プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 今回の旅のテーマは、ずばりお墓参り!
1005051309_DSC_5574

 当初はタイトルにもお墓参りの旅となっていましたし。
1005051310_DSC_5580

 さすがにそれはまずかろうという事で、現在のタイトルになりましたが。

 ここに来るまでに、すでにいろんな人のお墓参りをしてきましたが、まだまだこれからです。

 新撰組局長、近藤勇墓!
1005051317_DSC_5609

 そして副長、土方歳三慰霊碑!
1005051317_DSC_5610

 さらにお墓参りは続いていきます・・・^^;
1005051331_DSC_5640




 時間は1時30分過ぎです。
1005051335_P1660519

 自転車に乗り再び移動開始。
1005051338_P1660521

 しかし・・・
1005051339_P1660523

 暑いです^^;
1005051340_P1660525

 時間が経ちすぎて忘れてしまいそうですが、アホみたいに暑いです。
1005051340_P1660527

 5月5日、GWです。
1005051342_P1660529

 しかし、連日夏日、本日は30度を超え真夏日になってます^^;
1005051344_P1660531

 まだ、体が夏モードになっていない所での猛暑にバテ気味な松村ですが、目的地に近づいてきました。
1005051344_P1660532

 次なる目的地も上の写真でわかるとおりお墓参りです。
1005051345_P1660534

 まだまだ続きますよ~、お墓参りw
1005051345_P1660536

 そう、河井継之助のお墓参りに来たのです。
1005051347_DSC_5649

 地図はこちら。
河井継之助埋骨遺蹟%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.481533,139.941208+(%E6%B2%B3%E4%BA%95%E7%B6%99%E4%B9%8B%E5%8A%A9%E5%9F%8B%E9%AA%A8%E9%81%BA%E8%B9%9F)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%37.481533%%139.941208%%15

 北越戦争で長岡から敗走した河井継之助は現在の只見町で亡くなりました。
1005051348_DSC_5651

 河井継之助記念館のある所です。
1005051349_DSC_5653

 そこで荼毘に付された後、会津若松で葬儀を行いここに仮埋葬されました。
1005051349_DSC_5654

 戦後、故郷の長岡に改葬されましたので、ここはお墓跡と言う事になります。
1005051349_DSC_5655

 長岡に行ったときには時間がなかったのと、有名人お墓参りをシリーズしてなかったので回避。
1005051350_DSC_5656

 河井継之助記念館のそばにもお墓があるとの事ですが、そこはどうやっても行けそうにありません。
1005051351_DSC_5658

 ここは会津の墓だけでも行かなければ!
1005051351_DSC_5659

 にしても、なんと広い墓地なんでしょうか・・・
1005051356_DSC_5662

 これなんて、写真ではわかりませんがすごく荘厳な雰囲気なんですが^^;
1005051357_DSC_5663

 一つ一つの墓がとにかく大きいです。
1005051401_DSC_5664

 なんだかすごい所に迷い込んでしまった気分><
1005051402_DSC_5665

 ちょっと違う意味で怖い感じです^^;
1005051403_DSC_5666

 行ける所はほぼ行きつくし、いよいよ河井継之助のお墓は発見できません。
1005051403_DSC_5667

 気がついたら入り口に戻ってるし・・・
1005051408_DSC_5669

 もう一度チャレンジ!
1005051410_DSC_5670

 でも、可能性としたらこの道だけだよな・・・
1005051411_DSC_5671

 他の場所は行き尽くしたし。
1005051411_DSC_5672

 どう見てもこの先に道が続いているように見える。
1005051411_DSC_5673

 でもブッシュが腰くらいの高さまであるんですが^^;
1005051412_DSC_5674

 脳裏に浮かんだのは前々日、空から振ってきた蛇・・・
1005051413_DSC_5676

 猛暑と場所柄なのか、激しく頭痛もしてきました。
1005051414_DSC_5678

 ここは素直に離脱した方が良さそうです。
1005051414_DSC_5679

 あ~。
1005051416_P1660538

 しかしショックです><
1005051418_P1660540

 行きにも見た地図、やっぱり場所的にはあってるよな~。
1005051419_P1660541

 やっぱりあのブッシュだったのかな^^;
1005051424_P1660545

 すごく悔しいな><
1005051429_P1660548

 なんて言ってるうちに次の目的地に到着。
1005051430_P1660550

 今度は龍馬暗殺の主犯と目されている男のお墓だ!
1005051434_DSC_5680



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 会津若松 河井継之助埋骨遺蹟

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
霊山とは似ても似つかない雰囲気でした。
しかも今まで行ったどの墓地とも雰囲気が違いましたね~。
正直、行ったつもりと言い聞かせて離脱しました。
しかし・・・
時間がたつにつれ、思い出す度に・・・
くやしー><

GWの湯布院、すごい人だったでしょう^^;
社員旅行で普通に週末行っただけで、大変な目に遭いましたし。
日焼けはもう、今は季節関係無しですよね^^;

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
あはは、無念でした~^^;
前日、スケジュールがうまく回転しなかったので余計、意地になったんですが。
意地になっても発見することはできませんでしたね~。
暑いし頭痛いし、ここの墓地、なんとも居心地の悪い雰囲気で^^;
結局リタイアしてしまいました;;


お墓、こんな山みたいな感じだったんですか!
もうちょっと京都の霊山に近いイメージでいました(笑)
河井継之助さんの墓はかなり惜しいですよ。でももうこれ(自分の中で)行った事にしちゃってかまわないような気もします☆
この時って確かに真夏日でしたよね・・・。私はこのGW湯布院に居たのですが、予想外に部分日焼けして、後々笑えることになってしまいましたもん。東北も同じだったんですね・・・。

こんにちは
ああ・・無念さが伝わってきますね
GWに30℃・・
続きにいいことがありますように
でもでも 山の風景 楽しませていただきました
結構な勾配なのですよね・・
本当に 好きじゃないとここまで行かないですよね 
うん v-398

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ