プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 会津若松の象徴、鶴ヶ城です。
1005051126_DSC_5350

 現在、瓦の葺き替え工事中。
1005051126_DSC_5348

 現在の黒い瓦から往年の赤い瓦に葺き替えられるそうです。

 会津戦争では一ヶ月の籠城に耐え抜いた鶴ヶ城。
1005051203_DSC_5471

 西南戦争の熊本城もそうですが、近代兵器を装備した政府軍を相手に日本の城の堅固さが証明されました。
1005051132_DSC_5376

 昔の人は本当にすごいなと、こんな所でも感じてしまう不思議です。
1005051203_DSC_5473




 茶室、麟閣までやってきました。
1005051205_DSC_5478

 この茶室、福島県の重文です。
1005051206_DSC_5481

 千利休が秀吉の名により自刃した時、その息子である少庵を匿ったのが当時の城主、蘆名氏といわれます。
1005051206_DSC_5483

 利休の茶道がこのまま潰えてしまうのは惜しいと考えたようですね。
1005051206_DSC_5485

 その後、蒲生氏郷により千家復興を願い出て小庵の子、宗旦により復興がなり今に伝わります。
1005051206_DSC_5487

 この茶室は当時、匿われていた少庵のために造られた物だと伝わっています。
1005051206_DSC_5488

 戊辰戦争の際には移築して保存。
1005051206_DSC_5490

 平成二年にこの地に戻ってきました。
1005051207_DSC_5491

 そういう意味では現存する数少ない安土桃山時代の茶室という事になるのでしょうか。
1005051207_DSC_5494

 どんなに身分の高い人でも頭を下げなければ入れない。
1005051207_DSC_5496

 これが茶室の特徴ですわね。
1005051208_DSC_5498

 茶室に入ってしまえば身分も何もないという事で常に対等、と言う意味でよかったかな?
1005051208_DSC_5499

 歴史のある建物のわりには県の重文という事であまりランクは高くないようです。
1005051208_DSC_5500

 妙にこぎれいですし、修復でもしましたかね。
1005051208_DSC_5501

 それにしてもこの辺りは桜がすごいですね。
1005051208_DSC_5502

 同じ城内でも場所によって全然違う所がおもしろいです。
1005051208_DSC_5503

 葉桜になりかけているのですが、それでもまだまだ散り始め。
1005051208_DSC_5504

 満開をちょっとこえた辺りといった感じです。
1005051208_DSC_5505

 今年は春の旅、高梁でしっかり癒された私であります。
1005051209_DSC_5506

 まあ、それでもやっぱり、桜は何度見てもいい物です。
1005051209_DSC_5508

 植物にはあまり興味のない私でもやっぱり桜は特別ですね。
1005051209_DSC_5512

 日本人ですからw
1005051210_DSC_5513

 城と桜は日本人の心だそうです。
1005051211_DSC_5516

 そしてここ、鶴ヶ城も桜の名所。
1005051211_DSC_5517

 やっぱりいいですよね。
1005051212_DSC_5522

 ちなみに午前中に行った阿弥陀寺で見た御三階。
1005051211_DSC_5519

 その建物があった場所がここになります。
1005051211_DSC_5520

 なんでも再建の話があるそうです。
1005051212_DSC_5523

 現存の建物があるにもかかわらず再建というのがおもしろいですね。
1005051216_DSC_5528

 現存の御三階は一時期、阿弥陀寺の本堂にもなっていた建物ですし、再び移設というわけにはいかないんでしょうね。
1005051216_DSC_5529

 桜並木を抜けながら自転車を駐めた場所まで戻ります。
1005051217_DSC_5531

 域は鶴ヶ城の天守閣にばかり目を向けていましたが、帰りはもちろん桜中心。
1005051218_DSC_5534

 あまり期待していなかっただけに本当にうれしいですね。
1005051219_DSC_5538

 今年の桜は最高です。
1005051219_DSC_5542

 さあ、そして鶴ヶ城に来てもう一つ忘れられない大事な事があります。
1005051220_DSC_5545

 そのためにここまでおやつを食べるのも我慢したのですから。
1005051222_DSC_5552

 てか、我慢する必要もなかったんですけどね^^;
1005051232_P1660462

 ここ、ここ、本丸茶屋。
1005051232_P1660463

 ここで天ぷらまんじゅうを食べたかったんですよ!
1005051233_P1660464

 賛否両論あるでしょうが、私は大好きなんですよw
1005051233_P1660465



 つづく~

 
 
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 会津若松 会津若松城 本丸茶屋 麟閣

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
このときの会津、いたるところに桜が残ってました。
たぶん、一週間早ければ、満開だったのでしょうが、それを望むのは酷ですね。
本当に戊辰戦争のときは廃墟と化した町です。
御三階といいこの茶室といい、よく残っていたなとつくづく思います。
太平洋戦争時、名古屋空襲での名古屋城の逸話を思い出します。


桜が美しいですね~。
お城とのコントラストが最高ですね!
茶室の風情も素敵です。
戊辰戦争のときは移築していたっていうところに、地元の人たちから大切にされていたんだなぁと感じました。
それにしても本当に桜が綺麗ですね~~。
心が洗われるような気持ちです。

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
桜、いいでしょう~。
実際、その場にいると、本当に気持ちがいいくらいの桜だったんですよ。
かなり暑かったんですけどね、この日^^;

天ぷらまんじゅう、一個じゃ足りないって?
ふふふっ・・・
この私が一個で満足するわけ無いじゃないですかw

おはようございます
お城も豪華絢爛ですが
桜が!!!!すっばらしいですね~
散った花びらが絨毯のように敷き詰められていて!
弱々しいような桜色が 郷愁をそそります
美しいですね 儚げで物憂げ・・
天ぷらまんじゅう 美味しかったですか☆
1個50円 1個じゃ足りなかったのでは?
みっちりと入った餡が いいですね
我慢してよかった? ですよね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ