしたらベンガラ?なんて

第二章 星の降る町の2
まで読みました。面白いですよ~
PCでは目が疲れるので一気にといかなくて

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ