プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 飯盛山の麓にある滝沢本陣です。
1005050857_DSC_5152

 会津藩主が参勤交代や領内の視察で訪れた際の休憩場所として使用された建物です。
1005050857_DSC_5155

 また、会津戦争では藩主松平容保の出陣で陣屋として使用。
1005050900_DSC_5185

 当時の戦闘の傷跡が生々しく残っている場所です。

 刀傷、弾痕、果ては大砲の弾まで。
1005050901_DSC_5189

 当時の戦争が、近代兵器に切り替わっていったというのがよくわかります。
1005050903_DSC_5210




 さあ、移動開始です。
1005050919_P1660349

 飯盛山付近はとりあえず終了。
1005050920_P1660353

 ここから一気に七日町駅に向かいます。
1005050922_P1660355

 そこに寄ってからその後、鶴ヶ城へ。
1005050928_P1660358

 宿泊しているルートイン、昨日の夕食処だったおふくろを通過。
1005050928_P1660360

 ジャンジャン南に下っていきます。
1005050929_P1660362

 今回、この旅のために用意した会津若松のイラストマップはずいぶん適当です。
1005050931_P1660364

 今にして思えばいつものようにマップファンの地図を印刷してくればよかったな~と。
1005050934_P1660368

 それでもシステム手帳はずいぶん役に立ちましたけど。
1005050934_P1660370

 途中で携帯の地図を取り出し、システム手帳と照らし合わせながら誘導してもらいます。
1005050936_P1660374

 ずいぶんルートから外れていたようで^^;
1005050938_P1660378

 同じ所を行ったり来たりしてました><
1005050943_P1660382

 この辺りは携帯のナビの案内で行きすぎた所を戻っている頃w
1005050946_P1660384

 おいおい、私は今どこにいるんだ?
1005050953_P1660387

 なんて思っているとやっと目的地らしき通りが見えてきました。
1005050958_P1660391

 10時、やっとの思いで七日町駅に到着です。
1005051000_DSC_5245

 別に駅に用事があったわけではないんですけどね。
1005051000_DSC_5246

 いや、別に撮り鉄しに来たわけでもありません。
1005051001_DSC_5247

 なんかすげぇw
1005051001_DSC_5248

 SLは走ってないのかな・・・
1005051001_DSC_5249

 ってそんなことはどうでもいいです。
1005051003_DSC_5252

 私なこんな事をするためにここに来たわけではありません。
1005051003_DSC_5254

 見えた見えた。
1005051004_DSC_5255

 用事があったのはこっち、阿弥陀寺です。
1005051004_DSC_5256

 地図はこちら。
阿弥陀寺%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.500550,139.919085+(%E9%98%BF%E5%BC%A5%E9%99%80%E5%AF%BA)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%37.500550%%139.919085%%15

 この変わった形の建物、鶴ヶ城の本丸にあった物を明治に入って移築して現在にいたります。
1005051004_DSC_5259

 見た目は3階建てですが中身は4階という・・・さざえ堂といい変わった建物が多いですね、ここ。
1005051006_DSC_5271

 そして最大の目的はこちら。
1005051004_DSC_5262

 新撰組三番隊組長、斎藤一のお墓です。
1005051004_DSC_5263

 言わずと知れた剣の達人。
1005051005_DSC_5266

 強者揃いの新撰組にあって沖田総司、永倉新八と共に最強と言われてました。
1005051006_DSC_5268

 また、その永倉新八は弟子に対して沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣と語ったとも。
1005051006_DSC_5272

 戊辰戦争では土方歳三が最後まで徹底抗戦と蝦夷に渡ったのに対し、斎藤一は会津人として最後まで会津戦争を戦い続けました。
1005051006_DSC_5274

 会津戦争が終結し、藩が降伏したにもかかわらず斎藤は戦い続け、松平容保の使者の説得によりようやく投降に応じそうです。
1005051007_DSC_5276

 会津戦争を生き残り、その後は警察官となりました。
1005051007_DSC_5279

 西南戦争にも抜刀隊として従軍しています。
1005051008_DSC_5283

 ちなみにこの阿弥陀寺。
1005051008_DSC_5285

 斎藤一の他に、会津戦争で亡くなった人々のうちの1300人を埋葬しています。
1005051009_DSC_5289

 会津藩が降伏した後、政府軍の命令で会津藩の戦死者はさわる事すら許されず、長い間そのまま放置されていました。
1005051009_DSC_5290

 戦争終結の翌年、やっと政府から許可が下りて埋葬できたのが長命寺とここ、阿弥陀寺だったそうです。
1005051009_DSC_5291

 ホント、龍馬伝ではありませんが悲惨な戦いだったのです。
1005051010_DSC_5292



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 会津若松 阿弥陀寺 斉藤一墓

コメント

Re: タイトルなし

yumaさん、いらっしゃいませ。
それでも私はイラストマップを多用します。
かなり使い慣れましたしね。
この時のイラストマップは、イラストマップと言うより大人が適当に場所を教えるために地図を書いたって感じ?
もうちょっとましな地図はないのかとずいぶん探したのですがありませんでした^^;

携帯ナビはauに変えてからずっと使ってます。
あれの弱点はジャイロセンサーがないので起動時に自分の向きがわからない事なんですよね。
数百メーター歩いて、初めて逆を歩いている事がわかるって感じでw

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
ここの桜はちょうど満開でした。
城から移築されたという御三階と絶妙なバランスで、凄くいい感じでした。

>早く 桜に会いたいものです
ごもっとも。
来年、桜はどこのを見に行きますかね~。

おはようございます。
イラストマップというのはどこでも適当ですよね。
ざっと知るには分かりやすくていいです。
私は携帯ナビのアプリ追加したものの
使いこなせなくて結果振り回されただけでした。
これも年齢かも^^;
色んな電車があるんですね。こういうのも大好きです。
にわか鉄っちゃんになります。
枝垂れ桜がすごく綺麗~って
阿弥陀寺の紹介なのに難しい話はパスしてますσ(*´ェ`*)

おはようございます
ただただ 桜が美しくって
窓から 殺風景な景色を見ては
同じ日本と思えないような想いになります
これから雪ですが
早く 桜に会いたいものです
ゆっくりと出来たようでよかったですね
またきます ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ