プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 空から蛇が降ってきた!
1005030908_DSC_3044

 最初に訪れた場所が楽しみにしていたのにガラス張りだったという衝撃から立ち直れないまま訪れた次の場所、観音堂石仏。

 かなり状態が悪いとはいえ、その圧倒的な大きさに感動しそうになった瞬間。
1005030908_DSC_3047

 つがいの蛇が覆堂の屋根から凄まじい音とともに落ちてきました。
1005030909_DSC_3057

 ある意味、今回の旅を案じるような出来事。
1005030910_DSC_3064

 この記憶がある種トラウマとなり、この後の山中探索に大きな影を落とす事になるのですが、それはまた後日・・・^^;
1005030911_DSC_3071




 願成寺にやってきました。
1005031030_DSC_3073

 せっかく南相馬まで北上したのに再び、福島南部まで戻ってきました^^;
1005031030_DSC_3074

 地図。
白水阿弥陀堂%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.036515,140.837273+(%E7%99%BD%E6%B0%B4%E9%98%BF%E5%BC%A5%E9%99%80%E5%A0%82)&hl=ja&ie=UTF8&z=14%%37.036515%%140.837273%%14

 ルート(C)Pioneer
Image2010-10-03_213408.jpg

 朝っぱらから行ったり来たりしてます。
1005031031_DSC_3075

 何度地図を見ても、何度予定を見直しても本当に効率が悪いと思う今回の旅のスケジュール。
1005031031_DSC_3078

 翌日にはこのスケジュールが無残にも崩壊していくわけですが、今にして思うとこの頃すでにその兆候が現れていましたね。
1005031032_DSC_3079

 今回は高速を走りながら最初にどこに行くかまだ決めてないなど、仕事疲れもあり予定をかなりいい加減に作った証拠ですね。
1005031032_DSC_3080

 そんな無理な予定を組んだ理由がガラス張りと蛇降りだったのですから、スタート早々かなりブルーになっていました・・・
1005031032_DSC_3082

 片道これだけで一時間半、往復3時間ですからね~^^;
1005031032_DSC_3083

 で、その願成寺、一体何があるのって話になるのですが、浄土庭園があります。
1005031033_DSC_3084

 我がブログでも浄土庭園率はかなり低く、過去登場したのは平等院と平泉の毛越寺、そしてえさし藤原の郷くらいでしょうか。
1005031033_DSC_3085

 拝観料は400円。
1005031033_DSC_3086

 チケットとパンフは一体となっていました。
img616.jpg

 金取るのかよって言われそうですが、ここのメインは庭園であって庭園ではありません。
1005031034_DSC_3089

 この浄土庭園の中心に位置する建物。
1005031034_DSC_3090

 福島唯一の国宝!
1005031034_DSC_3092

 白水阿弥陀堂です!
1005031035_DSC_3094

 ・・・だからどうしたって言われそうですね?
1005031035_DSC_3098

 中がすごいんですよ、中が!
1005031036_DSC_3099

 撮影禁止ですが^^;
1005031042_DSC_3105

 建立は1160年です。
1005031042_DSC_3108

 奥州藤原氏の祖、藤原清衡の養女である徳姫が初代住持で亡き夫、岩城則道の菩提を伴うために建てられました。
1005031042_DSC_3109

 徳姫が平泉の人間だった事もあり、毛越寺や無量光院の影響を色濃く受けているようで、そういった意味でも私的には平泉、えさしの旅からの続きといった感じでもあります。
1005031042_DSC_3111

 白水の名も平泉の泉、これを上下に分けて白水としたと言われています。
1005031044_DSC_3116

 建物の中は当時の華やかな色彩が残るのですが、非常に珍しいのは青系の顔料を多く使用している事だと思います。
1005031044_DSC_3121

 安土城をつくっていても天守閣最上階は群青色ですが、当時この色の顔料は非常に貴重で金箔や漆よりもはるかに高価だったそうです。
1005031045_DSC_3125

 白水阿弥陀堂はその青顔料をふんだんに使用しています。
1005031045_DSC_3129

 正直、私はこんなに青を使用しているのを見た事がなかったのでちょっとびっくりしました。
1005031045_DSC_3132

 ただ、阿弥陀堂の中で解説をしていたお坊さんは非常に感じが悪かったです^^;
1005031046_DSC_3135

 私が行ったとき、ほとんど解説が終わりそうだったので、終わるのを待って二、三質問してみたのですが、愛想悪く返事をするだけで何も答えてくれませんでした。
1005031048_DSC_3143

 次の解説が始まるまで、堂内を見学しながら待とうかと思っていたのですが、気分も萎えてしまいそのまま、外に出てしまいました。
1005031048_DSC_3144

 気分は斜め45度といった感じ^^;
1005031048_DSC_3146

 まあ、せっかく珍しい浄土庭園ですしのんびり写真を撮りながら廻ってみましょうか。
1005031049_DSC_3153

 でもね、浄土庭園って毛越寺もそうだったんですが、広いんですよね^^;
1005031054_DSC_3166

 無駄に広いと言ったら怒られそうですが・・・
1005031054_DSC_3167

 ここは来るんだったら秋だよな~。
1005031055_DSC_3168

 なぜか池の中央を分断するようにせき止められているなと思ったら、亀の甲羅干しでした。
1005031055_DSC_3169

 亀は縁起物ですから、こういった場所には必ずいますが・・・
1005031055_DSC_3174

 多すぎだろ^^;
1005031056_DSC_3183

 なんだか因幡のウサギが渡っていきそうw
1005031058_DSC_3192

 気がついたら時間は11時です。
1005031058_DSC_3193

 とりあえず、次へ行きましょうか。
1005031059_DSC_3196



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 いわき 白水阿弥陀堂 願成寺

コメント

Re: タイトルなし

yumaさん、おはようございます。
浄土庭園、いい感じですよね。
時期もよかったようで所々で桜も咲いて歩いていて気持ちがよかったです。
阿弥陀堂の内部は年式相応、平安時代のものという事もあり色彩はあせています。
ただ、時代を考えればしっかり残っている方だと思います。
一部、当時の色彩を復元させている部分もありますし。
でも考えたら大分の富貴寺や平等院の鳳凰堂、中尊寺の金色堂と阿弥陀堂はどこも凄いんですよね・・・
この4カ所、全部国宝って所もまた凄いw


ヘビには驚きでしたけど
この庭園いいですね~
阿弥陀堂の中が撮影禁止は残念です。
色が鮮やかなんですか?
自分の目でみないとその感動は伝わらない?
見えないと見たくなる・・・
すごい物はやっぱり秘密にしていたほうがいいのかも。
秋もいいかもしれないですが
この綺麗な新緑は魅力的ですよ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ