プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:和歌山・高野山の旅
~前回のあらすじ~

 岡山から和歌山。
1008210300_P1670704

 がんばれば日帰りで行ける場所です。
1008210323_P1670716

 そんな近場が今回の旅先。

 そして道の駅でたっぷり仮眠。
1008210703_P1670721

 予定通り8時過ぎ。
1008210741_P1670745

 高野山に到着です!
1008210813_DSC_7615




 8時10分、高野山に到着です。
1008210813_DSC_7617

 地図。
壇上伽藍前駐車場%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.212172,135.579483+(%E5%A3%87%E4%B8%8A%E4%BC%BD%E8%97%8D%E5%89%8D%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.212172%%135.579483%%17

 ルートです。
Image2011-01-09_130239.jpg

 8時半には一斉に拝観スタートとなりますので狙い通りの時間に到着することが出来ました。
1008210813_DSC_7618

 なにより涼しいです。
1008210813_DSC_7619

 今回、ネットで調べたときに見つけたイラストマップですが、印刷しても大変見にくく使い物になりません。
1008210814_DSC_7620

 ただ、それを観光案内所で原紙がもらえるとのことで、こちらも8時半に開くとのことで旅はそこからのスタート。
1008210814_DSC_7621

 拝観セット券もそこで購入できますし。
1008210814_DSC_7622

 でもまずは反対方向。
1008210815_DSC_7623

 一番端の地点になりますので、そこをまず見てからです。
1008210815_DSC_7624

 でもなんだかイメージと違いますね。
1008210815_DSC_7625

 もっとお寺お寺しているのかと思っていたのですが・・・
1008210816_DSC_7626

 普通の観光地っぽいw
1008210818_DSC_7627

 まあ、それでも比叡山は密教って感じに対して、高野山はもう少し一般人に開放されているようなイメージでしたからね。
1008210820_DSC_7629

 どちらかというと現在では比叡山の方が観光地っぽくなっていますが^^;
1008210820_DSC_7630

 さて、最初の目的地が見えてきました。
1008210821_DSC_7631

 ・・・思ったより広そうだな^^;
1008210821_DSC_7632

 まあいいや。
1008210821_DSC_7633

 大門到着です。
1008210821_DSC_7634

 地図。
大門%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.213097,135.572834+(%E5%A4%A7%E9%96%80)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.213097%%135.572834%%17

 こちら、高野山西の入り口となります。
1008210822_DSC_7636

 江戸時代に一度燃えますが、すぐに再建されました。
1008210823_DSC_7639

 国重文になります。
1008210823_DSC_7641

 さすがにでかいですね~。
1008210823_DSC_7642

 迫力満点です。
1008210823_DSC_7643

 2009年に行った国宝、知恩院の山門と同じ五間三戸の二重門です。
1008210823_DSC_7644

 あちらは世界一ですが、こちらも負けてないくらい大きいです。
1008210823_DSC_7646

 重層の山門って二階には立派な壁画や天井絵が施されているですよね。
1008210824_DSC_7647

 知恩院はすごく有名で年2回の拝観があるので一度は見てみたいのですが・・・
1008210824_DSC_7650

 こちらの山門はどうなんでしょう。
1008210824_DSC_7651

 階段登りて~w
1008210824_DSC_7649

 あの回廊から風景眺めて~w
1008210826_DSC_7653

 朱色だから余計大きく見えるのかもしれませんね。

 連日30度を超える猛暑の中、23.6度ですかw
1008210827_DSC_7657

 通りで涼しいわけだ。
1008210828_DSC_7658

 仕事疲れと暑さで萎えていたのですが、温度計の数字を見てちょっと元気が出ましたw
1008210828_DSC_7660

 そして時々見る、道100選の碑です。
1008210828_DSC_7661

 さて、それでは再び来た道を戻りましょう。
1008210829_DSC_7663

 最初に訪れた西の端には大門しかないので。
1008210830_DSC_7665

 ですのでいきなり来た道を戻る形になってしまいます^^;
1008210832_DSC_7667

 私が駐めたのは壇上伽藍前にある小さな無料駐車場。
1008210832_DSC_7668

 普通だったら絶対駐められなさそうなくらい10台駐められない場所です。
1008210833_DSC_7669

 実際戻ってきたときにはすでに満車になっていたわけですが、金剛峯寺の前に大きな駐車場があるのにこっちに駐めたのは、大門を最初に見たかったからです。
1008210834_DSC_7671

 その目的も達成したので、まずは壇上伽藍から金剛峯寺を通り過ぎ、観光案内所に向かいましょう!
1008210834_DSC_7672



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 高野山 大門

コメント

Re: タイトルなし

SONOMIさん、おはようございます。
> なんだか 「涼しい」という感覚がわからなくなっています  「涼しい」ってどんな感じでしたっけ(笑)
よ~く思い出してください・・・
思い出すのです、去年の夏を・・・
あの北海道で気温40度になろうかという猛烈な暑さ。
あの時、なんて思いましたか~
思い出してください~

「早く冬にならないかな・・・」

ほら、涼しくなってきたw

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
私も同じ思いを持っていたんです。
比叡山に行くまでは・・・
あそこ、密教だの厳しい修行だの今でも閉鎖的なイメージがあるのですが、実際に行ってみると全然違うんですよね。
西塔とか横川だと何となくイメージ近いかもしれないですけど、どちらかというと私が高野山に対して持っていたイメージに当てはまるんですよね。
根本中堂なんかがある東塔は完全に観光寺院って感じです^^;
延暦寺でも実際、閉鎖的なイメージってのを払拭したいみたいでいろいろやってるみたいですし。

対して高野山。
大学もありますし、宗教都市高野山って感じですね。
イメージと全く違いますw

Re: タイトルなし

yumaさん、いらっしゃいませ。
>ほんとにイメージが違ってます。
わかります、その感覚。
でも現地に行くともっとイメージが違うというか、違和感を感じるです。
いいとか悪いとかじゃなくて、違和感w
この正体はもう少ししたら判明します。
ものすごく単純なことだったんですけどね。
あと、高野山は道が広くわかりやすいので、迷子になると言ったら奥の院のお墓探検の時くらいだと思いますよw

こんばんは
立派ですね~
覚えているような・・・ううん・・
どちらにしても 下界からすると とっても涼しかったという事で 良かったですね
今 札幌は毎日マイナスの世界なので
なんだか 「涼しい」という感覚がわからなくなっています  「涼しい」ってどんな感じでしたっけ(笑)

比叡山にも行ったことがないのですが、なんとなく比叡山より高野山のほうが庶民に開かれてる感はありますよね。なんとなく。
しかし、本当に、一つの町ってかんじがしますね。
期待通りの涼しさ!
続きも楽しみにしています。

おはようございます。
ほんとにイメージが違ってます。
私ももっと民家のないお寺だらけの山の中かと思ってました。
私は比叡山のイメージでした。比叡山も変わりましたか?
大門から拝観ではないんですね。
しっかり下調べしておかないと迷子になりそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ