プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:和歌山・高野山の旅
~前回のあらすじ~

 高野山を下山して九度山の真田庵にやってきました。
1008211600_DSC_8432

 真田昌幸、幸村こと信繁が関ヶ原の後に配流された地です。
1008211600_DSC_8436

 ここは尼寺で、そこの尼さんと少しお話しさせて頂いたのですが、さすがにこの年の暑さには参っているようでした。
1008211605_DSC_8446

 高野山は涼しかったですよなんて話をしたのですが、それでもこの年の高野山の暑さも尋常ではないとのこと・・・
1008211609_DSC_8464

 例年の夏の高野山って一体どんな涼しさなんだろうw
1008211614_DSC_8489




 さて4時20分。
1008211622_P1680137

 真田庵離脱です。
1008211622_P1680138

 これからホテルに戻ります。
1008211622_P1680139

 ホテルに戻りながらルート周辺の立ち寄りポイントに寄り道していきますw
1008211624_P1680141

 でも後で見ると方角が一緒なだけで、ルートからは派手に外れているのですが気にせず行きましょうw
1008211624_P1680142

 小さな駐車場に巨大なバスが駐まっていて駐車することも出来ずに、第二駐車場の看板があったのでそちらへ。
1008211626_DSC_8499

 しかし、どこにもそんな駐車場は発見できず、たぶんここだろうと適当に駐車しました。
1008211627_DSC_8500

 お参りした後に気がついたのですが、その駐車した場所、民家の庭でしたw
1008211627_DSC_8501

 ですので掲載はまずいでしょうから駐車の写真は無しです^^;
1008211628_DSC_8502

 さて、慈尊院に到着です。
1008211628_DSC_8503

 地図。
慈尊院%%http://maps.google.co.jp/maps?q=34.295190,135.549901+(%E6%85%88%E5%B0%8A%E9%99%A2)&hl=ja&ie=UTF8&z=17%%34.295190%%135.549901%%17

 ルートです。
Image2011-01-09_131857.jpg

 ここは紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産に登録されているお寺です。
1008211628_DSC_8506

 階段の上の丹生官省符神社も同じく登録されていますがそこは後から行きましょう。
1008211628_DSC_8507

 ・・・楽しみにしていた多宝塔が修理中ですか;;
1008211628_DSC_8504

 まっ、まあここはあくまでついでで、本来の目的は丹生官省符神社ですから^^;
1008211628_DSC_8505

 ・・・;;
1008211629_DSC_8511

 本尊は弥勒菩薩坐像です。
1008211628_DSC_8508

 国宝に指定されていますが秘仏でして、21年に一度のご開帳だそうです。
1008211629_DSC_8513

 見れなくて残念です。
1008211630_DSC_8514

 ちなみに空海のお母さんが、息子が建立した高野山をぜひ見てみたいと、はるばる善通寺からやってきたそうですが、女人禁制なために足止めを食ってしまいます。
1008211630_DSC_8515

 仕方なく、この慈尊院に滞在したのですが、その時に熱心に拝んだのがそのご本尊だったそうで。
1008211630_DSC_8517

 そんな事情もあり、ここは女人高野とも言われています。
1008211631_DSC_8518

 室生寺を思い出しますね。
1008211632_DSC_8519

 さらにそのお母さんに会うために空海も月に九度、20kmの山道を往復していたという話が残っています。
1008211632_DSC_8520

 故にこの地は九度山というとか・・・
1008211633_DSC_8521

 で、なぜかメインのはずの丹生官省符神社があっさり終了w
1008211633_DSC_8522

 こちらは春日造の本殿でとってもきれいですね。
1008211633_DSC_8523

 帰り道はちょっと違う道を通ってみましょう。
1008211633_DSC_8524

 って、第二駐車場あるじゃん^^;
1008211633_DSC_8525

 でもこんな道、入っていけませんって・・・
1008211634_DSC_8527

 駐車場があるかどうかわからないのに、強烈に細くてきつい山道に突入していくわけですから。
1008211641_P1680144

 駐車場の存在を知ってれば入っていけるでしょうけどね^^;
1008211644_P1680146

 夕方5時で36℃ってどうよ・・・^^;
1008211641_P1680143

 高野山で快適に歩いたのが嘘のようです。
1008211646_P1680147

 もう暑くて暑くて・・・
1008211647_P1680149

 ちょっと階段登っただけで汗だくです^^;
1008211648_P1680151

 どちらかと言えば寒いのより暑い方が得意な私ですが、それにしたって許容範囲を超えています^^;
1008211648_P1680153

 こう暑いと、車のクーラーもあまり効いてないような気分ですね。
1008211649_P1680155

 あ~、早くチェックインしてシャワー浴びたい><
1008211650_P1680156

 てか、やっぱり高野山の宿坊に泊まるべきだったか^^;
1008211653_P1680158

 そんなことを思っているうちに、今度は丹生都比売神社に到着だ!
1008211655_DSC_8528



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 九度山 丹生官省符神社 慈尊院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ