プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 大内宿から20分ほど移動して、次なる場所。
1005041516_DSC_4683

 塔のへつりです。
1005041519_DSC_4704

 岩ガン系としては是非行かなければw

 でも奇岩、巨岩には最近目も慣れてきてしまったのでそうか・・・
1005041521_DSC_4714

 考えてみれば、すごいのをいっぱい見てきましたからね~。

 うむ、岩ガンだって感じで終了w
1005041521_DSC_4719

 今回は通過地点、本命は次です次!
1005041527_DSC_4755




 さあ、移動開始。
1005041542_P1660101

 時間は3時半です。
1005041548_P1660110

 ここからさらに奥地に。
1005041619_P1660136

 かなり走りました。
1005041621_P1660140

 こんなに距離があるとは・・・ナビを見ればわかるのですがw
1005041623_P1660142

 ここに行きたくて、大内宿や塔のへつりはついでだったんですけどね~^^;
1005041701_DSC_4775

 さあ到着。
1005041700_DSC_4768

 前沢曲家集落です。
前沢曲家集落%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.103082,139.521026+(%E5%89%8D%E6%B2%A2%E6%9B%B2%E5%AE%B6%E9%9B%86%E8%90%BD)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%37.103082%%139.521026%%15

 ルート。
Image2010-11-03_105647.jpg

 料金所って、なんのお金を取るんでしょうか?
1005041701_DSC_4778

 とりあえず、最近密かにマイブームになりつつある町並み保存地区です。
1005041701_DSC_4779

 城下町や宿場町といったある意味都会が中心だったわけですが、今度は農村。
1005041702_DSC_4781

 前沢曲家集落という名前の通り、曲家の集落です。
1005041702_DSC_4783

 古き良き日本の風景という事で岩手の遠野ですっかり魅了されてしまい、再び似たような場所にきました。
1005041702_DSC_4785

 水車もあります。
1005041702_DSC_4787

 水車に伸びている木の橋は水道です。
1005041702_DSC_4792

 沢から水を引いて水車を回しています。
1005041703_DSC_4794

 こういうギミック大好きw
1005041703_DSC_4798

 桜もいっぱい咲いてますが、そちらに行く元気はありませんでした。
1005041703_DSC_4800

 だって、ここに到着したの5時ですよ?
1005041703_DSC_4805

 会津若松から大内宿、塔のへつりを通ってここまでたどり着きました。
1005041704_DSC_4809

 帰りは同じルートを戻る形になります^^;
1005041705_DSC_4818

 チェックインは何時になるんだ・・・
1005041705_DSC_4819

 ちなみにここ。
1005041705_DSC_4821

 名前の通り曲家の集落が並んでいます。
1005041706_DSC_4826

 遠野でも見たL字に建てられた家ですね。
1005041706_DSC_4829

 人とと馬などの家畜が同じ屋根の下で暮らす、東北ならではの家の造り。
1005041706_DSC_4831

 ここのすごい所は、曲家が整然と並び現在も残っている事です。
1005041706_DSC_4833

 なかなか、これだけの町並みが残っている所も少ないでしょうね。
1005041707_DSC_4835

 それには理由がありました。
1005041707_DSC_4839

 明治40年の大火で街全体が燃えてしまうほどの火災があり、その後復興したのが現在残っている物だそうです。
1005041707_DSC_4842

 そしてそこには今でも人々の暮らしがあります。
1005041708_DSC_4849

 思ったより観光地化されていなかったので、こんな時間に訪れて写真を撮るにはちょっと躊躇する場所でした。
1005041710_DSC_4863

 それでも本日はここまでまともに写真を撮れていなかったので、埋め合わせをするように撮りまくったのですが^^;
1005041710_DSC_4864

 でもほんと、こんな所に住みたいです。
1005041711_DSC_4865

 私の家も、目の前は田んぼですが中途半端に街なんですよね^^;
1005041711_DSC_4871

 こんな風景の中でスローライフ、しびれるくらいあこがれますw
1005041714_DSC_4875

 でも植物育てるのはさっぱりわからないんで、自給自足は無理ですがw
1005041715_DSC_4879

 でもあこがれますよね、夜になったら真っ黒になるような土地って。
1005041716_DSC_4888

 満天の星空眺めながら過ごしたいです。
1005041722_DSC_4916

 向かいに展望場所があったのでそちらで何枚か撮影。
1005041723_DSC_4926

 日の当たる時間に撮影したかったと思いつつ、離脱!
1005041723_DSC_4929



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 前沢 前沢曲家集落

コメント

Re: タイトルなし

鍵付きでコメントくださった方へ。
どうも、夜になるとフォト蔵はすごく重くなるようですね^^;
何度かリロードを繰り返せば写真をすべて表示できるようになるんですが。
一年もたたないうちに、こんなになってしまって;;
なかなか難しいですね><

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
いい感じでしょう?
渋滞につかまり~の、大内宿で人の波にのまれ~の、すっかり疲弊してしまった私ですがここで癒されました。
観光地化されてない分、それぞれの家に普通に人が住んでいて、普通の町並みです。
何だか故郷にでも帰ってきたような気になる場所でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます
町並みが 大火によって
こんなに保存されているとは・・
美しい家屋ですね
しっとりと物思いにふけって
ゆっくり歩きたいようなところです
4888の写真が特に素敵!
心に染みました

いつもありがとうございます
今日もお仕事頑張ってくださいね☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ