プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:和歌山・高野山の旅
~前回のあらすじ~

 金剛峯寺です。
1008210901_DSC_7720

 高野山真言宗の総本山。
1008210902_DSC_7729

 この高野山の中心的な伽藍となります。

 秀吉の甥、関白秀次が謀反の罪を着せられ自刃した場所でもあります。
1008210919_DSC_7755

 この事件は深く遺恨を残し、家臣団を対立させる結果となりました。
1008210923_DSC_7769

 結果、関ヶ原の合戦から豊臣家滅亡へと時代は動いていきます。
1008210926_DSC_7783




 金剛峯寺を離脱。
1008210937_DSC_7811

 イラストマップを見ながら、さてどこに行きましょうか。
1008210939_DSC_7812

 端からローラーをかける予定が観光案内所が中央で、すぐそばにある金剛峯寺に寄ってしまったために、現在地が微妙です。
1008210939_DSC_7813

 イラストマップのほぼ中央w
1008210940_DSC_7814

 さてどうする?
1008210942_DSC_7815

 壇上伽藍は先ほど、目の前を通過して後で寄ろうと決めたわけでとりあえずパス。
1008210943_DSC_7819

 とりあえず、奥の院に行こうかな・・・
1008210943_DSC_7820

 あっ、その前に!
1008210943_DSC_7821

 この近くに国宝の多宝塔があるはず。
1008210944_DSC_7823

 そっちに行ってみましょう!
1008210945_DSC_7824

 イラストマップを見ると、けっこう奥まった場所にあります。
1008210945_DSC_7825

 2回ほど、道を間違えながら・・・w
1008210947_DSC_7827

 看板来たー!
1008210948_DSC_7830

 この道をまっすぐ行けば到着するはず。
1008210949_DSC_7831

 道はあってますね。
1008210950_DSC_7832

 金剛三昧院の文字見えました。
1008210950_DSC_7833

 そして少し歩くと伽藍も見えてきましたね。
1008210951_DSC_7834

 多宝塔も見えてきました。
1008210951_DSC_7836

 金剛三昧院です。
1008210952_DSC_7837

 地図。
金剛三昧院%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.210230,135.586953+(%E9%87%91%E5%89%9B%E4%B8%89%E6%98%A7%E9%99%A2)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.210230%%135.586953%%17

 このお寺、北条政子の建立です。
1008210952_DSC_7839

 本尊は愛染明王です。
1008210952_DSC_7840

 そういえば本尊で愛染明王というのは初めてかも。
1008210952_DSC_7841

 愛染明王自体は直江兼続、愛の文字の立物で有名ですし、けっこう身近には感じているんですが。
1008210953_DSC_7842

 たまに見るのは見るんですよ。
1008210953_DSC_7843

 どちらにしても、本尊を見ることが出来ませんでした。
1008210953_DSC_7846

 それよりも、ここの見所は先ほどからちらちら写っている多宝塔ですよね。
1008210953_DSC_7847

 歴史のある高野山、その中で意外に少ない国宝の建物。
1008210954_DSC_7852

 そのうちの一つが、多宝塔です。
1008210954_DSC_7849

 この多宝塔も建立は北条政子。
1008210954_DSC_7855

 鎌倉時代の物です。
1008210954_DSC_7854

 でもこっちも本坊の屋根もいいですね~。
1008210954_DSC_7850

 いや、むしろこっちの屋根がいいw

 入母屋の破風から唐破風が生えてるw
1008210955_DSC_7856

 そして千鳥破風。
1008210956_DSC_7857

 すばらしく華やかで優美な屋根ですね。
1008210956_DSC_7858

 曲線が何とも美しいですね~。
1008210956_DSC_7859

 たまりませんw
1008210957_DSC_7860

 とまあ、多宝塔そっちにのけで何しに来たのかわからない状態ですが、すごく満足です。
1008210957_DSC_7861

 最期に一枚。
1008210957_DSC_7862

 そして、この軽トラもいいですね。
1008210957_DSC_7863

 伝統文化を守る職人のマシーンですw
1008210959_DSC_7864

 檜皮葺職人が激減している今日、がんばってもらいたいですね。

 つづく~
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 高野山 金剛三昧院 多宝塔

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
> 檜皮葺の軽トラ(笑)
いいでしょうw
今、職人が激減している上に、いい檜皮がとれるヒノキが激減しているそうです。
檜皮葺の建物を愛してやまない私としては、とっても寂しいことで^^;
神社なんかで元々檜皮葺だったのが銅板葺きに変わっているのを見ると悲しくなっちゃいますしね。
だから是非、がんばってもらいたいです。
高野山は宿坊ですよね。
高野山の一番の楽しみはそこだと思います。
精進料理食べて、座禅や写経の体験が付いている宿泊プランがおすすめです。
じゃらんや楽天を見ても結構ありますし。
遂げられなかった私の想いをぜひ!
高野山、宿坊体験レポの賽をあけぼうさんに投げておきますw

Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
そう、鎌倉時代です。
天皇中心の政治から武家の政治に移った時代。
源義経とか弁慶とかが活躍してできた時代です。
おっ、歴史に興味を持ち始めましたか?!
新たな歴女誕生ですか?w
SONOMIさんの場合、カメラが好きなようなのでその視点から攻めていくのがよろしかろうと。
アンティークな楽器って美しいでしょう?
アンティークな建物も美しいです。
特に日本人は昔から自然との調和、自然を取り込んだ建物作り、風景作りというのを強く意識しています。
桜の季節や紅葉の季節に話題を集めることも多いですが、いかに四季を美しく見せるかというのをすごく考えているんですよね。
お寺とか神社とか、たぶん全然興味が無いと思うんですけど、そういった視点で見てみると日本人の繊細さというのが見えてくると思います。
写真撮るのも楽しいですよ。
そこからゆっくりと、歴史をさかのぼっていくのもいいのかな~と思いますよ。

檜皮葺の軽トラ(笑)
これはなかなか見られるもんじゃありませんよっ♪
屋根も素晴らしかったですね~。
できれば宿坊に泊まってうろうろしたいものです☆

こんばんは
鎌倉時代・・・
今年こそ ぐっと落ち着いて 日本史に目を向けたいと思います
ご指導のほどよろしくお願いいたします って
面倒見切れないですよね  とほほ
どのお写真も素晴らしいですね
さ~すが~  です☆

Re: タイトルなし

大自然の風になれさん、いらっしゃいませ。
出家する人間に切腹を命令することは無いということで、せめて命だけでもと高野山謹慎だったようですね。
ですから、切腹を命令されたときの家臣団の動揺はすごかったと思います。
高野山での謹慎の数日間、秀次公はどんな気持ちで将棋をされていたんでしょうね。

関白秀次さんが 切腹の前まで
将棋をしてとか お聞きしてます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ