プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 旅、2日目も抜けるような晴天です。
1009190822_DSC_1106

 本日の予定は那智勝浦から。

 熊野那智大社、そして那智大滝を回ります。

 まずは熊野古道を歩きましょう。

 大門坂です。
1009190821_DSC_1097

 さすがに参道。

 石畳がどこまでも続いていく、そんな錯覚を受けてしまいます。
1009190828_DSC_1133

 が、結果として20分弱で上りきってしまいました。
1009190829_DSC_1139

 到着が早すぎるというのも、これはこれで時間の調整が難しかったりします^^;
1009190839_DSC_1169




 現在位置は本参道の字の下、T字路です。
1009190839_DSC_1170

 大門坂は終わってしまいましたが、坂道はまだまだ続くw
1009190839_DSC_1171

 上に大きな駐車場が沢山あるようなので、普通は皆さん上まで車で上がるようです。
1009190839_DSC_1172

 下の大門坂の駐車場があまりたくさん駐車出来ないことを考えてもやはり、上まであがる人が圧倒的に多いでしょう。
1009190840_DSC_1175

 じっさい、熊野古道を歩くぞと気合いを入れた私には少々もの足らない坂道も、普通に神社やお寺の参拝として考えるとさすがにね~^^;
1009190840_DSC_1176

 これはきついと思います。
1009190844_DSC_1183

 それでも歩くことを主眼に置いてるとかなり物足りないかも・・・
1009190844_DSC_1185

 下の大門坂から30分で上まであがってきてしまいましたから^^;
1009190844_DSC_1187

 とりあえず、まずは青岸渡寺の方から。
1009190845_DSC_1190

 西国三十三ヶ所の一番札所になります。
1009190846_DSC_1195

 元は神仏習合の形を取って那智大社と共にあったのですが、神仏分離に伴い一度は廃寺となりました。
1009190847_DSC_1199

 その後、破却を免れた本尊で復興したのが現在の清岸寺です。
1009190848_DSC_1211

 どうしても那智大社の方に注目が集まってしまいますが、朱色の三重塔と那智の大滝のセットになった有名な風景の三重塔は清岸寺になります。
1009190853_DSC_1212

 これね。
1009190848_DSC_1209

 てか、那智大滝きたー!
1009190848_DSC_1206

 日本三大瀑布の一つです。
1009190847_DSC_1200

 落差は133m。
1009190847_DSC_1203

 単一の滝としては日本最大の落差となります。
1009190853_DSC_1214

 落ち口が三つに分かれているんですね。
1009190854_DSC_1215

 ここに来るまで真剣に観察したことがなかったので、初めて知りました。
1009190854_DSC_1216

 でも、あの滝口の所にしめ縄を渡す儀式はニュースで見たことがあります。
1009190854_DSC_1218

 命綱があるとはいえ、命がけだろうなと・・・^^;
1009190854_DSC_1219

 で、滝の方は後でじっくり見るとして、とりあえず本命の那智大社の方にいってみましょう。
1009190855_DSC_1221

 といっても清岸寺の本堂の隣なんですけどね。
1009190855_DSC_1222

 本殿は拝殿の裏に切妻造りの屋根がちらちら見えます。
1009190855_DSC_1224

 あと、横にも社殿が並んでいてそれぞれ祭神があるようです。
1009190856_DSC_1229

 いいな~、こんな複雑で建物が密集している神社って大好きです。
1009190858_DSC_1232

 これで熊野三山二つ目をコンプリート。
1009190858_DSC_1233

 私的にはここが一番、行ってみたいと思っていた場所です。
1009190858_DSC_1234

 まあ、滝があるからなんですけどね。
1009190859_DSC_1240

 何で見たかな、海からも那智の滝を望めるんですよね。
1009190901_DSC_1241

 しかしですね・・・
1009190901_DSC_1244

 今、やっと9時なんですけど^^;
1009190902_DSC_1249

1009190903_DSC_1251

 まさか、大門坂が30分で終わってしまうとは><
1009190903_DSC_1252

 とりあえず、休憩です!
1009190903_DSC_1253

 那智黒飴ソフトにものすごく心を引かれたんですが、のどが渇いていたのでパスです。
1009190904_DSC_1254

 選んだのはひやしあめ。
1009190907_DSC_1256

 那智の滝水を使用したかき氷を氷の代わりに入れているので何となくマックシェイクぽくなっておいしかったです。
1009190910_DSC_1257

 でも那智黒飴ソフト、食べときゃよかった・・・
1009190906_DSC_1255



 つづく~

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 那智勝浦 熊野那智大社 那智大滝 青岸渡寺

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
那智黒飴って名物みたいです。
周辺のお土産屋さん、いろんな所に看板が上がっていましたから。
参道歩きながら、一袋もいらないよな~なんて思っていたのですが、実は家に戻って写真を見てから黒飴ソフトなんてのが書いてあるメニューが写っていることに気がついた次第ですw
写真撮りながら何でソフトが黒いんだって思ってたんですけどそういうことだったんですね^^;
那智の滝、修行のための滝です。
ぜひ打たれてみてくださいw(いや、滝壺まで近づけないから^^;)


確かに気になる黒飴ソフト・・・ていうか、黒飴って名物なんですか?
那智大社いいですね!赤くて、屋根が折り重なってて☆
暑い時には、滝を見に行くの良いですよね~。
あけぼうも今年こそ滝に打たれたい・・・(笑)
続き、待ってます~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ