プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:福島・桜とB級グルメの旅
~前回のあらすじ~

 本日最初の目的地はかなり南下しました。
1005060934_DSC_6193

 白河にある山本不動尊です。
1005060937_DSC_6215

 断崖絶壁にそそり立つ石段。
1005060938_DSC_6221

 そして岩窟の中のお堂。
1005060941_DSC_6248

 まさに岩ガン系!

 たった一枚の写真を見て、フラフラと山の奥地まで来てしまいました・・・^^;
1005060942_DSC_6253




 時間はいきなり10時です。
1005060958_P1660798

 あまりゆっくりしていられないので、サクサク行きましょう。
1005061010_P1660808

 なにせ昨日でGWが終了しているので皆さんは今日から仕事、一日遅れの私も明日は仕事です。
1005061017_P1660815

 私が住んでいるのは中国地方の岡山。
1005061025_P1660823

 今、私がいるのは東北地方の福島w
1005061031_P1660832

 いや、笑い事ではありません。
1005061037_P1660842

 あまりのんびりしていたら帰れなくなります。
1005061037_P1660843

 で、時間がないので回避、の予定だったのですが看板を見てついつい道をそれてしまいました^^;
1005061039_DSC_6332

 白河関跡です。
1005061039_DSC_6334

 地図。
白河関跡%%http://maps.google.co.jp/maps?q=37.044902,140.229058+(%E7%99%BD%E6%B2%B3%E9%96%A2%E8%B7%A1)&hl=ja&ie=UTF8&z=16%%37.044902%%140.229058%%16

 ルート。
Image2010-11-03_121402.jpg

 鎌倉時代くらいまでの奥州へ抜ける東北道の関所です。
1005061039_DSC_6335

 奥州三大関所の一つでもあります。
1005061040_DSC_6338

 三大って聞いたら全部行きたくなるって^^;
1005061041_DSC_6345

 江戸の頃にはすでに無くなっていた関所です。
1005061042_DSC_6350

 当時の藩主、松平定信が調査をして白河の関の場所を特定。
1005061042_DSC_6352

 碑を建てたのがこの地というわけです。
1005061042_DSC_6355

 で、根拠はという話になりますわね・・・
1005061042_DSC_6356

 ここは近年の発掘調査で、土豪や空堀が発見されました。

 まさに城跡、砦のような遺構がおおく発見されています。
1005061043_DSC_6360

 それはまた後で紹介しますが。
1005061043_DSC_6361

 いつしか利用されなくなり、位置すらもわからなくなっていたこの白河関ですが人々の記憶には残って語り伝えられてきたようです。
1005061043_DSC_6362

 芭蕉もこの地を訪れ、他にも多くの文化人がこの地を訪れています。
1005061043_DSC_6366

 平家打倒のために兄頼朝と合流するために平泉を発った義経もこの地に立ち寄り戦勝祈願を行ったと言う伝説の桜がありました。
1005061044_DSC_6367

 ・・・絶対眉唾だよな・・・
1005061044_DSC_6368

 奥州藤原氏の誕生に始まり徳川幕府まで、いろいろなきっかけの元となった前九年の役。
1005061044_DSC_6370

 源義家が安部貞任を攻めるために奥州入りした際も、この関の楓に幌を懸けて休息したとの事ですが・・・
1005061044_DSC_6371

 樹齢役千年の桜と楓ですかw
1005061044_DSC_6373

 ひいき目に、そうだとしても・・・
1005061044_DSC_6375

 そもそも、江戸時代に松平定信が白河関の碑を建てるまでどこにあったのかわからなかったんじゃないのか?w
1005061045_DSC_6381

 にもかかわらず、なんで義経が祈願した桜や義家が休憩した楓が特定できたんでしょうか。
1005061045_DSC_6385

 すげぇ謎w
1005061046_DSC_6387

 まあ、そんな怪しいものもありますが、この場所自体はいたってちゃんとした場所です。
1005061046_DSC_6390

 関跡はちょっとした丘になっています。
1005061047_DSC_6394

 周りには空堀と土豪。
1005061047_DSC_6396

 つまり、城ないし砦のような形をなしていたようです。
1005061047_DSC_6398

 よくテレビや映画で見る関所は、ようするに平和な時代のもの江戸時代とか安定した時代のものなんでしょうね。
1005061047_DSC_6400

 対して、この関所は乱世の時代の関所です。
1005061047_DSC_6402

 武装して守らないとどんな敵に襲われるかわからないんでしょうね。
1005061047_DSC_6405

 山城なんかでもこんなにキレイな空堀はなかなか見る事は出来ませんよね。
1005061048_DSC_6410

 って復元されているんですわね、当然w
1005061049_DSC_6423

 本当は隣に白河関の森公園というすごくおもしろそうな所があるんですが、時間がないのでパスです。
1005061050_DSC_6434

 それじゃ、白河の中心地に戻りますよ!
1005061050_DSC_6436



 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 福島 白河 白河関跡

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
この空堀、おそらく発掘調査の後、きれいに復元したんでしょうね。
あと、神社とかありますし古くから現状維持で開発の手から逃れられているというのもあるみたいで。
まわり、何もありませんしね。
ここは微妙に違いますが、緑がきれいな理由は空堀とか雨風の浸食を防ぐためってのがあるようです。
子供が走り回ってたら怒られますね、立ち入り禁止だしw

福島なんて近い近い~。
去年の岩手の旅なんて、朝4時にホテルチェックアウトして30分ほど浄土ヶ浜で朝日を撮影した後、まっすぐ帰って家に着いたのは翌日の午前1時でしたからw


Re: こんにちは~

yumaさん、いらっしゃいませ。
そうなんです。
GW,終わってたんですw
日帰り弾丸ではよくやりますが、やっぱり平日がいいです。
伊勢の旅でも一日は平日になりましたが、できることなら全部平日で行きたいですw
渋滞も皆無ですから帰りの時間も計算できますしね。
GW期間中だと、こんな寄り道できませんw


空堀すごいですね~。
でも、今はそこだけ明るい緑の草が茂って綺麗ですけどねぇ・・・。子供だったら、わーって走り降りたくなりますwwそして、わーって登る☆
でも、当時だったらテキメンに殺られていますな、きっとwww
しかし、明日岡山で仕事なのに、福島にいるっていう・・・もう笑っちゃいますよね~。
もはや壮絶ですわ~。

こんにちは~

あー人が少ないと思ったらGW終わってたんですか。
人がぐったりと仕事初めしてる日に観光もいいですね。
多少は疲労が少なくてすむし。
福島から岡山に帰る事を考えた時。。。わぁ・・^^;
せっかく遠くまで来たのだから少しでも沢山回りたい気持ちも分かります。
史跡好きな人には見所いっぱいなんですね。
この後、またどこか寄り道されてるのか・・帰り途考えて
ちょっとハラハラです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ