プロフィール

松村博司

Author:松村博司
 
テレビに一瞬映ったワンショット

その風景を目指し、先輩と二人で広域地図片手に探し回りました。
まだインターネットが普及していない時代。
半日がかりで見つけました。

それが私の旅の原点。
旅をしたいからブログを書く。
ブログを書きたいから旅をする。
旅が好き。
書くことが好き。
どちらも続けていきたい。

だから旅日記です。




いつも来てくださる皆さん、
拍手、コメントをくださる方々、
本当にありがとうございます。
とても励みになります!


カテゴリ


最近の記事


月別アーカイブ


最近のトラックバック


相互リンク募集中!


RSSフィード


ブログ内検索


QRコード

QRコード

FC2ブックマークに追加

FC2ブックマークに追加

押してね~


DATE: CATEGORY:南紀・熊野詣での旅
~前回のあらすじ~

 熊野那智大社でお参りした後、お楽しみの那智大滝へ。

 その前に那智のランドマークである三重塔へ行きましょう。
1009190912_DSC_1263

 昭和47年に建立された鉄筋製です。
1009190923_DSC_1305

 中にはエレベーターもあり観光用と行っても差し支えありません。
1009190920_DSC_1298

 いろいろ思う所はありますが、回廊から見る那智の大滝は最高の眺めです。
1009190920_DSC_1293

 さあ、それでは那智の大滝へ行ってみましょう!
1009190935_DSC_1347




 轟音が鳴り響きます。
1009190937_DSC_1353

 飛瀧神社に到着です。
1009190938_DSC_1355

 本殿はありません。
1009190943_DSC_1358

 ご神体はもちろん那智大滝です。
1009190944_DSC_1363

 奥の滝見台まで行ってみましょう。
1009190945_DSC_1364

 最近、遊歩道の崩落とかで近づけないことが多い滝です。
1009190947_DSC_1372

 大分では滝巡りをしてきましたが、それ以来。
1009190947_DSC_1375

 落差133m。
1009190947_DSC_1379

 単一としては日本最大の滝になります。
1009190948_DSC_1380

 日本三名瀑の一つ。
1009190949_DSC_1388

 華厳の滝に続いて訪れることが出来ました。
1009190949_DSC_1396

 那智の滝は本来、修行に使用されていた周辺48の滝の総称でした。
1009190950_DSC_1398

 この那智大滝はその代表です。
1009190950_DSC_1400

 滝ももちろんすばらしいですが、この飛瀧神社の雰囲気が最高にいいですね。
1009190953_DSC_1408

 廻りの木々とか石畳とか。
1009190951_DSC_1404

 なるほど、ここが人気スポットな訳がわかるような気がします。
1009190955_DSC_1411

 滝の音がなんと心地のいいこと。
1009190956_DSC_1413

 実際涼しいです。
1009190957_DSC_1414

 けっこう滝からは距離があるのですが、さすがにこの規模。
1009190959_DSC_1415

 天然ミスト。
1009191002_DSC_1419

 以前、セミドライフォグといった冷房システムがヤマトミュージアムの側の公園にありましたが、人工的に霧を作って温度を下げるといった方法です。
1009191010_DSC_1425

 ここはまさにそんな冷房システムを天然で行ってます。
1009191011_DSC_1428

 でも霧状の水滴がレンズについてそこが微妙なんですけどね^^;
1009191015_DSC_1432

 滝壺付近から滝を撮るってすなわち上を向いて撮影するわけですからw
1009191022_DSC_1435

 そして霧は空から振ってくると^^;
1009191025_DSC_1441

 その後、那智の大滝を離脱したのですが、あまりに時間が早すぎるので再び那智大社に戻りました。
1009191027_DSC_1442

 それでも限界があります。
1009191027_DSC_1443

 現在の時間は10時半。
1009191029_DSC_1446

 予定よりも2時間近く早いw
1009191031_DSC_1449

 まあ、早すぎた場合のオプションも用意してますし、とりあえず次へ動きましょうか。
1009191033_DSC_1451

 那智勝浦といえば、こちらも人気スポット。
1009191036_DSC_1456

 時間も昼となれば駐車も厳しいかもしれません。
1009191036_DSC_1457

 早めに動いてそんはないでしょう。
1009191039_DSC_1464

 大門坂をサクサクッと下りていきます。
1009191044_DSC_1470

 この頃には足の痛みなんて完全に忘れていましたw
1009191044_DSC_1471

 本当はもうちょっとゆっくりしたかったんですが、まあ仕方ないですね^^;
1009191050_DSC_1484

 下まで降りてきました。
1009191052_DSC_1489

 相変わらずいい天気。
1009191053_DSC_1491

 那智の滝の後ではアスファルトの照り返しもあり暑いこと暑いこと^^;
1009191058_DSC_1494

 それでは11時ジャスト、那智勝浦でまぐろ料理をゲットしましょう!
1009191102_P1690340



 つづく~


スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

タグ : 和歌山 熊野古道 那智勝浦 熊野那智大社 那智大滝 飛瀧神社 青岸渡寺 大門坂

コメント

Re: タイトルなし

あけぼうさん、いらっしゃいませ。
マグロっす、マグロ!
那智勝浦と言えばマグロ!
でも、市場でにぎりとか食べられるという情報を聞いていたんですけどね^^;
>それにしても、ペース早いなぁ~。
ものすごくゆっくり旅をしてるんですよ?
特に二日目、あり得ないくらいゆっくりしてますw
ここまで時間がかからないとは、予想外でした^^;

なるほど、まぐろ料理ですか~!
那智大滝は、シューッと長くまっすぐ落ちてるのが、またなんだか良いんですよね~。
それにしても、ペース早いなぁ~。
そして、こっちもすっかり松村さんが足を痛めていることを忘れていましたw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright ©  松村博司の旅日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ