プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 峠を越えて本宮町にやってきました。
1009180847_DSC_0088

 もちろん熊野三山の一つ、熊野本宮大社のある本宮町です。
1009180849_DSC_0099

 で、本宮大社といえば水害で流された跡地に立つ巨大鳥居。

 大斎原です。
1009180850_DSC_0108

 岡山の高松稲荷、新潟の弥彦よりもはるかに大きな日本一の鳥居です。
1009180856_DSC_0128

 峠越をしている時、目の前が開けて鳥居が見えた時は感動ものでしたが、間近で見てもその大きさは感動ものでした。
1009180857_DSC_0138




 さあ今回の旅、目的地の一つである熊野本宮大社に到着しました。
1009180903_DSC_0150

 今回の目的地は三つ。
1009180903_DSC_0151

 熊野速玉大社。
1009180904_DSC_0155

 熊野那智大社。
1009180905_DSC_0157

 そしてここ、熊野本宮大社です。
1009180907_DSC_0159

 てなわけで、最初の目的地です。
1009180908_DSC_0160

 ここは先ほど立ち寄った大斎原にあった神社です。
1009180908_DSC_0161

 明治22年の大洪水により、社殿が流されてしまい現在の位置に移転しました。
1009180908_DSC_0162

 以前行った霧島神宮も同じような経緯でしたね。
1009180909_DSC_0164

 現在も新燃岳の噴火で被害を出していますが、かつて霧島神宮は噴火の被害により現在の位置に移転しています。
1009180911_DSC_0165

 その跡地が高千穂河原として現在も祀られていますよね。
1009180912_DSC_0166

 こちらも同じような関係になってます。
1009180913_DSC_0168

 ですから、私的には両方参拝しないとね。
1009180913_DSC_0169

 残念なのは本殿の檜皮葺の葺き替え工事をしていたと言うことでしょうか。
1009180914_DSC_0170

 それでも明治に再建されて、銅板葺きではなく檜皮葺というのはこだわりがあっていいですよね。
1009180914_DSC_0171

 そしてもう一つ、ここは私にとってもとても大事な場所になります。
1009180914_DSC_0172

 そう、ここはサッカー、日本代表の聖地なのです!
1009180914_DSC_0174

 ご存じのかたも多いとは思いますが、日本サッカー協会のシンボルマークは足の3本ある伝説の霊獣、八咫烏を使用しています。
1009180914_DSC_0173

 2010年のワールドカップではベスト16とすばらしい成績を残した日本代表。
1009180914_DSC_0175

 新生ジャパンにはイタリア人監督のザッケローニ氏が就任して見事アジアカップでも優勝しましたね。
1009180914_DSC_0176

 私も真夜中に大声を出しながら応援してましたw
1009180917_DSC_0177

 この時は初采配のアルゼンチン戦、そして日韓戦と控えていた時だったので、日本代表の今後をしっかりとお祈りしてきました。
1009180918_DSC_0179

 実際に、今の監督の試合運びは私的にはとても好きです。
1009180918_DSC_0180

 今ひとつ守備に不安がありますが、これはまあ仕方ないでしょう。
1009180919_DSC_0182

 オフトジャパンにときめいて以来、どうも以降の日本代表は好きになれませんでした。
1009180919_DSC_0183

 難しいことをやろうとしすぎて立てパス1本でカウンターって感じで^^;
1009180919_DSC_0184

 ですからぜひとも、ザックジャパンにはがんばってほしいですね。
1009180920_DSC_0185

 なんて全然関係ない話をしているうちに外に出てしまいましたw
1009180921_DSC_0186

 せっかくなので朝ご飯を食べましょう。
1009180921_DSC_0187

 めはり寿司をゲットです。
1009180923_DSC_0189

 以前、吉野で食べためはり寿司に感動して、それ以来好物となりました。
1009180923_DSC_0190

 今回も新宮ではめはり寿司の老舗をチェックしています。
1009180924_DSC_0191

 にもかかわらず、ここで我慢できずに購入。
1009180926_DSC_0192

 どこか座れる所を探して、やっと休憩。
1009180927_DSC_0193

 よくよく考えたら、バスと車で移動した時以外休憩してていませんでしたね^^;
1009180928_DSC_0194

 さあ、朝ご飯です。
1009180931_DSC_0195

 にぎりめしを高菜でまいたもので、白米や麦飯、酢飯などもあり家庭や店によっていろんなタイプがある郷土料理です。
1009180932_DSC_0196

 これは白米にお好みによって醤油をかけるタイプでした。
1009180937_DSC_0197

 天気はいいし、高所のため思ったより涼しいし、めはり寿司はおいしいし・・・

 これから発心門王子まで歩いて行く予定ですが、帰りはどうしますかね。
1009180943_DSC_0200

 バスの時間があるのですが、一歩間違えばバスの待ち時間が発生して大きくタイムロスする可能性があります。
1009180937_DSC_0198

 さて、どうするか・・・



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 本宮 熊野本宮大社 三軒茶屋

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
八咫烏を選んだセンスは私もすばらしいと思います。
イメージとして当時の日本代表に内を見る余裕があったというのが驚きというか(失礼な^^;)
世界と大きな差があり、少しでも縮めようとしているときにはどうしても憧れの対象をまねしたくなるものなんですけどね。
めはり寿司は要するにおむすびですから、数を食べるのは大変かもしれませんね。
ボリュームもすごいし。


Re: タイトルなし

SONOMIさん、いらっしゃいませ。
そうそう、日本のサッカーと蹴鞠とはやっぱり関係あるというか、リンクさせているんですよね。
以前このブログでも行ったことのある談山神社は蹴鞠で有名な神社でもありますが、やっぱり日本代表応援スペースがありましたw
やっぱり日本サッカーとしては蹴鞠は外せないんでしょうねw
めはり寿司は本当に店によっていろいろ特徴があっておもしろいですよ。
私は大好きです。

八咫烏をチョイスしたセンスは素晴らしいと思うんですよね。
そういう現代のいろいろなことに、柔軟に対応できる(?)ところって良いよなぁ・・・って思っちゃいます。めはり寿司、いろいろなタイプのを食べ比べてみたいですね~。
実際に実行すると、すぐおなか一杯になってしまうでしょうけど(;´∀`)

こんにちは
サッカーの行 楽しく読ませて頂きました
サッカーという外国から来たスポーツですのに
日本の聖地はめちゃくちゃ 古風ですね
蹴鞠でも使いそうな勢いですW
めはり寿司初めて聞きました お寿司大好きなのでこれは 食べてみたいですね お醤油をかけて食べる うん いい感じです
バス停のお写真が好きです
どこまでも繋がっていそうで 玄人の旅人といった風情があります 続き楽しみにしています☆ 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ