プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 松平家墓所を離脱。
1005051557_P1660563

 他に寄りたい場所もあったのですが、とりあえずホテルに直行。
1005051608_P1660578

 いったん部屋に戻り、メモリーカードをPCに差し込んで転送を開始させると、予備のSDカードを持って再び車へ。
1005051632_P1660580

 走る事、1時間。
1005051652_P1660602

 目的地の喜多方・・・は喜多方なんだけど^^;

 どこだここw
1005051705_DSC_5947




 神社です神社!
1005051705_DSC_5948

 新宮熊野神社にやってきました。
1005051705_DSC_5950

 地図はこちら。
新宮熊野神社%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.619058,139.830121+(%E6%96%B0%E5%AE%AE%E7%86%8A%E9%87%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE)&hl=ja&ie=UTF8&z=15%%37.619058%%139.830121%%15

 久々のルートです。
Image2010-11-03_110913.jpg

 喜多方の西の外れです。
1005051705_DSC_5952

 本来は昨日、寄る予定でした。
1005051705_DSC_5954

 結果は今更説明する必要もありませんわね。
1005051706_DSC_5955

 最終日に朝ラーしたあと、寄ろうかとも思っていました。
1005051706_DSC_5956

 出来れば、ここは行きたいと思っていたのです。
1005051706_DSC_5960

 拝観料300円との事ですが・・・
1005051706_DSC_5961

 閉まっている物は仕方ないです。
1005051706_DSC_5963

 特に夜間立ち入りというわけでもなさそうなのでずんずん奥に入ってきましょうw
1005051707_DSC_5966

 宝物館はもちろん閉まってます。
1005051707_DSC_5967

 考えてみれば神社の宝物館ってほとんど拝観した事がないですね。
1005051707_DSC_5969

 だいたい、閉まっている時間帯に訪れているのだから仕方ありませんが^^;
1005051708_DSC_5977

 さあ、見えてきました。
1005051708_DSC_5976

 この神社の最大の特徴ともいえる長床です。
1005051709_DSC_5978

 俗に言う拝殿ですね。
1005051709_DSC_5979

 どちらかといえば大きな舞殿っぽいですね。
1005051709_DSC_5981

 どこかで見た事があると思ったら宮島の千畳閣に何となく雰囲気が似てますね。
1005051709_DSC_5982

 向こうは未完成ですし屋根も瓦なのでまったく違うのですがね。
1005051710_DSC_5985

 さて、この熊野神社。
1005051710_DSC_5989

 この旅のあとに熊野詣でに行ってますし、親近感のわく名前ですね。
1005051710_DSC_5990

 説明書きを見てみると、どうやらその熊野三山とは無縁ではないようです。
1005051711_DSC_5994

 奥州平定を命じられた源頼義とその子の義家が熊野三山に武運を祈願したそうです。
1005051711_DSC_5996

 その後の前九年の役で勝利。
1005051711_DSC_5998

 奥州平泉が誕生する前、そのきっかけとなった最初の動乱ですね。
1005051712_DSC_6003

 その勝利でこの地に勧請したのが始まりだそうです。
1005051712_DSC_6007

 この後、戦火に焼けたり地震で倒壊したり紆余曲折があったようです。
1005051713_DSC_6011

 現在の形になったのは昭和49年だそうで。
1005051713_DSC_6012

 長床の修復を機に出来るだけ、当時の姿を復元しようという事で行われたそうで。
1005051714_DSC_6016

 すごく良い場所ですね。
1005051714_DSC_6018

 今ひとつ調子が悪かったのが嘘のように楽になりました。
1005051714_DSC_6019

 やっぱり私にとって神社の空気というのは心にも体にも良いようですね。
1005051715_DSC_6022

 ・・・大国主系だけはどうしてもダメらしいですが^^;
1005051716_DSC_6025

 なによりここ、雰囲気が良いですわ。
1005051717_DSC_6028

 しかも普段の神社とは、ちょっと違う風景ですし。
1005051718_DSC_6040

 しっかり写真を撮って、しっかり静養して離脱です。
1005051719_DSC_6045

 さて、それではそろそろ喜多方に向かいますか。
1005051719_DSC_6049

 本来なら明日行く予定だったのを急遽予定変更です。
1005051720_DSC_6053

 実は一番行きたかった店が明日は定休日。
1005051721_DSC_6056

 あきらめていたのですが予定変更で本日は営業しています。
1005051721_DSC_6058

 ならばならばという事で、いざ喜多方へ出発です!


 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 喜多方 新宮熊野神社

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
やっぱり相性がいいんでしょうね~、大国主様と違ってw
住吉系とかも大好きですけどね。

ストイック、おもしろい表現ですね。
なるほどって感じです。
吉野の吉野水分神社とか兵庫の室津にある賀茂神社なんかと雰囲気よく似てました。

ブログやってると撮影禁止の場所は紹介しにくいですしね~w
資料館はパスすること、多いですわ。


Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
朝っぽい写真でしょう?
紛らわしくてごめんなさい。
夕方の写真でした><
会津若松を自転車で回った後、
いったんホテルに戻ってから車での移動です。

ちなみに喜多方ラーメン、この時食べたのが初めてでしたw
今では一番好きです~

Re: タイトルなし

yumaさん、おはようございます。
でっかい舞殿って感じでした。
今まで見たことのない特殊な形だったのでぜひ見に行こうという事で、寄ったわけですが・・・
あっちこっち、行く予定にしておきながらこの周辺は全く行けなかったことを考えると、よくここだけ行けたなと思ってしまいます。
喜多方と言えば?
口から光線出してしまいましたw(イメージ)

熊野系・・・相性が良いのかもしれないですね大国主系と違って(笑)
結構階段からの写真を見ると、ストイックな雰囲気の神社に見えます (o・∀・o)♪
それにしても確かに宝物殿、私も入らないですねぇ・・・。
やっぱり博物館と一緒で、それ一つですごく時間がかかってしまうので、なかなか難しいかなぁ・・・。

こんにちは
早朝の澄んだ キリッとした空気が伝わってくるようですね  ご自分でも必要を感じてらして 本当にお好きで巡ってるのだなあと思わされました
喜多方ラーメンもお好き? 当然でしょうね(笑)

おはようございます。
ずっしり重圧感のある拝殿ですね。
長床って?床が高いのかと思ったら何もないんですね。
どうなってるんだ?と思ってたら
最後のおさい銭箱でやっと理解できました。
お店・・
喜多方といえばやっぱりラーメンのお店なんでしょか・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ